1. トップページ > 
  2. 最新ニュース一覧

最新ニュース一覧

RSS

ニュース・イベント情報一覧です。

2021/09/28

〈ネオノミコン〉シリーズ特集ページ開設

アメコミ界の金字塔『ウォッチメン』『フロム・ヘル』の著者にして、アメコミ史上最重要作家である
アラン・ムーアが、H・P・ラヴクラフトとクトゥルー神話作品の従来のイメージを鮮やかに刷新する
とに挑んだエポックメイキングな〈ネオノミコン〉シリーズ全4巻を刊行いたします。

特集ページでシリーズ内容と第1巻『ネオノミコン』のページ見本をご覧いただけます。
順次情報を追加予定ですので、是非チェックしてください。

〈ネオノミコン〉シリーズ特集ページ


9784336072689.jpg
『ネオノミコン』 ネオノミコンシリーズ 1
アラン・ムーア 作/ジェイセン・バロウズ 画/柳下毅一郎 訳
定価 3,080円(本体価格2,800円)
頻発する怪事件を解決すべくFBI捜査官メリルとゴードンはオカルト
ショップに向かうが......ラヴクラフトの内なる深淵に迫る暗黒神話。
2012年ブラム・ストーカー賞グラフィック・ノベル部門受賞作。

 

2021/09/27

〈スタニスワフ・レム・コレクション〉第Ⅱ期刊行開始記念書店フェア

人間と地球外存在との遭遇をテーマに世界のSFの新たな地平を切り拓いたポーランドの作家
スタニスワフ・レム。その生誕100年と〈スタニスワフ・レム・コレクション〉第Ⅱ期(全6巻+別巻1)
の刊行を記念し、、書店フェアを開催いたします。

ついに刊行となった第Ⅱ期第1巻『インヴィンシブル』はもちろん、第Ⅰ期の全6冊に加え、
ロングセラーの『虚数』『完全な真空』もラインナップ予定。
カラーリーフレットも店頭にて配布いたします。
是非、お近くの開催店舗へお運びください!


◆フェア開催店舗(フェア期間は店舗により異なります。各店へお問い合わせください)

紀伊國屋書店新宿本店
ブックファースト新宿店
ジュンク堂書店池袋本店
丸善丸の内本店
八重洲ブックセンター本店
有隣堂誠品生活日本橋
有隣堂ヨドバシAKIBA店
HMV&BOOKS SHIBUYA
オリオン書房ノルテ店
有隣堂横浜駅西口店
紀伊國屋書店横浜店
ジュンク堂書店旭川店
ジュンク堂書店秋田店
こまつ書店東根店
ジュンク堂書店郡山店
うさぎやTSUTAYA栃木城内店
ブックマンズアカデミー太田店
戸田書店高崎店
谷島屋浜松本店
丸善名古屋本店
ジュンク堂書店名古屋栄店
精文館書店本店
BOOKSなかだ掛尾本店
文苑堂書店福田本店
紀伊國屋書店富山店
丸善京都本店
大垣書店亀岡店
ジュンク堂書店三宮店
ジュンク堂書店広島駅前店


シリーズリーフレットをフェア書店店頭で配布!
〈スタニスワフ・レム・コレクション 第Ⅱ期〉表.jpg  
下記特集ページでダウンロードも可能です。

〈スタニスワフ・レム・コレクション〉第Ⅱ期 特集ページ



9784336071347.jpg
スタニスワフ・レム/関口時正 訳/沼野充義 解説
定価 2,420円(本体価格2,200円)
着陸後に消息を絶ったコンドル号捜索のため琴座の惑星レギスⅢに降り立った
インヴィンシブル号が発見したのは変わりはてた姿のコンドル号であった──
ファースト・コンタクト三部作の傑作の原典からの新訳。


2021/09/27

〈スタニスワフ・レム・コレクション〉&スタニスワフ・レム生誕100年第Ⅱ期刊行記念オリジナルTシャツ&トートバッグ発売決定!

人間と地球外存在との遭遇をテーマに世界のSFの新たな地平を切り拓いたポーランドの作家
スタニスワフ・レム。その生誕100年と〈スタニスワフ・レム・コレクション〉第Ⅱ期(全6巻+別巻1)
の刊行を記念して、国書刊行会オリジナルデザインのTシャツ&トートバッグを発売いたします。

国書刊行会オンラインショップで先行発売、一部フェア書店店頭でも取り扱い予定です。


9784336072856.jpg

定価:3300円(10%税込)

【Sサイズ】着丈66㎝、身幅49㎝、肩幅44㎝、袖丈19㎝
【Mサイズ】着丈70㎝、身幅52㎝、肩幅47㎝、袖丈20㎝
【Lサイズ】着丈74㎝、身幅55㎝、肩幅50㎝、袖丈22㎝

色:ホワイト
ロゴデザイン:The Estate of Stanislaw Lem 
デザイン:齋藤明(ALTR inc.)
素材:綿100%/ベトナム製


9784336072863.jpg

定価:3630円(10%税込)

色:ナチュラル
ロゴデザイン:The Estate of Stanislaw Lem 
デザイン:齋藤明(ALTR inc.)
サイズ:高さ35cm  横幅30cm  マチ10cm  肩紐の長さ50cm
内容量:約10L
素材:キャンバス地/中国製


詳細はこちらから↓
〈スタニスワフ・レム・コレクション〉第Ⅱ期 特集ページ




9784336071347.jpg
スタニスワフ・レム/関口時正 訳/沼野充義 解説
定価 2,420円(本体価格2,200円)
着陸後に消息を絶ったコンドル号捜索のため琴座の惑星レギスⅢに降り立った
インヴィンシブル号が発見したのは変わりはてた姿のコンドル号であった──
ファースト・コンタクト三部作の傑作の原典からの新訳。



2021/09/27

『塔本シスコ シスコ・パラダイス』が日本経済新聞9/25付で紹介されました。

日本経済新聞9/25付で『塔本シスコ シスコ・パラダイス』が紹介されました。
「シスコの絵も「素人のおばあちゃんの手習い」などと見なされた」
「世田谷美術館の池尻豪介主任学芸員は「作品は人、ということを改めて痛感した」と話す。
  先入観にとらわれず画家や作品に向き合うということだろう。当然と言えば当然。しかし、
  高齢、女性、独学といった言葉に人は惑わされがちだ」
「画家の生い立ち、団地の4畳半の自室での制作や日々の暮らしを語っており、その内容が
  とても興味深い」

日本経済新聞HP
素人の手習いじゃない! 「おばあちゃんの美術」再評価

展覧会公式HP


◎展覧会公式図録
9784336065704.jpg
塔本シスコ 画
定価 2,640円(本体価格2,400円)
ありのままに、自分らしく描きつづけた自由な世界。人生を丸ごと絵日記
のように描く日々。日常の暮らしと、身の回りのものにそそがれる創造の
エネルギー。心に宿る喜びや夢があふれ出す塔本シスコの世界。

2021/09/27

『マルペルチュイ』が朝日新聞9/22付で紹介されました。

朝日新聞9/22付夕刊で『マルペルチュイ』が紹介されました。

評者はアンソロジストの東雅夫氏。
「待ちに待った大著の登場」
「久し振りに「マルペルチュイ」を仔細に読み返し、新たなる発見と戦慄におののいた」
「レーの全盛期が、米国の怪奇作家ラヴクラフトと同時代であることは、極めて注目すべき
 事実であると思う」


9784336071422.jpg
ジャン・レー/ジョン・フランダース
岩本和子・井内千紗・白田由樹・原野葉子・松原冬二 訳
定価 5,060円(本体価格4,600円)
《ベルギー幻想派の最高峰》決定版作品集! 現代ゴシック・ファンタジー
の最高傑作『マルペルチュイ』+幻の初紹介短篇集2冊、枠物語的怪奇
譚集『恐怖の輪』&J・フランダース名義の幻想SF小説集『四次元』。

2021/09/24

『インディゴ』著者クレメンス・J・ゼッツ氏オンライン講演&ワークショップ開催〈9/25(土)〉

オーストリアの作家クレメンス・J・ゼッツ(1982年生)は、デジタル化された情報社会を生きる
人間の在りかた、認識の変容についてつねに深い考察を行い、新しい文学の形を次々と提案
しています。2019年ベルリン文学賞、2020年クライスト賞、2021年ビューヒナー賞とドイツ語
圏の主要な文学賞を総なめにしている話題の作家の個々の作品を手がかりに、ドイツ文学研
究者たちがアプローチの可能性を探り、作家自身も本テーマを俎上に載せて講演を行います。
(ゲーテ・インスティトゥートHPより)

◆日時:2021年9月25日(土) 15:30~
◆参加方法:オンライン
      ※ZOOMでの視聴となります。イベント詳細ページをご確認の上ご参加ください。
      ※事前申込不要、参加費無料。

イベント詳細ページ


【プログラム】 
第一部   日本語発表(ドイツ語要旨配布あり)
15:30 開会の言葉
15:45 犬飼 彩乃(東京都立大学 助教)
     クレメンス・J・ゼッツ『インディゴ』にみる世界の限界とフィクションの可能性
16:15 眞鍋 正紀(東海大学 准教授)
     『女とギターのあいだの時間』を《前後撞着》と《アレンジメント》のあいだから読む
17:00 福岡 麻子(東京都立大学 准教授)
     〈異〉なものを名づける ――クレメンス・J・ゼッツ『二人の兄弟 1988』における破局のディスクール
17:30 粂田 文(慶應義塾大学 准教授)
      "Till"と"Tyll"  ----語りの技術としての "バタフライ効果"
     クレメンス・J・ゼッツとダニエル・ケールマンによる『ティル・オイレンシュピーゲル』 の焼き直し
18:00 休憩

第二部   ドイツ語発表(同時通訳あり)
18:30 レオポルト・シュレンドルフ(東京都立大学 准教授)
     Mimetische Gewalt in Clemens J. Setz' „Till Eulenspiegel"-Adaption
     (クレメンス・J・ゼッツ『ティル・オイレンシュピーゲル』翻案における身振りの暴力)
19:00 クレメンス・J・ゼッツ (作家)
     トランスヒューマニズムについて(仮)
19:30 休憩
19:45 Q&A


9784336070890.jpg
クレメンス・J・ゼッツ/犬飼彩乃 訳
定価 3,520円(本体価格3,200円)
謎多き病、消息を絶つ子供たち......その謎を探ろうとして解雇された
数学教師は果たして犯罪に手を染めたのか? 15年後、かつての教え
子は真相を追いかけていく。神童ゼッツによる傑作長篇がついに邦訳!

2021/09/24

【9/26放送】NHK日曜美術館「横尾忠則 ART IS LIFE」放送予定。

9/26放送NHK日曜美術館で美術家横尾忠則氏を特集予定です。

60年代から世界を股にかけて活躍してきた横尾忠則。
「描くことに飽きた自分が何を描くのかに興味がある」と語る85歳の意欲は、今も衰えることがない。
突発性難聴でほどんど耳が聞こえないうえ、痛む手首のせいで筆先も震える。
それでも、もうろうとした筆遣いさえ生かし、新たな境地へと進むのが横尾忠則。
「人はどこから来て、どこへ向かうのか」。
壮大な問いに挑む横尾の新作誕生の現場を追いかける!

日曜美術館「横尾忠則 ART IS LIFE」(NHKEテレ1・東京)
日時:9月26日(日)午前9:00~午前9:45

番組公式ページ



9784336071019.jpg
横尾忠則 画
定価 7,920円(本体価格7,200円)
アート界のレジェンド、横尾忠則。天地万物をモティーフに、スタイルの変遷を繰り返し
ながら生み出された作品群を網羅した、横尾芸術の総決算ともいうべき決定版!

9784336071002.jpg
横尾忠則 画
定価 2,420円(本体価格2,200円)
横尾忠則の創造の軌跡を一冊に凝縮! 「作品による自伝」をテーマに、
横尾芸術の全貌を明らかにする展覧会「GENKYO横尾忠則」公式カタログ。

9784336061447.jpg
横尾忠則 画
定価 3,080円(本体価格2,800円)
「版画」から「HANGA」へ――1960年代の最初期の作品から最新作まで、横尾
忠則の全版画作品約260点を初めて集大成した必携の1冊!


9784336059765.jpg
横尾忠則 画/瀬戸内寂聴 原作
定価 4,180円(本体価格3,800円)
1974~75年にかけて新聞連載された瀬戸内晴美(寂聴)による時代小説「幻花」の
ために描かれた挿絵全371点を完全収録。横尾イラストレーションの総決算にして
グラフィック・ワークの最高傑作。

9784336058423.jpg
横尾忠則 画
定価 2,200円(本体価格2,000円)
《洞窟》と《神話》をモチーフとした、横尾芸術の深層を解き明かす作品約50点を
オールカラーで集成。


9784336056764.jpg
柴田錬三郎・横尾忠則 著
定価 24,200円(本体価格22,000円)
柴錬・横尾、奇蹟のコラボレーション......伝説的稀覯本、ついに復活! 
横尾忠則のグラフィック・ワークの最高傑作として名高い1975年刊行の
オールカラー豪華本を完全復刻。天下の風来坊、夜太の破天荒な冒険譚。

9784336055231.jpg
横尾忠則 画
定価 4,180円(本体価格3,800円)
横尾忠則の創作の源泉のひとつであるコラージュ作品。1972年から2012年
までに制作された、全作品約100点をオールカラーで集大成。ニューヨークで
開かれた個展にあわせ制作された最新作40点は本邦初紹介。

9784336052285.jpg
横尾忠則 作
定価 13,200円(本体価格12,000円)
高校2年時の作品から最新作まで、世界のグラフィック・シーン、そして
また世界のアート・シーンに新たな領野を切り拓いた、横尾忠則、半世
紀を越える、前人未到の足跡!全ポスター約900点を収録。


9784336051462.jpg
横尾忠則 写真
定価 4,180円(本体価格3,800円)
横尾芸術の近年来の重要なモチーフ「Y字路」を、23区から都下、島部
まで、東京をくまなく探訪し、写真というかたちで追い求めた――Y字路
発見を時代に刻印する、横尾忠則初にして、空前絶後の写真集!

9784336051219.jpg
横尾忠則 編
定価 16,500円(本体価格15,000円)
71年に制作されながら店頭に並ばなかった〈幻の書〉がリニューアル完全版
として甦る! 横尾忠則が編集した高倉健写真集の決定版。インタビュー・
年譜も収録。特製リーフレット付。


2021/09/22

『ピーター・シスの闇と夢』展開催〈9/23(木)~11/14(日)〉

チェコスロヴァキア(現 チェコ共和国)出身でアメリカを代表する絵本作家のピーター・シス(1949年生)は、
1987年からこれまで30作以上の絵本を生み出してきました。日本でも多くのシス作品が翻訳されており、
「絵本好き」の本棚にはシスの作品が1冊は収められていることでしょう。
1994年に発表され、日本では柴田元幸氏の翻訳によって2005年に出版された『三つの金の鍵 魔法のプ
ラハ』では、シスの少年時代の思い出やプラハの歴史を辿り、美しくも悲しみを帯びた古都が描き出されて
います。2007年には、日記に基づく自伝的絵本『かべ 鉄のカーテンのむこうに育って』を発表し、チェコ出
身の絵本作家として世界的な評価を確立します。ソ連下の故郷で表現の自由を制限された辛い経験や、
その中でも夢や希望を抱き続けていたことなどを描写した本作は、シスのアイデンティティーを想起させる
記念碑的な作品と言えるでしょう。そして2012年に、シスは国際アンデルセン賞画家賞を受賞します。
シスの創作活動の軌跡は、故郷チェコでその才能が開花した映像制作にはじまり、アメリカでの雑誌や新
聞、書籍へのイラストレーションの提供、そして絵本の創作へと連綿と続いています。途切れることのない
芸術活動への意欲は、幼い頃から抱き続けた自由に描くことや表現することへの喜びと情熱に裏打ちされ
ているのです。
本展は、日本ではじめて開催されるシスの展覧会です。代表作の絵本原画やシスの創作活動の原点であ
るアニメーション作品を中心に、オブジェや構想メモ、スケッチ、日記など様々な作品や資料を含んだ約150
点を通して、シスの芸術を俯瞰します。(練馬区立美術館HPより)


〈ピーター・シスの闇と夢〉
◆会期:2021年9月23日(木・祝)~11月14日(日)
      〒176-0021東京都練馬区貫井1-36-16
      TEL.03-3577-1821
◆開館時間:10時~18時 ※入館は17時30分まで
◆休館日:月曜日
◆観覧料:一般1,000円/高校・大学生および65~74歳800円/中学生以下および75歳以上無料

*巡回予定 伊丹市立美術館 2023年

展覧会詳細ページ


◎展覧会公式図録
9784336072665.PT01.jpg
ピーター・シス 画/柴田元幸 執筆・訳
定価 2,750円(本体価格2,500円)
共産党統治下のチェコスロヴァキアに生まれ、自由を求めてアメリカに
亡命した絵本作家、ピーター・シス。彼が人生をかけてつむいだ、繊細
で詩的な表現にあふれる作品の数々を紹介する日本初の画集。

2021/09/22

note更新〈【『死、欲望、人形――評伝ハンス・ベルメール』刊行記念 】本書「はじめに」試し読み〉

noteを更新いたしました。

『死、欲望、人形――評伝ハンス・ベルメール』の著者ピーター・ウェブによる序文を公開いたします。
ベルメール作品の出会い、そして貴重な晩年のベルメールにインタビューした際の模様が描かれて
います。さらに、担当編集による装幀解説と、本文の口絵カラー見開き4ページ分を掲載。
是非、ご覧ください。

note【『死、欲望、人形――評伝ハンス・ベルメール』刊行記念 】本書「はじめに」試し読み


9784336072252.jpg
ピーター・ウェブ、ロバート・ショート/相馬俊樹 訳
定価 4,950円(本体価格4,500円)
フェティッシュな少女人形――痙攣的な美!ブルトンとバタイユを魅了し、
澁澤龍彥と四谷シモンをとりこにした、イマージュの極北。快楽の彼方へ!
禁断のエロスとタナトスに捧げた一生涯、本邦初評伝。


2021/09/21

『ミュージアムグッズのチカラ』が各誌で紹介されました。

・FUDGE10月号
 「感動、驚き、発見......様々な余韻を抱きとめてくれるグッズの数々」
 「アカデミックな要素とデザインは融合したユニークなグッズが次々登場するうえ、開発秘話
    にまつわる熱いインタビューも見逃せない」

・ジョブキタ9/6号
 「大澤氏は北海道大学大学院在学中からミュージアムグッズ研究を始め、卒業後の現在も
  ミュージアムグッズを通じて博物館の魅力を伝える活動に励んでいます」
 「ミュージアムグッズ愛あふれる1冊で、全国の美術館・博物館巡り気分も味わって」


9784336071071.jpg
大澤夏美
定価 1,980円(本体価格1,800円)
ミュージアムグッズを、かわいいを楽しみたい、感動を持ち帰りたい、
マニアックを堪能したい、もっと深く学びたいの4つのテーマごとに
紹介した、ミュージアムグッズ愛溢れる一冊! 藤岡みなみさん推薦。



ページトップへ