1. トップページ > 
  2. 最新ニュース > 
  3. パブリシティ

パブリシティ

最新ニュース一覧

パブリシティ情報一覧です。

2020/01/16

『どこか、安心できる場所で』が各紙で紹介されました。

・信濃毎日新聞1/12付
評者は作家の藤野可織氏。
「これらの短篇の多くが、ときに皮肉に満ちたユーモアを、ときにやるせなさを、ときに激しい怒りを
  持って、この世界が「安心できる場所」ではないことを告発する」
「小説は安心するために読むものではない。むしろこれまで安心だと思っていた場所が安心でない
  ことを暴くのが小説」
「現代のイタリアでその作業が着々と進行していることを知らせてくれる、心強い作品集」

・聖教新聞1/11付
「背後には移民差別や経済格差、性暴力の問題がある。ほかに、排他主義を風刺した作品、LGBT
  (性的少数者)、薬物依存をテーマにした作品も」
「どの物語にも地上に自分の居場所を見いだせない、つらい感情のひとかけらが埋まっていて、私
  たちが生きる「いま」がどんな世界であるかを考えさせる」
「どのように生きても「安心できる場所」があるように。願いを湛えた作品たちだ」

聖教新聞HP
https://www.seikyoonline.com/article/461EBD40C40C226F5094521C3010DE62


9784336065391.jpg『どこか、安心できる場所で 新しいイタリアの文学』
関口英子、橋本勝雄、アンドレア・ラオス 編
定価 2,640円(本体価格2,400円)
エーコ、タブッキ、カルヴィーノだけじゃない、もっと新しい
イタリアの文学がここにある。本邦初の21世紀イタリア短
篇アンソロジー登場! 13人の作家による15の物語。

2020/01/15

『死者の饗宴』『不気味な物語』が小説推理2月号で紹介されました。

『死者の饗宴』『不気味な物語』が小説推理2月号で紹介されました。


評者はアンソロジストの東雅夫氏。

「鬼気迫る一連の怪奇小説」

「待ち望まれた短編集」(『死者の饗宴』)


「ポーランド幻想文学の巨星」
「翻訳者の芝田文乃とデザイナーのコバヤシタケシと版元による
 息の合った連携プレー」



9784336060655.jpg『死者の饗宴』
ジョン・メトカーフ/横山茂雄・北川依子 訳
定価 2,860円(本体価格2,600円)
20世紀英国怪奇文学における幻の鬼才、知られざる異能の物語作家、

メトカーフ。不安と恐怖と眩暈と狂気に彩られた怪異談・幽霊物語・超自

然小説の傑作を集成する本邦初の短篇集がついに登場!



9784336063328.jpg『不気味な物語』
ステファン・グラビンスキ/芝田文乃 訳
定価 2,970円(本体価格2,700円)
ポーランド文学史上随一の恐怖小説作家グラビンスキ、死と官能が

纏繞する悪夢の狂宴12篇。装画レオナルド・ダ・ヴィンチ《受胎告知

の天使のための左手と腕の研究》/装幀コバヤシタケシ

2020/01/14

『ジャーゲン』がSFマガジン2月号で紹介されました。

SFマガジン2月号で『ジャーゲン』が紹介されました。

評者は書評家、ゲームコラムニストの卯月鮎氏。
「猥褻文書として一度発禁処分を受けたのをきっかけにベストセラーとなったファンタジイ」
「神話が混淆したロマンスであり、ほろ苦い大人のゆきてかえりし物語であり、早すぎた異世界
 ファンタジイのパロディでもある」


J.B.キャベル/中野善夫 訳
定価 3,960円(本体価格3,600円)
行き掛かりに哀れな悪魔を助けた質屋ジャーゲン。返礼にと消された
うるさい妻を仕方なく取り戻す旅に出る。奇想天外な異世界を一流の
口八丁と権謀術数を武器に快進する、愛と冒険の喜劇的ロマンス。



2020/01/14

『忘れられた天才 井上毅』が熊本日日新聞1/12付で紹介されました。

熊本日日新聞1/12付で『忘れられた天才 井上毅』が紹介されました。

評者は前くまもと文学・歴史館長の井上智重氏。
「明治政府にあって井上毅ほど意見具申した男はいない」
「肥後藩の意外な自由闊達な空気が天才井上を誕生させたと思えばうれしくなる」
「毅は西南戦争後の殖産や五高を誘致するなど郷土を思う体温も帯びていた」


井上俊輔 著
定価 3,300円(本体価格3,000円)
幕末の動乱、大久保、伊藤、岩倉の下で憲法・皇室典範・
教育勅語、かつ、政府重要文書多数を起草したその生涯を
示し、天才・井上毅の全貌が明らかに! 

2020/01/10

『龍蜂集』がサンデー毎日1/19号で紹介されました。

サンデー毎日1/19号で『龍蜂集』が紹介されました。

評者は作家の村松友視氏。

「ラインアップからも、今回の編集にたずさわった編集者のしたたかな目論みが伝わってくる」
「このセレクションは"鏡花"のエキスに迫るべしと読者の気分をそそのかす、きわめて戦略的

  な編集になっている」
「"鏡花"という豊饒な札には、まだまだ裏返す余地が残っているのだという、新しい"復権"の

  提唱をもはらんだ刊行」


9784336065452.jpg『龍蜂集』
泉鏡花/澁澤龍彦 編/山尾悠子 解説/小村雪岱 装丁
定価 9,680円(本体価格8,800円)
幻の選集が、半世紀の歳月を経てついに刊行。我が国最高の
幻想作家・鏡花の膨大な作品から、澁澤ならではの鑑識眼が
選び抜いた約50篇を4巻で構成。

2020/01/10

『ジャーゲン』が図書新聞1/18付で紹介されました。

図書新聞1/18付で『ジャーゲン』が紹介されました。

評者は同志社大学文学部教授の下楠昌哉氏。
「『ユリシーズ』が発禁になったころ、ラヴクラフトがプロに成りたてのころ。時経ること百年。その時代
  の空気を味わってみたければ、この本を読むべきだ」
「キリスト教を始めとする伝統ある絶対的権威は茶化され相対化され、性にまつわる妄想を執拗に
  描くことを止めない。これらはまさしく、モダニズムと呼ばれた二十世紀初頭の文学運動が行ってき
  たこと」
「三一頁におよぶ注釈は、間違いなくこの訳書の読みどころの一つ」


9784336065407.jpg『ジャーゲン』〈マニュエル伝〉
J.B.キャベル/中野善夫 訳
定価 3,960円(本体価格3,600円)
行き掛かりに哀れな悪魔を助けた質屋ジャーゲン。返礼にと
消された口うるさい妻を仕方なく取り戻す旅に出る。奇想天外
な異世界を当代一流の口八丁と権謀術数を武器に快進する、
愛と冒険の喜劇的ロマンス。

2020/01/09

『映画監督 神代辰巳』が各紙で紹介されました。

・徳島新聞12/24付、長崎新聞12/30付
「スタッフや出演者に愛された"クマさん"の融通無碍な映画術と人柄を濃密に伝える」
「ショーケンは「たった一人の師匠」と仰いだ神代と深く影響し合う存在だった。(中略)ショー
 ケンと前後して逝った内田裕也も、ポルノ作品の主演俳優として神代と過激に共鳴した一人。
 その辺の事情も同書は照らし出し興味深い」
「異彩を放った神代の懐深さを浮き彫りにする1冊」

・佐賀新聞12/31付
「「クマシロ」映画の精神性に真正面から迫る大全」
「女優の宮下順子や脚本家の荒井晴彦ら"神代組"に関わったスタッフによる思い出話も披露」
「佐賀市のミニシアター「CIEMA」の支配人・重松恵梨子さんは「目次には、そうそうたる監督
 や俳優、脚本家の名前が連なっている。そこだけ読んでも、神代辰巳が佐賀が生んだ偉大な
 映画監督かが分かる」と解説」



9784336065384.jpg『映画監督 神代辰巳』
神代辰巳
定価 13,200円(本体価格12,000円)
『四畳半襖の裏張り』『青春の蹉跌』など日活ロマンポルノの
傑作と70年代日本映画ベスト作をのこした伝説の映画監督の
全貌!初にして決定版、空前絶後のクマシロ大全!

2020/01/09

『どこか、安心できる場所で』が毎日新聞1/8付で紹介されました。

毎日新聞1/8付で『どこか、安心できる場所で』が紹介されました。
「イタリアの「いま」を映す現代作家13人の小説を編んだアンソロジー」
「テーマも文体も異なる本書の15編が伝えるのは、イタリアの現在地」
「遠く海を隔てた国で生きる人たちと文学で切り結べる幸せを、たっぷりと味わわせてくれる」




9784336065391.jpg『どこか、安心できる場所で 新しいイタリアの文学』
関口英子、橋本勝雄、アンドレア・ラオス 編
定価 2,640円(本体価格2,400円)
エーコ、タブッキ、カルヴィーノだけじゃない、もっと新しいイタリア
の文学がここにある。本邦初の21世紀イタリア短篇アンソロジーがつい
に登場! 13人の作家(うち11人が日本初紹介)による15の物語。


2020/01/08

『映画監督 神代辰巳』がフリースタイル№44で紹介されました。

フリースタイル№44で『映画監督 神代辰巳』が紹介されました。

評者は学習院大学教授の中条省平氏、映画監督の筒井武文氏。


「私にとっての今年のベスト」
「神代に捧げられた本はこれが初めて。でも、待った甲斐があった」
「これまで出た神代に関する読むべき文書をすべて収めたばかりか、未発表シナリオ(『みいら採り猟奇
  譚』!)、そして貴重な写真を無数に見ることができる」(中条省平氏)

「日活ロマンポルノで最もしなやかに最も自由に映画を撮り、限りない解放感を観る者にもたらし、70年
  代日本映画をリードした神代辰巳」
「残された35本の映画を中心に、神代組の証言、批評が立体的に組み合わされ、まるで『市民ケーン』
  のように神代作品の秘密を徹底解明していく」
「この構成だから、神代が撮ったであろう画まで透けて見える。一度は順に読むべし」(筒井武文氏)


9784336065384.jpg『映画監督 神代辰巳』
神代辰巳
定価 13,200円(本体価格12,000円)
『四畳半襖の裏張り』『青春の蹉跌』など日活ロマンポルノの
傑作と70年代日本映画ベスト作をのこした伝説の映画監督の
全貌!初にして決定版、空前絶後のクマシロ大全!

2020/01/08

『近現代日本の民間精神療法』が怪と幽vol.3で紹介されました。

怪と幽vol.3で『近現代日本の民間精神療法』が紹介されました。

評者は文筆家、書評家の門賀未央子氏。

「迷信は科学で解決されてめでたしめでたし、にはならず、精神療法は主に民間レベルで瞬く間に
  オカルトに取り込まれていく」
「日々真偽曖昧な情報に不意打ちされる社会に生きる私たちは、「教養」としてこれらの知識を身に
  つけておいて損はないはず。


9784336063809.jpg『近現代日本の民間精神療法
 不可視な(オカルト)エネルギーの諸相』

栗田英彦・塚田穂高・吉永進一 編
定価 4,400円(本体価格4,000円)
霊術・精神療法は、明治以降に流入したエネルギー概念や心身技法と
伝統的宗教技法が融合して生み出された〈近代化された呪術〉。その
技法と思想の系譜をグローバルな視点からひも解くオカルトヒストリー。



ページトップへ