1. トップページ > 
  2. 最新ニュース > 
  3. 2019年7月

2019年7月情報一覧です。

2019/07/12

「フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア」巡回展開催

フィンランド陶芸の萌芽として、19世紀末のアーツ・アンド・クラフツ運動の影響を受け、アイリス工房に
参加したアルフレッド・ウィリアム・フィンチ(1854-1930)などによる活躍が挙げられます。1930年代後
半からのフィンランドにおける陶芸制作の躍進は、フィンチによって基礎が築かれた美術工芸中央学校
での工芸教育が下地になりました。1932年に設立されたアラビア製陶所の美術部門では、設備の整っ
た環境で作家の自由な創作活動が認められていました。それはヘルシンキ郊外の巨大な磁器製作所
における、世界屈指の「スタジオ・ポタリー」とされ、実用的な器に留まらず陶彫や絵画的表現の陶板作
品など、多くの傑作が生み出されました。例えば、ビルゲル・カイピアイネン(1915-1988)やルート・ブ
リュック(1916-1999)などの色彩豊かで物語性のある陶板や造形的な作品は、特に1940年以降の厳
しい時代に国内外で人気を博します。彼らを含むアラビア製陶所の作家が多数出品した1951年のミラノ・
トリエンナーレでは、数々の作品が受賞、フィンランド陶芸が世界に知れ渡る契機となりました。
本展では、フィンランド工芸の世界的に著名なコレクターであるキュオスティ・カッコネン氏の所蔵作品か
ら、約130件によりフィンランド陶芸の豊かな世界をご紹介します。(大阪市立東洋陶磁美術館HPより)


日本フィンランド外交関係樹立100周年記念特別展
「フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア」展
    〒530-0005大阪市北区中之島1-1-26
    TEL.06-6223-0055  
◆会期:2019年7月13日(土)~10月14日(月) 
◆休館日:月曜日(ただし7/15、8/12、9/16、23、10/14は開館)、
     7/16(火)、8/13(火)、9/17(火)、24(火) 
◆観覧料:一般1,200円/高校生・大学生700円
     ※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方
      は無料(証明書等提示) 
     ※特別展の料金で館内の展示すべてをご覧いただけます。 

展覧会詳細ページ


◎展覧会公式図録◎
9784336062680.jpg
ハッリ・カルハ 監修/山口敦子 編集 
定価 2,484円(本体価格2,300円)
既成概念にとらわれない豊かな表現で人々を魅了し、世界的な
潮流を生み出したフィンランド陶芸。黎明期から最盛期ともいえる
1950~60年代まで、その全貌を137点の名作とともに体系的に
紹介する。

2019/07/09

『高橋秀+藤田桜――素敵なふたり』展開催

ちょっと心がくすぐられる、生命感あふれる有機的なフォルムの作風で知られる高橋秀は広島県
福山市で生まれ、1961年に安井賞を受賞しました。 藤田桜は東京に生まれ、現在の大妻女子
大学を卒業後、少女雑誌『ひまわり』の編集者として若き日を過ごしました。やがて、ふたりは出
会い、1958年に結婚します。新居を世田谷・弦巻に定め新生活をスタートさせましたが、1960年
代のはじめには日本を離れ、ふたりはイタリアにわたり2004年までの41年間、ローマを暮らしと
制作の拠点としました。 高橋は現代美術作家としてヨーロッパ各地、そして日本でも作品を発表
し、藤田は布貼り絵という独特な表現で、子どもむけ図書の表紙絵や絵本の制作を重ねました。
現在、ふたりは岡山県倉敷市にアトリエを構え、互いに90歳前後となってもなお、 それぞれに作
品の制作を続けています。本展では、この素敵なふたりの歩みと、その創作の軌跡を最近作も
交えてご紹介いたします。 (世田谷美術館HP)

◆会場:世田谷美術館 1階展示室
    〒157-0075 世田谷区砧公園1-2
    TEL.03-3415-6011  
◆会期:2019年7月6日(土)~9月1日(日)
◆開館時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)
◆休館日:毎週月曜日(祝・休日の場合は開館、翌平日休館)
     ※7月15日(月・祝)は開館、翌7月16日(火)は休館。
      8月12日(月・振替休日)は開館、翌8月13日(火)は休館。
◆観覧料:一般 1000円/65歳以上 800円/大高生 800円/中小生 500円

展覧会公式ページ

※以降、倉敷市立美術館、伊丹市立美術館、北九州市立美術館巡回予定


◎展覧会公式図録◎
9784336063618.jpg
高橋秀・藤田桜 画 
定価 2,592円(本体価格2,400円)
生命感溢れるフォルムの作風で知られる高橋秀と、布貼り絵という
独特な表現で、子供向け図書の表紙絵や、絵本の制作を重ねる
藤田桜。ふたりが生み出した豊かな作品たちを、その歩みとともに
紹介する。

2019/07/08

『ダイヤモンドの語られざる歴史』が朝日新聞7/6付で紹介されました。

朝日新聞7/6付で『ダイヤモンドの語られざる歴史』が紹介されました。

評者は立命館アジア太平洋大学学長の出口治明氏。
「ダイヤモンドの百科事典のような一冊」
「ティファニーやハリー・ウィンストンの創業の物語も面白いが、王妃やハリウッドのスターたちのエピソードは秀逸だ」
「たくさんの口絵が載せられており、読んでいて楽しくなる」

朝日新聞DIGITAL


9784336063359.jpg
ラシェル・ベルグスタイン/下隆全 訳 
定価 4,104円(本体価格3,800円)
人々はなぜダイヤモンドに魅せられるのか? 新資料を基にダイヤ
モンドの魅力をあらゆる角度から検証し、「ダイヤモンドと人々」
との語られざる歴史を、わかりやすくひもとく。カラー口絵30点余。 


2019/07/05

『死者の饗宴』が日本経済新聞7/4付で紹介されました。

日本経済新聞7/4付で『死者の饗宴』が紹介されました。

評者はファンタジー評論家の小谷真理氏。
「クラシックな怪奇幻想短篇集」
「語りの旨さが魅力」


9784336060655.jpg
ジョン・メトカーフ/横山茂雄・北川依子 訳
定価 2,808円(本体価格2,600円)
20世紀英国怪奇文学における幻の鬼才、知られざる異能の物語作家、
ジョン・メトカーフ。不安と恐怖と眩暈と狂気に彩られた怪異談・幽霊物
語・超自然小説の傑作を集成する本邦初の短篇集がついに登場!


2019/07/04

『死者の饗宴』がダ・ヴィンチ8月号で紹介されました。

ダ・ヴィンチ8月号で『死者の饗宴』が紹介されました。

「ホラーファン垂涎の作品集」
「少年と彼に取り憑いた正体不明の存在との顛末を妖しく語った表題作のほか、(中略)
  逸品揃い」


9784336060655.jpg
ジョン・メトカーフ/横山茂雄・北川依子 訳
定価 2,808円(本体価格2,600円)
20世紀英国怪奇文学における幻の鬼才、知られざる異能の物語作家、
ジョン・メトカーフ。不安と恐怖と眩暈と狂気に彩られた怪異談・幽霊物
語・超自然小説の傑作を集成する本邦初の短篇集がついに登場!

2019/07/02

『死者の饗宴』が朝日新聞DIGITAL「好書好日」で紹介されました。

朝日新聞DIGITAL「好書好日」で『死者の饗宴』が紹介されました。

評者は怪奇幻想ライターの朝宮運河氏。
「一冊の本としてまとまるのはわが国では初めて。思わず小躍りしたホラーファンは私だけではないだろう」
「まがまがしいムードが行間からにじみ出る全8編」
「絶妙な語り口とツボを押さえた恐怖描写は、今なお読者を戦慄させてやまない。とりわけ表題作のショッ
  キングな幕切れはトラウマ級。ヴィンテージ・ホラーの醍醐味が詰まった一冊である」

朝日新聞DIGITAL「好書好日」


9784336060655.jpg
ジョン・メトカーフ/横山茂雄・北川依子 訳
定価 2,808円(本体価格2,600円)
20世紀英国怪奇文学における幻の鬼才、知られざる異能の物語作家、
ジョン・メトカーフ。不安と恐怖と眩暈と狂気に彩られた怪異談・幽霊物
語・超自然小説の傑作を集成する本邦初の短篇集がついに登場!


2019/07/01

『内田あぐり──化身、あるいは残丘』が図書新聞7/6付で紹介されました。

図書新聞7/6付で『内田あぐり──化身、あるいは残丘』が紹介されました。

評者は日本美術史・刺青研究者の平井倫行氏。
「画家の制作全体を基底する過去と現在という時間、その等身大の人間性の本質に、内田作品
  の未来への展望と変遷の可能性を縒り合わせる、実にスリリングな試み」
「画面を包む鮮翠色の水の印象に溶け込んだ数多の人物デッサンは、有機的な流体のフォルム
  へと併合・誘引され、重層的空間構成のもと織りなされた具象と中小の狭間に化石・結晶化して
  いる」


9784336063601.jpg
武蔵野美術大学 美術館・図書館 編 
定価 3,780円(本体価格3,500円)
初期の濃密な具象作品から、空間全体を圧倒する近年の大型作品
に至る日本画、および70 年代から現在に至るドローイングまで、現
代日本画を代表する作家の代表的な画業を集大成した決定版画集。

ページトップへ