1. トップページ > 
  2. 最新ニュース > 
  3. パブリシティ

パブリシティ

最新ニュース一覧

パブリシティ情報一覧です。

2018/10/15

『紋章と時間』が毎日新聞10/14付で紹介されました。

毎日新聞10/14付で『紋章と時間』が紹介されました。

評者は装幀家の菊地信義氏。
「罫で囲った装画と小ぶりな文字へ心引かれた」
「書物という紛れも無い「物」自体を告げるデザインの標本」

毎日新聞HP


9784336062499.jpg
『紋章と時間 諏訪哲史文学芸術論集』
諏訪哲史 著
定価 3,888円(本体価格3,600円)
小説とマイナー文学を論じ、澁澤、種村、ランボー、カフカ、
春樹、Q作、西脇、中也、シモン、あがた森魚、中島らもに
ついて語り尽くす。書下ろし「言語芸術論」と多和田葉子・
谷川渥との対談も収録。

2018/10/15

『天を相手にする』が読売新聞10/13付で紹介されました。

読売新聞10/13付で『天を相手にする』が紹介されました。

読売新聞特別編集委員の橋本五郎氏によるコラムの中でとりあげられています。
「その道のプロであるという強い自覚と誇り。心から敬愛する師を持つ幸せ。
 世界は違うが、『科挙』の著者として名高い東洋史学者宮崎市定にも見る
 ことができる」
「宮崎の魅力を余すところなく伝えている」


9784336062765.jpg
『天を相手にする 評伝 宮崎市定』
井上文則 著 
定価 3,888円(本体価格3,600円)
日本を代表する東洋史学者、宮崎市定。東洋史学研究の
巨人と呼ばれるとともに、研究者、一般読者を問わず未
だ江湖の読書人を惹きつけてやまぬその魅力を余すとこ
ろなく詳述する初の本格的評伝。


2018/10/12

『笠原和夫傑作選 仁義なき戦い──実録映画篇』が各誌で紹介されました。

・週刊文春10/18号
 評者は小説家の小林信彦氏。
 「代表作の多くが「笠原和夫傑作選 第二巻」という今度の美本にまとまり、読者にとっても嬉しい」
 「笠原氏の取材のすさまじさは、私も実感したことがあった。(中略)そうした時に感じるのは、鉛
   筆一本又は万年筆一本で世わたりしていくことの厳しさ」
 「「実録・共産党」のような、作られなかった作品は、改めて読む価値がある」

・本の雑誌11月号
 評者は作家の藤脇邦夫氏。 
 「脚本家の個人選集はかなり珍しいことで、現在これが可能なのは恐らく笠原氏だけであり、その
   理由は、内容を一覧すれば、自ずと理解できる」
 「創作の職人技術と熱情は現代にも通じる普遍性に満ちており、その作劇術を支える凄まじい構
   成力、考え抜かれた巧妙な台詞の数々は、今なお読者を圧倒する」
 「笠原氏の作品群は今こそ、いや何度でも読み返されなければならない。それが遂にこの傑作選
   で実現した」


9784336063106.jpg
笠原和夫
定価 5,400円(本体価格5,000円)
日本映画史に燦然と輝く名作群をのこした日本最大の脚本家笠原和夫、
初の選集。全3巻。第1回配本は『仁義なき戦い』ほか実録映画篇。
未映画化の『実録・共産党』『沖縄進撃作戦』も収録。

2018/10/08

『日本禅宗における追善供養の展開』が中外日報10/5付で紹介されました。

中外日報10/5付で『日本禅宗における追善供養の展開』が紹介されました。

評者は山形大学教授の松尾剛次氏。
「本書は、古代仏教から近代仏教まで長期にわたるスパンで死者供養研究に
  大きな三年を与える好著」
「思想の生きた場としての儀礼の一つである、曹洞禅の死者供養儀礼に肉薄
  する研究が上梓されたことは喜びにたえない」


9784336062284.jpg
徳野崇行 著
定価 12,960円(本体価格12,000円)
死者供養という観点から、清規を基礎史料として日本禅宗
における供養儀礼や実践の諸相を通史的に取り上げ、追善
供養という仏教的な営みを通じて日本における弔いの歴史
を再検討する。

2018/10/05

映画『グッバイ・クリストファー・ロビン』がFOXサーチライト映画祭投票で第1位獲得&記念上映決定!

『ブラック・スワン』や『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
『シェイプ・オブウォーター』など多くの良作を世に送り出し、多くの映画人が最も
勢いのある映画会社として名前を挙げるスタジオ、FOXサーチライト・ピクチャーズ。
そのFOXサーチライトが、FOXサーチライト映画祭〈もう一度スクリーンで観たい、
あなたのオンリーワン〉として、これまでの作品の中から全国5大都市ごとに一般投票
でベスト3を決め、1位となった作品を各都市で一日のみの限定公開をするというイベ
ントを開催。『グッバイ・クリストファー・ロビン』を原作とした同名映画は、5大都
市のうち、東京、名古屋で見事第1位を獲得、記念上映が決定いたしました。

[東京]
 上映作品:『グッバイ・クリストファー・ロビン』
 会場:ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場
    〒135-0091 東京都港区台場1-7-1 アクアシティお台場 内 
 日時:11月29日(木) 18:30開場(18:45開映)

[名古屋]
 上映作品:『グッバイ・クリストファー・ロビン』
 会場:ミッドランドスクエア シネマ
    〒450-6205 名古屋市中村区名駅四丁目7番1号 ミッドランドスクエア5階   
 日時:10月25日(木) 18:30開場(18:45開映)


本作品は日本未公開のため、今回は日本で鑑賞する滅多にない機会となります。
是非、お近くの方は要予約の上、劇場までお運びください!

FOXサーチライト映画祭 公式ページ
https://movie.walkerplus.com/special/foxsearchlight/



9784336062604.jpg『グッバイ・クリストファー・ロビン
 『クマのプーさん』の知られざる真実』

アン・スウェイト/山内玲子・田中美保子 訳 
定価 2,916円(本体価格2,700円)
プーやその仲間の無邪気な世界とあまりに対照的な影と真実。
それを知ることで、プーやロビンの魔法の森の安らぎと輝きは
増し、いっそう愛おしくなる。人間の幸福の真実を映し出す名
著、待望の翻訳! 

2018/10/02

『グッバイ・クリストファー・ロビン』が読売新聞9/30付で紹介されました。

読売新聞9/30付で『グッバイ・クリストファー・ロビン』が紹介されました。

評者は作家の宮部みゆき氏。
「ミルンの伝記の決定版として名高い本書」
「子供時代に初めて『クマのプーさん』を読んだとき、可愛くて楽しいこのお話に、
 かすかなもの悲しさを憶えたことを懐かしく思い起こしてしまった

YOMURI ONLINE


9784336062604.jpg
 『クマのプーさん』の知られざる真実』
アン・スウェイト/山内玲子・田中美保子 訳 
定価 2,916円(本体価格2,700円)
プーやその仲間の無邪気な世界とあまりに対照的な影と真実。
それを知ることで、プーやロビンの魔法の森の安らぎと輝きは
増し、いっそう愛おしくなる。人間の幸福の真実を映し出す名
著、待望の翻訳! 


2018/10/02

『天を相手にする』が日経新聞9/29付で紹介されました。

日経新聞9/29付で『天を相手にする』が紹介されました。

評者は京都府立大学教授の岡本隆司氏。
「本書の刊行は亡き宮崎の夢見た「世界史の体系」構築が、少しずつ実現に近づいてきた
   ような感も覚える」
「一流の研究・膨大な著述を残せた生涯は、掛け値なしにすばらしい。本書はそんな宮崎
 の作品を周到に調べ上げている」
「ふつうこの種の評伝につかない註釈も「宮崎市定ブックガイド」のような役割を果たし
 ており、評者もふくむファンには、うれしい一冊」

日本経済新聞HP


9784336062765.jpg
『天を相手にする 評伝 宮崎市定』
井上文則 著 
定価 3,888円(本体価格3,600円)
日本を代表する東洋史学者、宮崎市定。東洋史学研究の巨人と
呼ばれるとともに、研究者、一般読者を問わず未だ江湖の読書
人を惹きつけてやまぬその魅力を余すところなく詳述する初の
本格的評伝。


2018/10/01

『愛の日本史』が図書新聞10/6号で紹介されました。

図書新聞10/6号で『愛の日本史』が紹介されました。

評者は批評家の志賀信夫氏。
「九十九の物語が紹介されるのだが、そのいずれについても、ティテールと面白いポイ
  ントが巧みに描かれる。そして古典から時には現代までの物語との対照がなされ、日
  本のさまざまな愛の物語によって、まさに「眼を開かれる」体験をするのだ」
「ジアールの文章は実に魅力的だ。(中略)エロティシズムも交えて実に多様に、面白く、
  しかも精緻に論じられる」
「訳した谷川渥という日本有数の美学者が、実に優れた翻訳者であることも、改めて感
  じさせる」


9784336062703.jpg
アニエス・ジアール/谷川渥 訳 
定価 4,968円(本体価格4,600円)
フランス人日本研究家の第一人者が、古代から現代にわたる
歴史・伝説・文学を縦横自在に渉猟し、日本における「愛」を探る。
フランス本国で大きな話題を呼んだ斬新な日本文化論の待望の
邦訳。 


2018/09/18

『大乗非仏説をこえて』が中外日報9/7付で紹介されました。

中外日報9/7付で『大乗非仏説をこえて』が紹介されました。

「日本の仏教各宗派が避けては通れない「大乗非仏説論」に真正面から向き合い、
  膨大な仏典などの資料を引用して論じきった、現時点で「最も論理的な回答」(佐々木閑・花園大学教授)
  が 同書だ」  
「「体験的大乗仏説論」を提唱する画期的一冊」


9784336062697.jpg
大竹晋 著
定価 2,376円(本体価格2,200円)
それは、仏教が仏教をこえるためにある! 的確な論証で原始仏教・
部派仏教とは異なる大乗仏教の存在意義を明快に説き、日本人のエー
トスを形づくる大乗仏教の使命を高らかに宣言する、斬新な大乗論!

2018/09/14

『英国怪談珠玉集』が小説推理10月号で紹介されました。

小説推理10月号で『英国怪談珠玉集』が紹介されました。

評者はアンソロジストの東雅夫氏。
「静かな気魄が伝わる好著・好企画」
「装釘の美事さに思わず歎声」
「英国怪談方面の訳業の集大成」


9784336062802.jpg
南條竹則 編訳 
定価 7,344円(本体価格6,800円)
英国怪談の第一人者が半世紀に近い歳月を掛けて選び抜いた、イギ
リス怪奇幻想恐怖小説の決定版精華集。26人におよぶ作家の作品32
編を一堂に集める。訳し下しや単行本未収録作も多数収録。 


ページトップへ