1. トップページ > 
  2. 最新ニュース > 
  3. パブリシティ

パブリシティ

最新ニュース一覧

パブリシティ情報一覧です。

2021/10/21

『アフター・クロード』が週刊新潮10/28号で紹介されました。

週刊新潮10/28号で『アフター・クロード』が紹介されました。

評者は書評家の豊﨑由美氏。
「すべてを敵に回さないではいないハリエットの頭のいい語りが呆れつつも、痛快なのだけれど、
  なぜそんな敵対的な喋り方しかできなかいに思いが至ると胸が痛む」
「知的で攻撃的なユーモアセンスに笑わせてもらっているうちに、しんしんと淋しい気持ちが募っ
  ていく」
「高低差の烈しい読み心地を誘う珍奇な逸品」


9784336060631.jpg
アイリス・オーウェンス/渡辺佐智江 訳
定価 2,640円(本体価格2,400円)
あらゆるものに牙を剥き、すべての人間を敵に回す......わきまえない
女ハリエットの地獄めぐりがいま始まる。伝説の作家アイリス・オー
ウェンスの最高傑作にして40年の時を超えて現代を撃つ問題作!

2021/10/20

『インヴィンシブル』がWEB本の雑誌で紹介されました。

WEB本の雑誌で『インヴィンシブル』が紹介されました。
評者はSF研究家・文芸評論家の牧眞司氏。

「何が待ちうけているかもわからない異境を、手順を踏み、検討を重ねながら探険していく。
  科学的アプローチをゆるがせにしない点は一級品のハードSFと言ってよい」
「中心をなすテーマは人類とはまったく異質な知性とのコンタクトだが、その異質を最後まで
  異質として描ききる潔さは、さすがレムだ」
「レムの先見性は際立っており、なによりも描写の素晴らしさは発表から60年が経過した現在
  においていささかも減じていない」

WEB本の雑誌


9784336071347.jpg
スタニスワフ・レム/関口時正 訳/沼野充義 解説
定価 2,420円(本体価格2,200円)
着陸後に消息を絶ったコンドル号捜索のため琴座の惑星レギスⅢに降り立った
インヴィンシブル号が発見したのは変わりはてた姿のコンドル号であった──
ファースト・コンタクト三部作の傑作の原典からの新訳。

2021/10/19

『アフター・クロード』がBRUTUS 949号で紹介されました。

BRUTUS 949号で『アフター・クロード』が紹介されました。

評者は美術・映画評論家、編集者の滝本誠氏。
「チェルシー・ホテルが彼女にとりついて書かせたと言いたいほどに面白い」
「奇々怪々、奇々快々の表現連鎖に悶絶」
「全方位駄目だし小説で生きる活力を!」


9784336060631.jpg
アイリス・オーウェンス/渡辺佐智江 訳
定価 2,640円(本体価格2,400円)
あらゆるものに牙を剥き、すべての人間を敵に回す......わきまえない
女ハリエットの地獄めぐりがいま始まる。伝説の作家アイリス・オー
ウェンスの最高傑作にして40年の時を超えて現代を撃つ問題作!

2021/10/13

『中国の建築装飾』が日本経済新聞10/10付で紹介されました。

日本経済新聞10/10付で『中国の建築装飾』が紹介されました。
「紫禁城などの宮殿建築から「四合院」などの伝統的な住宅まで、中国の古建築の装飾を清華大学
  の建築学院教授が分析」
「門・屋根・扉と窓などの分類に沿って、豊富なカラー写真を参照しながら特徴を学ぶことができる」
「門や壁、格子戸などに掘られる模様は、日本との共通点も多い」


9784336072344.jpg
楼慶西/李暉・鈴木智大 訳
定価 8,580円(本体価格7,800円)
中華世界の中心である紫禁城などの宮殿建築から、四合院といった
伝統的住宅に至るまで、中国建築の屋根、扉・窓、基壇等に施された
装飾を、彩色・彫刻・文様ほかあらゆる側面から分かりやすく読み解く。

2021/10/12

『GNKYO 横尾忠則 Ⅱ Works』が週刊読書人10/8付で紹介されました。

週刊読書人10/8付で『GNKYO 横尾忠則 Ⅱ Works』が紹介されました。

「横尾氏の絵画には、いつか出会ったことがある懐かしい何かと、未知のブラックボックスがともに
  存在し、その謎は見るたびに形を変えて、私たちを見つめ返してくる」
「現存する最も古い5歳の時の模写から、巨大な自画像、新作の寒山拾得シリーズまで。展覧会
  会期中にも数々の新作を生み出している横尾氏の、現段階での集大成」


9784336071019.jpg
横尾忠則 画
定価 7,920円(本体価格7,200円)
日本を、そして世界を魅了し続けてきた、アート界のレジェンド、横尾忠則。
天地万物をモティーフに、スタイルの変遷を繰り返しながら生み出された
作品群を網羅した、横尾芸術の総決算ともいうべき決定版!

2021/10/08

『人狼ヴァグナー』が小説推理11月号で紹介されました。

小説推理11月号で『人狼ヴァグナー』が紹介されました。
評者はアンソロジストの東雅夫氏。
「人狼小説の一嚆矢と目されながら、21世紀に至るまで、なぜか正当に評価されることも
 なく埋もれていた大著」
「訳文は平明で、現代日本の読者にも、抵抗感なく受け容れられることと思われる」


9784336071095.jpg
ジョージ・W・M・レノルズ/夏来健次 訳
定価 5,280円(本体価格4,800円)
交錯する愛憎と怨恨、野望と戦乱、フィレンツェ、コンスタンチノープル、
ロードス島、さらには地中海の孤島を舞台に繰り広げられる、ゴシック・
ロマンスの後裔ともいうべき波瀾万丈の物語。荒俣宏氏推薦!

2021/10/08

『マルペルチュイ』がダ・ヴィンチ11月号で紹介されました。

ダ・ヴィンチ11月号で『マルペルチュイ』が紹介されました。
評者は書評家の永田希氏。
「おぞましく邪悪な実験と、神々すら従わせる運命に、若者たちは翻弄され、読者は圧倒
  されるでしょう」
「しかし作者はこの超重厚的な物語のなかに、美しい自然描写、飲み食いを楽しむ暮らし
  の喜び、恋を巡る愛憎の切ない機微を織り込んでいます」


9784336071422.jpg
ジャン・レー/ジョン・フランダース
岩本和子・井内千紗・白田由樹・原野葉子・松原冬二 訳
定価 5,060円(本体価格4,600円)
《ベルギー幻想派の最高峰》決定版作品集! 現代ゴシック・ファンタジー
の最高傑作『マルペルチュイ』+幻の初紹介短篇集2冊、枠物語的怪奇
譚集『恐怖の輪』&J・フランダース名義の幻想SF小説集『四次元』。

2021/10/07

『死、欲望、人形』が月刊アートコレクターズ10月号で紹介されました。

月刊アートコレクターズ10月号で『死、欲望、人形』が紹介されました。
「腹や肩、乳房に丸いジョイントを持つ球体関節人形が、澁澤龍彦による紹介で広く知られる
  ようになり、四谷シモンをはじめとする様々なアーティストに影響を与えた稀代の作家」
「ベルメールから手紙やインタビュー、交流した人々の回想などによりその人柄や創作姿勢を
  明らかにする」


9784336072252.jpg
ピーター・ウェブ、ロバート・ショート/相馬俊樹 訳
定価 4,950円(本体価格4,500円)
フェティッシュな少女人形――痙攣的な美!ブルトンとバタイユを魅了し、
澁澤龍彥と四谷シモンをとりこにした、イマージュの極北。快楽の彼方へ!
禁断のエロスとタナトスに捧げた一生涯、本邦初評伝。


2021/10/06

『ボリス・ヴィアン シャンソン全集』がレコード・コレクターズ10月号で紹介されました。

レコード・コレクターズ10月号で『ボリス・ヴィアン シャンソン全集』が紹介されました。

「小説家としてだけでなく、ジャズ・トランぺッターで音楽評論家、1940年代後半から50年代に
  かけてのパリをその才覚で駆け抜けた」
「ウィットに富んだものや、諧謔に満ちた歌詞、露骨に性的な言葉も出てくる。そういった意味
  でも、セルジュ・ゲンズブールの先駆だといえる」


9784336072047.jpg
ボリス・ヴィアン/浜本正文 訳
定価 3,850円(本体価格3,500円)
『日々の泡』や『北京の秋』など世界的名作を執筆した小説家にして、
トランペッターでもあったボリス・ヴィアン。彼 が作詞を手がけた400
曲以上ものシャンソンを全訳。本邦初のシャンソン全集。

2021/10/05

『膠を旅する』が図書新聞10/9付で紹介されました。

図書新聞10/9付で『膠を旅する』が紹介されました。

評者は國學院大學講師平井倫行氏。
「日本画をして時に「膠絵」や「膠彩画」と呼称する場合があるのも、この特殊な絵画様式の
 「伝統」において、膠が如何に、本質的存在として重視されているかが理解されよう」
「これまで「その物自体」に対する具体的な検証を受ける機会の少なかった膠の、画材として
  の成立や特徴、生産(流通)ルート、歴史背景になどに向けられたアプローチはしかし、当初、
  想像した以上に遥かに広い、豊饒な議論へ接続しており、(中略)一般の読者にも極めて多
  くの思考材料を提示するものである」


9784336071842.jpg
内田あぐり 監修
青木茂・上田邦介・金子朋樹・北澤智豊・北澤憲昭・小金沢智・
後藤秀聖・朴亨國・山本直彰 著
定価 4,180円(本体価格3,800円)
古くから絵画をはじめ建造物や工芸品、楽器などの接着剤として世界
中で使用されてきた伝統素材「膠(にかわ)」。 これまで顧みられる
ことの少なかった膠の知られざる歴史を照射する類例のない試み。

ページトップへ