1. トップページ > 
  2. 最新ニュース > 
  3. パブリシティ

パブリシティ

最新ニュース一覧

パブリシティ情報一覧です。

2022/05/20

「図書新聞」5月28日号にて『新興写真の先駆者 金丸重嶺』書評掲載

「図書新聞」2022年5月28日号にて『新興写真の先駆者 金丸重嶺』(鳥海早喜 著)の書評が掲載されております。評者は松實輝彦(名古屋芸術大学教授)さんです。


「本書には40点の口絵写真と200点を超える写真図版が満載されており、それらのイメージからも写真家の全体像が把握できるという贅沢な造りとなっている。解りやすく丁寧な記述による考察は、この稀有な写真家の研究に関する今後の重要な起点となり、道標となるものである」

072818.jpg
日本初の商業写真スタジオ「金鈴社」、ベルリンオリンピック取材、写真大壁画《撃ちてし止まむ》、あるいは教育者として日本大学芸術学部写真学科の礎を築く――。
手がけたクローズアップ写真やフォトグラム、スナップ写真、報道写真は時代の先端をいき、後半生はあますことなく後進に伝えることを使命として時代を駆け抜けた。人の心を動かす写真とはなにか? 日本の写真界を、新しい写真の探求へと誘引する、写真に遊ぶ巨人が詳らかに! 初評伝及び意欲的論考。口絵32頁及び本文図版220点余収録。

2022/05/20

「クロワッサン」5月25日号にて『手招く美女』が紹介されました

「クロワッサン」2022年5月25日号、「文字から栄養 よりすぐり読書日記」のコーナーにて『手招く美女』紹介。書き手は瀧井朝世さん。紹介文は「美しい文章で堪能する心理的な恐怖の数々」と題されています。


「恐怖はもちろん、ずっと保たれる不穏な空気感の素晴らしさにしびれる8篇だった」「どれも人間心理が巧みに描かれていて引き込まれる。翻訳も素晴らしく、ありがたい」

『手招く美女』(オリヴァー・オニオンズ/南條竹則、高沢治、館野浩美 訳)

9784336072948.jpg
邪悪なものの憑依と精神崩壊の過程を鬼気迫る筆致で描き、ブラックウッド、平井呈一らが絶賛した心理的幽霊譚の名作「手招く美女」。沈没寸前のガレオン船の前に霧の中から現れた謎の船の正体とは......超時間的な幻想譚「幻の船」。シチリアの富豪の娘が旅先のチュニスで英国青年と恋に落ち、同時に神秘的な人格の変容を経験する。エキゾティックな舞台に古代幻想が交錯する中篇「彩られた顔」など全8篇と、作者がその怪奇小説観を披露したエッセーを収録。英国怪奇小説の黄金時代に、精緻な心理主義と怪異描写、斬新なアイデアで新しい地平を拓いたオリヴァー・オニオンズの怪奇小説傑作選。

2022/05/19

「ムー」6月号にて『オカルトタロットの歴史』紹介

「ムー」2022年6月号にて『オカルトタロットの歴史』(ロナルド・デッカー、マイケル・ダメット 著/今野喜和人 訳)が紹介されました。


「このような企画が通る時代を迎えられたことには、感涙を禁じえない。全600ページに及ぶ大冊であるが、オカルティズムやタロットに関心のある人なら、ページをめくる手が止まらなくなる、圧倒的な情報量と面白さ。まさに極上の愉悦である」

『オカルトタロットの歴史 1870-1970年』(ロナルド・デッカー、マイケル・ダメット 著/今野喜和人 訳)
9784336072771.jpg
タロットの秘儀化はいかにして生まれ、いかにして解体し、さらに広い文化的事象へと展開していったのか?――黄金の夜明け団やアレイスター・クロウリーによるタロットの扱い、現代において最も流通している「ウェイト=スミス版タロット」の誕生にまつわる経緯など、日本でも関心が高い主題を取り上げ、基本的には遊戯用のカードに過ぎなかったタロットが18世紀末以降、古代以来のありとあらゆる神秘思想を担う図像の集成となり、また人間の運命を見通す占いの道具となっていった歴史を、世界各地で活動したタロティストたちの人生と思想、社会の動きを織り交ぜながら興趣あふれる筆致で描き出した決定的大著。

2022/05/19

「家庭画報」6月号にて『風水龍脈ツアー』紹介

「家庭画報」2022年6月号にて『風水龍脈ツアー』(御堂龍児著)が紹介されています。


「気軽に旅行に行けない今だからこそ手に入れたい、眺めて旅する開運ガイドである」

『風水龍脈ツアー』(御堂龍児 著)
9784336072535.jpg
古来の風水術・尋龍点穴に基づき厳選した〈聖なる土地〉を、風水師が正統な術式のもとで撮影した霊験あらたかな写真とともに紹介。心を福満ちる場所へと案内する、スピリチュアル旅ブック。

2022/05/18

「ダ・ヴィンチ」6月号「ブックデザイナーの装丁惚れ」にて《マニュエル伝》紹介

「ダ・ヴィンチ」2022年6月号の「ブックデザイナーの装丁惚れ」コーナーにて大久保明子さんに《マニュエル伝》を紹介いただきました。


「原価を抑えることにしのぎを削っていると、国書刊行会さんの本が眩しい時がある。本シリーズも決して安価ではないが、丁寧な作り込みに納得して付いてきてくれる読者との信頼関係が素敵だ」

マニュエル伝(J・B・キャベル著)
豚飼いからポアテム国の救世主となったドム・マニュエルを始祖とする23代9世紀にわたる壮大な年代記。夢想の異世界を巡るロマンスをベースとした冒険喜劇で、原書はエッセイや詩を含む全18巻からなる。本シリーズでは特に評価の高い3冊『ジャーゲン』『土のひとがた』『イヴのことを少し』を刊行する。

ジャーゲン(中野善夫 訳)
9784336065407.jpg









土のひとがた(安野玲 訳)
9784336065421.jpg









イヴのことを少し(垂野創一郎 訳)
9784336065414.jpg

2022/04/26

日本経済新聞にて『医療は救われるか』紹介

日本経済新聞4月23日付読書欄にて『医療は救われるか』が紹介されました。


「医療の真の目的は何か。進歩は大切だが、数量化できない「思いやり」や「癒やし」を失ってはいけないのではないか。医師だけでなく患者にも、深く問いかけてくる」

『医療は救われるか 医師の堕落シェイマス・オウマハニー/小林政子訳)
9784336071965.jpg

医療は第二次世界大戦後から急速な発展を遂げて1980年代末に黄金時代を迎えた。その後下降し続け、いま医療はビッグサイエンス、医療産業複合体、消費者中心主義、物心二元論に支配されて転落を辿っている。このままでは医療の未来に希望はなく、医師の存在意義は消失し、健康と人間らしい生き方は限界に突き当たる。現代医学の欺瞞と、誤謬、混迷を明らかにしつつ医療崩壊への歩みを即刻停止すべきと主張する。

2022/04/15

「図書新聞」に『地球の平和』(スタニスワフ・レム)書評掲載

「図書新聞」3537号(4月2日付)に『地球の平和』(スタニスワフ・レム・コレクション)の書評掲載。評者は大野万紀さん(SF翻訳家・評論家)です。


「しかしああ何ということか! この原稿を書いている今、プーチンの蛮行により、レムの生まれ故郷、現在はウクライナ領のリヴィウにもロシア軍が侵攻している。現実の世界情勢や政治については常に慎重な態度を示したレムだが、もし生きていたら果たしてどう思ったことか。想像するだけでも辛い。心から祈ろう。地には平和をと」

『地球の平和』(スタニスワフ・レム/芝田文乃 訳/沼野充義 解説)
9784336071361.jpg
自動機械の自立性向上に特化された近未来の軍事的進歩は、効果的かつ高価になり、その状況を解決する方法として人類は軍備をそっくり月へ移すことを考案、地球非軍事化と月軍事化の計画が承認される。こうして軍拡競争をAI任せにした人類であったが、立入禁止ゾーンとなった月面で兵器の進化がその後どうなっているのか皆目わからない。月の無人軍が地球を攻撃するのでは? 恐怖と混乱に駆られパニックに陥った人類の声を受けて月に送られた偵察機は、月面に潜ってしまったかのように、一台も帰還することがなかったばかりか、何の連絡も映像も送ってこなかった。かくて泰平ヨンに白羽の矢が立ち、月に向けて極秘の偵察に赴くが、例によってとんでもないトラブルに巻き込まれる羽目に......《事の発端から話した方がいいだろう。その発端がどうだったか私は知らない、というのは別の話。なぜなら私は主に右大脳半球で記憶しなくてはならなかったのに、右半球への通路が遮断されていて、考えることができないからだ》レムの最後から二番目の小説にして、〈泰平ヨン〉シリーズ最終話の待望の邦訳。

2022/04/07

「ムー」5月号に『法の書』書評掲載

月刊「ムー」(ワン・パブリッシング)5月号に『法の書』〔増補新訳〕愛蔵版の書評が掲載されています。評者は星野太朗さん。


「旧版にあったクロウリー伝が割愛されているのは残念であるが、それ以外の点では、圧倒的にこの新板のほうが充実している」

法の書〔増補新訳〕愛蔵版(アレイスター・クロウリー著/植松靖夫訳)
愛蔵版1.jpg
稀代の魔術師アレイスター・クロウリーが遺した人類への提言、『法の書』が世紀を経てついに真の姿を現す!

◇ 最新の研究に基づき全面改訳した決定版
◇ 本邦初訳の〈序文〉全13頁を増補
◇ 『法の書』誕生の鍵となった〈啓示の銘板〉のカラー写真および全訳文を増補
◇ 自筆原稿全65点の写真をより鮮明に収録
◇ クロウリーの言葉に基づき「法の書」本文の一部に特色赤インクを使用
◇ 附属の特別小冊子には小森健太朗氏、Hieros Phoenix 氏、江口之隆氏、滝本誠氏によるエッセイを収録

2022/03/09

表象文化論学会ニューズレター「Repre」に『「探偵小説」の考古学』の紹介掲載

表象文化論学会のニューズレター「Repre」44号に、『「探偵小説」の考古学』監訳者である石橋正孝さんの本書紹介の一文が掲載されています。


「パリに亡命中だったヴァルター・ベンヤミンは、本書に引用されたロカンボールシリーズから想を得て「パリ神話」の概念を編み出したロジェ・カイヨワにおそらくは刺激されて本書を繙き、『パリ・パサージュ論』のためのノートにメディア史の観点から抜き書きをしていた。その時代的制約も含め、本書にはいまだ多くの鉱脈が埋もれている。」


(レジス・メサック 著 石橋正孝 監訳/池田潤、佐々木匠、白鳥光、槙野佳奈子、山本佳生 訳)

近代性そのものとも言うべき「探偵小説」は、どこに起源を持ち、どのような紆余曲折を経て、ジャンルとしての結晶を見るに至ったのか? 古代に始まる膨大な文献を博捜し、通常の推理小説論では見られないような人名をも援用しつつ描かれる、その成り立ちの歴史。江戸川乱歩が熱いまなざしをそそぎ、ヴァルター・ベンヤミンが激しい関心を向けその『パサージュ論』で引用を繰り返した伝説的大著。

2022/02/22

日本経済新聞「目利きが選ぶ3冊」に『土のひとがた』選定

2月17日付「日本経済新聞」夕刊「目利きが選ぶ3冊」のコーナーにて《マニュエル伝》『土のひとがた』(J・B・キャベル/安野玲訳)が選定されております。選んでいただいたのは、小谷真理(ファンタジー評論家)さん。


「ちょっとトホホな、しかし何やら人生の真実をグサリと突き刺すような場面が次々登場し、批評精神に飛んだ展開が楽しめる」

9784336065421.jpg豚飼いマニュエルは金髪碧眼の美丈夫、母の教えに従っておのれの理想の姿を土の人像(ひとがた)に映すべく、日々黙々と土をこねては人像作りに精を出す。そこへ怪しき老人が現われて、「邪悪な魔法使いに拐かされた姫君を救って妻となせ」と、マニュエルに一振りの魔剣を与えた。いざ魔法使いを打ち倒さんと旅立ったマニュエルだが、途中で出会った男装の乙女に恋をして、魔法使い成敗はそっちのけ、肝心の姫君には目もくれず、乙女と手に手を取って意気揚々と帰還する。めでたしめでたし──と思いきや、死神があらわれて愛しい乙女を冥府へと連れ去った。かくして若きマニュエルの真の旅が始まる。時空を超えて連綿と続く英雄一族の始祖ドム・マニュエルがいかにして生まれたかが語られる、これは始まりの物語。

ページトップへ