1. トップページ > 
  2. 最新ニュース > 
  3. イベント

イベント情報一覧です。

 

2019/06/06

京都〈読者謝恩〉ブックフェア開催〈6/8(土)~〉

児童書、図鑑、生活実用書から、人文、社会科学、全集まで、出版梓会の会員社が           京都読者謝恩フェアチラシ.pdf
京都読者謝恩フェアチラシ.jpg
選りすぐった1000点を超える話題書&ロングセラーを、京都市内の書店2店舗にて
会期中にかぎり特価にて販売いたします。
皆さま、ぜひともご来場になり、お手にとってご覧ください。      

【参加出版社】
明日香出版社/WAVE出版/河出書房新社/金の星社/芸術新聞社/勁草書房/工作舎/国書刊行会/作品社/三省堂/新星出版社/大和書房/中央経済社HD/東洋館出版社/ナカニシヤ出版/西村書店/日貿出版社/日本実業出版社/日本標準/白水社/博文館新社/ひかりのくに/ビジネス教育出版社/文一総合出版/平凡社/ベレ出版/法学書院

【開催店舗】
 2018年6月8日(日)~6月30日(日)
ふたば書房御池ゼスト店                   
    2018年6月9日(日)~6月23日(金) 

※各書店により会期、出品銘柄、割引率等が異なりますのでご注意ください。
                                                                                                                                                            
 


2019/05/29

『愛なんてセックスの書き間違い』刊行記念 若島正×柳下毅一郎トークイベント〈6/15(土)〉 

ハーラン・エリスンの非SF作品を集めた『愛なんてセックスの書き間違い』の刊行を記念して、本書編訳
者の若島正さんと、6月から刊行開始のエリスンによる伝説的アンソロジー『危険なヴィジョン(全3巻)』
(早川書房)収録短篇の翻訳も手がける翻訳家柳下毅一郎さんをお迎えしてトークショーを開催いたします。
あわせて、今年4月に逝去したジーン・ウルフを偲んだトークも行います。伝説の『ケルベロス第五の首』
トークショーの熱狂を再び!(注:ジーン・ウルフ/柳下毅一郎訳『ケルベロス第五の首』刊行時のイベン
トで、ゲストは若島正さん。ジーン・ウルフの超絶技巧を読みとく内容で現在は若島正著『乱視読者のSF
講義』[国書刊行会]に収録) (本屋B&B公式HPより)

皆さま是非ご参加ください。

『愛なんてセックスの書き間違い』刊行記念 若島正×柳下毅一郎トークイベント
《ハーラン・エリスンを語る(+ジーン・ウルフ追悼)》
◆出演:若島正、柳下毅一郎
◆日時:6月15日(土) 15:00~17:00 (14:30開場)
◆場所:本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F
      京王井の頭線・小田急小田原線 下北沢駅徒歩3分
    
◆入場料:前売1,500yen + 1 drink order/当日店頭2,000yen + 1 drink order
     予約申し込みページ↓


イベント詳細ページ



【出演者プロフィール】
若島正(わかしま・ただし)
1952年生まれ。京都大学名誉教授、詰将棋作家、チェス・プロブレム作家。著書に『乱視読者の英米文
学講義』(研究社)、『乱視読者のSF講義』(国書刊行会)、訳書にウラジーミル・ナボコフ『ロリータ』(新
潮社)『アーダ』(早川書房)、メアリー・マッカーシー『私のカトリック少女時代』(河出書房新社)など多数。

柳下毅一郎(やなした・きいちろう)
1963年生まれ。東京大学工学部卒。特殊翻訳家・映画評論家。訳書にバラード『クラッシュ』(東京創元
社)、ジーン・ウルフ『ケルベロス第五の首』(国書刊行会)、アラン・ムーア『プロメテア』(小学館集英社プ
ロダクション)、著書に『興行師たちの映画史』(青土社)、『皆殺し映画通信』シリーズ(カンゼン)など多数。


9784336053237.jpg
ハーラン・エリスン/若島正・渡辺佐智江 訳 
定価 2,592円(本体価格2,400円)
カリスマSF作家エリスンはSF以外の小説も凄い!初期の非SF作品を精選、
日本オリジナル編集・全篇初訳でおくる暴力とセックスと愛とジャズと
狂気と孤独と快楽にあふれたエリスン・ワンダーランド。


2019/05/21

展覧会〈内田あぐり──化身、あるいは残丘〉開催〈~6/16(日)〉

絵画において人間の存在を示すものとは何かという根源的な
問題を探るなかで、新たな日本画の可能性を提示してきた内
田あぐり作品。本展では、身体をめぐる絵画考から展示空間      展覧会パンフレットダウンロード.pdf
内田あぐり展覧会.jpg
へと立ち現れた一つの残丘ともよべる新作を核に、人物の情
念を発する濃密な初期の具象作、抽象表現にり身体のリアリ
ティに肉迫した2000年前後の大作、そして空間を圧倒する世
界観を放つ近年の大型作品などを展示し、その絵画表現に
接近する。
(武蔵野美術大学美術館・図書館 公式HPより)


〈内田あぐり──化身、あるいは残丘〉
◆会期:2019年5月20日(月)~2019年6月16日(日)
◆会場:武蔵野美術大学美術館 展示室3・4、アトリウム2
    〒187-8505 東京都小平市小川町1-736  
◆時間:10:00~18:00(土曜日、特別開館日は17:00閉館)
◆休館日:日曜日 ※6月16日(日)は特別開館     
◆入館料:無料
                        
                                      
蔵野美術大学美術館・図書館 展覧会詳細ページ
                                               
                
【展覧会公式図録】
9784336063601.jpg
内田あぐり 画/武蔵野美術大学 美術館・図書館 編 
定価 3,780円(本体価格3,500円)
初期の濃密な具象作品から、空間全体を圧倒する近年の大型作品  
に至る日本画、および70 年代から現在に至るドローイングまで、現       
代日本画を代表する作家の代表的な画業を集大成した決定版画集。


2019/05/07

第60回〈読んでいいとも!ガイブンの輪〉豊崎由美さん×柴田元幸さんトークショー〈6/28(金)〉

「読んでいいとも!ガイブンの輪」通称〈よんとも〉は書評家の豊崎由美さんが「笑っていいとも」の
「テレフォンショッキング」方式でゲストをお招きし、素敵な本屋さんを転々として海外文学について
語り合う流浪の番組、ではなくトークショーです。
とびきりのガイブン"目利キスト"である豊崎さんとゲストが「これはおもしろい!」「いまが旬!」「読
んで損しない!」という一冊をおススメし、魅惑の翻訳小説ワールドへとみなさんをご案内します。
前回ゲスト福岡伸一さんのご紹介で、今回はアメリカ文学研究家・翻訳家の柴田元幸さんをお招き
します。テーマは〈豊崎由美が選ぶ柴田元幸翻訳本ベスト3〉です!


◆日時:6月28日(金)19:30~(19:00開場)
     〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-7-3 モード学園コクーンタワー 地下2階  
◆定員:50名様
◆参加方法:入場券をお求めください。
       〈販売価格〉500円(税込) 
       〈販売場所〉ブックファースト新宿店地下1階Dゾーンレジカウンター
       ※入場券は数に限りがございます。なくなり次第終了とさせていただきます。
       ※電話でのご予約も承ります。下記の番号にお問い合わせください。
        〈お問合せ〉ブックファースト新宿店03-5339-7611

※入場券をお持ちでない方の入場はできません。当日必ず入場券をお持ちください。
※当日のお席はご来場順の自由席です。

イベント詳細ページ


≪プロフィール≫
豊崎由美(とよざき ゆみ)
ライター、書評家。「週刊新潮」「TVBros.」「共同通信」などで書評を多数掲載。主な著書に『勝てる読書』
(河出書房新社)、『ニッポンの書評』(光文社新書)、『ガタスタ屋の矜持 場外乱闘篇』(本の雑誌社)、『文
学賞メッタ斬り!』シリーズ&『村上春樹「騎士団長殺し」メッタ斬り!』(大森望氏との共著、河出書房新
社)、『石原慎太郎を読んでみた 入門版』(栗原裕一郎氏との共著、中公文庫)、『まるでダメ男じゃん!
「トホホ男子」で読む、百年ちょっとの名作23選』(筑摩書房)などがある。
Twitterアカウントは@toyozakishatyou

柴田元幸(しばた もとゆき)
1954年東京都生まれ。アメリカ文学研究者、翻訳家、文芸誌『MONKEY』編集人。著書に『生半可な学者』
(講談社エッセイ賞受賞)、『アメリカン・ナルシス』(サントリー学芸賞受賞)、『ケンブリッジ・サーカス』など。
ポール・オースター、リチャード・パワーズ、スティーヴ・エリクソン、レベッカ・ブラウン、スティーヴン・ミルハ
ウザー、スチュアート・ダイベック、フィリップ・ロスなど、現代アメリカ文学を数多く翻訳し、日本の文学シー
ンにも多大な影響を与える。訳書トマス・ピンチョン『メイスン&ディクスン』で日本翻訳文化賞を受賞。

2019/04/23

第五回日本翻訳大賞授賞式 開催〈4/27(土)〉

第五回日本翻訳大賞の授賞式&トークイベントが開催されます。
授賞式は、柴田元幸氏や岸本佐知子氏ら選考委員が選考会を振り返る座談会や、受賞作に関
するトーク、受賞者との対談など、翻訳に関するイベント満載のカジュアルな式を企画しています。
『JR』の翻訳者木原善彦氏も登壇予定です。
会場内での書籍の販売予定もございますので、ぜひお気軽にご参加ください!


◆日時:2019年4月27日(土) 14:00開場、14:30開演(16:30閉会)
    〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア 3F/4F    
◆チケット:Peatixで予約受付中。
◆料金:1,000円 (税込・全席自由) 
    2,000円 (税込・全席自由・運営費寄付込み)
    3,000円(税込・全席自由・運営費寄付込み)
     ※チケット代金は日本翻訳大賞の運営費に充てさせていただきます。

日本翻訳大賞公式HP


9784336063199.jpg
ウィリアム・ギャディス/木原善彦 訳 
定価 8,640円(本体価格8,000円)
11歳の少年JRが巨大コングロマリットを立ち上げて株式市場に参入、
世界経済に大波乱を巻き起こす――!? 殊能将之熱讃の、世界
文学史上の超弩級最高傑作×爆笑必至の金融ブラックコメディが登場!


 

2019/03/20

「本のフェス」にて書籍販売決定〈3/23(土)・3/24(日)〉

新しい本の楽しみ方を実践する「本のフェス」。
本の世界の野外フェスを目指すイベント内の「本の雑誌商店街」で
国書刊行会の書籍を販売いたします。
その他にもトークイベントや朗読会など、本に関するたくさんのイベントが行われます。
是非、お運びください。


◆日時:2019年3月23日(土)10:00~19:00
     2019年3月24日(日)10:00~17:00
    ※DNPプラザの一部コーナーは11:00~20:00の営業となります。
◆メイン会場:DNPプラザ  (東京都新宿区市谷田町1-14-1)
      DNP市谷左内町ビル(東京都新宿区市谷左内町31-2)
◆サブ会場:毘沙門天 善國寺、漱石山房記念館、神楽坂モノガタリ他
      各会場MAP    


「本のフェス」公式HP

2019/03/13

『絵本古事記 よみがえり』を元にした舞踏パフォーマンス公演決定

『絵本古事記 よみがえり』からインスピレーションを得た舞踏パフォー
よみがえり_表.jpg
マンスの公演が決定いたしました。
混沌に満ちた神話の世界を大胆に解釈し、再構築したパフォーマンスを
是非ごらんください。

《『よみがえり』ひびきみか ソロ公演》
躍り:ひびきみか
音楽:Jing Music 
        東京都墨田区両国2-10-14 両国シティコア内
        TEL:03-5624-1181   
◆公演日程:2019年4月6日(土) 15:00 ※開場は開演の30分前。
◆チケット:一般 前売3,000円/一般 当日3,500円
           高校生以下 前売1,500円/高校生以下 当日2,000円
よみがえり_裏.jpg
             (全席自由)
[問い合わせ]パフォーマンスアートシアター 路地テアトロ
            TEL・FAX:03-6383-3180/Eメール:info@hibikimika.com
[原作]『絵本古事記 よみがえり イザナミとイザナギ』
       文・寮美千子(作家)/絵・山本じん(美術家)

公演詳細ページ



9784336059246.jpg
寮美千子 文/山本じん 画 
定価 2,808円(本体価格2,600円)
泉鏡花文学賞受賞作家・寮美千子と、幻想絵画の第一人者・山本じんの
ふたりが書き下ろし&描き下ろして生まれた、まったく新しい「古事記」へ
の扉を開く、大人のための絵本にして異色の画集。オールカラー愛蔵版。


2019/02/13

〈カメラが写した80年前の中国―京都大学人文科学研究所所蔵 華北交通写真〉展 開催

京都大学に戦後70年あまりの間秘蔵されていた「華北交通写真」を、西日本で初めて展示いたします。
 「華北交通写真」とは、戦前(1939~45年)、中国の北部・西北部一帯の交通網(列車、バス、船舶
など)を管轄していた日中合弁の華北交通株式会社による広報用ストック・フォトのことを指しています。
その数、3万5千点あまり!
戦前中国にあった日系の会社で、自社用にストックしていた写真が、これほど完璧な状態で残っている
例はほとんどありません。それほど貴重な写真群が、戦後の混乱期に、縁あって京都大学に委託され、
今日まで京都大学人文科学研究所で大切に保管されてきたのです。
この機会にぜひ、京都大学が所蔵する資料の一端について触れていただき、今後の日本と中国、そし
て周辺アジア諸国との関係に思いを馳せていただければ、と願っております。
(京都大学総合博物館 公式HPより)


〈カメラが写した80年前の中国―京都大学人文科学研究所所蔵 華北交通写真〉展
◆期間:2019年02月13日~2019年04月14日
    〒606-8501
    京都市左京区吉田本町 京都大学総合博物館
    TEL:075-753-3272   
◆開館時間:9:30~16:30(入館は16:00まで)
◆休館日:月曜日、火曜日(平日・祝日にかかわらず)
◆観覧料:一般400円/高校・大学300円/小・中学生200円

イベント詳細ページ


9784336060884.jpg
貴志俊彦・白山眞理 編 
定価 28,080円(本体価格26,000円)
戦後70年京大人文科学研究所に眠っていた華北交通撮影の膨大な
写真群。満鉄に並ぶ国策鉄道会社が遺した奇跡的資料を初公開!
失われた風景や貴重な風俗、鉄道や産業の克明な記録を〈写真編〉
〈論考編〉2分冊で詳細に紹介。


2019/02/05

『グッバイ・クリストファー・ロビン』山内玲子さん・田中美保子さん対談講演会〈3/30(土)〉

昨年秋に刊行された『グッバイ・クリストファー・ロビン』は、英国の著名な伝記作家アン・スウェイトが
『クマのプーさん』の著者A.A.ミルンについて書いた本です。世界中の読者を魅了したこの作品が、
ミルン一家に何をもたらしたのかー作品の背景にある知られざる真実を、翻訳者のお二人に語って
いただきます。

 
山内玲子さん・田中美保子さん対談講演会
《『クマのプーさん』の光と影 知られざる真実とは》
◆日時:2019年3月30日(土)
    午後2時~3時半 ※受付は1時半から9階にて
◆会場:教文館 9階ウェンライトホール
     〒104-0061 東京都中央区銀座4-5-1
     TEL:03-3561-8446   
◆定員:100名(大人対象/小学生以下不可・託児なし)
◆参加費:1500円 ※現金のみ・当日受付でお支払いください
     ☆講演会開始前に『グッバイ・クリストファー・ロビン』をお買い上げの方は、参加費が500円引きになります。
     ☆講演会終了後にサイン会が予定されています。
      サインをご希望の方は当日ナルニア国にて書籍をお買い求めください。

 
[お申し込み方法]
 参加ご希望の方はお電話かメールでナルニア国ご連絡ください。定員に達した時点で受付を終了します。
 1.申込み電話番号:03-3563-0730(午前10時~午後8時) ※1コール1名様のみ
 2.申込みメールアドレス:narnia@kyobunkwan.co.jp
   件名:「山内玲子さん&田中美保子さん対談講演会参加希望」
   本文:参加者のお名前・電話番号 ※参加者ご本人からのメールのみ可/1メールにつき1名のみ
   ☆ご希望の方は本の予約も承ります。メールにお書き添えください。

イベント詳細ページ


9784336062604.jpg
アン・スウェイト/山内玲子・田中美保子 訳 
定価 2,916円(本体価格2,700円)
プーやその仲間の無邪気な世界とあまりに対照的な影と真実。それ
を知ることで、プーやロビンの魔法の森の安らぎと輝きは増し、いっ
そう愛おしくなる。人間の幸福の真実を映し出す名著、待望の翻訳! 


2019/01/28

【好評につき追加受付決定】『カルティエ そこに集いし者』刊行記念サイン会開催〈2/1(金)〉

横尾忠則氏の最新画集『カルティエ そこに集いし者』の刊行を記念して、著者サイン会を開催致します。
本書は、日本を代表する美術家・横尾忠則が、カルティエ現代美術財団30周年記念展(2014年)に際して
本国からの依頼の下に制作した、世界各国を代表する著名アーティスト達の肖像画総計119点を収録した
日本初のオールカラー画集です。
ヨーロッパ諸国のみならず、南米からアジアまで世界各国の代表作家を収録。日本人では北野武・村上隆・
三宅一生・荒木経惟・森山大道・杉本博司ら錚々たる面々の肖像を収録しています。
横尾忠則氏がサイン会を開催するのは非常に貴重な機会となります。皆様のご来場をお待ちしております。


◆日時:2019年2月1日(金) 18:00~19:30
◆定員:80名
◆場所:代官山蔦屋書店 2号館 1階 ブックフロア
     〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町16-15
◆参加条件:代官山 蔦屋書店にて、サイン会対象商品『カルティエ そこに集いし者』をご予約いただいた
       お客様にご参加いただけます。
      ※30分毎に定員がございます。ご予約の時間にお越しください。
       ①18:00~18:30 :20名 ※受付終了
       ②18:30~19:00 :30名
       ③19:00~19:30 :30名 ※受付終了
       ④19:30~20:00 :20名 ※追加受付中

◆お申込み方法:代官山蔦屋書店オンラインストアよりお申し込みください。
         ※書籍一冊のご購入でお一人様にご参加いただけます。
         ※止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。
         ※当日はご予約の時間枠にお越しいただいた順でのご案内となります。
         お問い合わせ/03-3770-2525
 
【対象商品】
『カルティエ そこに集いし者』(国書刊行会 3,780円/税込) 

イベント詳細ページ


横尾 忠則 (よこお ただのり)
美術家。1936年兵庫県生まれ。72年にニューヨーク近代美術館で個展。その後もパリ、ヴェネツィア、
サンパウロなど各国のビエンナーレに出品し世界的に活躍する。アムステルダムのステデリック美術
館、パリのカルティエ財団現代美術館での個展など海外での発表が多く国際的に高い評価を得ている。
2000年以降も東京都現代美術館、金沢21世紀美術館、国立国際美術館など国内の美術館で相次い
で個展を開催。95年に毎日芸術賞、01年に紫綬褒章、06年に日本文化デザイン大賞、08年に小説集
『ぶるうらんど』で第36回泉鏡花文学賞、11年に旭日小綬章、同年度朝日賞、14年に山名賞、15年に
第27回高松宮殿下記念世界文化賞など、受賞・受章多数。2012年、神戸に横尾忠則現代美術館開館。
2013年、香川県豊島に「豊島横尾館」開館。


9784336063335.jpg
横尾忠則 画 
定価 3,780円(本体価格3,500円)
パリのモンパルナスに拠点を持つ、カルティエ現代美術財団30周年記念
展に出品した、横尾忠則による、カルティエの「住人たち」119名の、万華
鏡的美神一族肖像画シリーズを、ここにコンプリート。

ページトップへ