1. トップページ > 
  2. 近刊情報

近刊情報

今後発売予定の本です。 タイトル、予価、発売予定日は変更になることがあります。


ジャングル大帝

発売日 2016/09

ジャングル大帝

手塚治虫

手塚治虫カラー作品選集

定価 10,800円(本体価格10,000円)

ISBN 978-4-336-06078-5 / Cコード 0979

手塚治虫カラー作品を復刻する決定版選集刊行開始! 不朽の名作『ジャングル大帝』、幻のカラー版がついに完全復刻。 その他、オールカラーがメインの学年誌漫画(「ぼんご」「ぽっかち」「リンリンちゃん」)を収録。

書籍詳細を見る

予約受付中

※近刊・予約受付中

30日速修 ネイティブ・レベルの語彙習得への道 接頭辞・接尾辞・連結形の短期集中講座

発売日 2016/09/08

30日速修 ネイティブ・レベルの語彙習得への道 接頭辞・接尾辞・連結形の短期集中講座

五十嵐博

定価 1,620円(本体価格1,500円)

ISBN 978-4-336-06094-5 / Cコード 2082

英検1級・準1級、TOEIC、TOEFL受験対応。接辞・連結形のポイント学習+練習問題で語彙力アップ! 上級者必携、英語学習のステップアップのための決定版テキスト。ABC順単語索引付き。

書籍詳細を見る

予約受付中

※近刊・予約受付中

聖の大地

発売日 2016/09

聖の大地

旅するオットー

前田毅

定価 5,184円(本体価格4,800円)

ISBN 978-4-336-05998-7 / Cコード 1014

『聖なるもの』の著者R・オットーの関心は宗教の生きた現実にあった! 非公開資料「オットー・アルヒーフ」を駆使し、彼の旅の記録から「聖」の裸像を読み解く、本国ドイツでも成し遂げられていないオットー研究の新地平。

書籍詳細を見る

予約受付中

※近刊・予約受付中

現代文 大笑小笑

発売日 2016/09

現代文 大笑小笑

説教譬喩集

黒瀬知圓
府越義博 編訳

予価 5,184円(本体価格4,800円)

ISBN 978-4-336-06047-1 / Cコード 0015

笑いのなかに仏法あり! 全編が信心喚起の話で貫かれ、笑いのなかにも心に残る狂歌、川柳、都々逸などを豊富に収録。破顔微笑の譬喩を満載した通仏教法話集。譬喩話を項目別に分類した「譬喩索引」付き。

書籍詳細を見る

予約受付中

※近刊・予約受付中

狂気の巡礼

発売日 2016/09

狂気の巡礼

ステファン・グラビンスキ
芝田文乃

定価 2,916円(本体価格2,700円)

ISBN 978-4-336-06074-7 / Cコード 0097

日常に侵された脳髄を搔きくすぐる、名状しがたい幻視と惑乱。冥境から降り来たる歪形の奇想。ありふれた想像を凌駕する超越的感覚と神経症的筆致で描く14の短篇。類なき怪奇幻想小説、待望の邦訳。

書籍詳細を見る

予約受付中

※近刊・予約受付中

昭和戦前期怪異妖怪記事資料集成 中巻

発売日 2016/09/23

昭和戦前期怪異妖怪記事資料集成 中巻

湯本豪一

定価 54,000円(本体価格50,000円)

ISBN 978-4-336-06005-1 / Cコード 0039

明治期、大正期に続く、怪異妖怪記事シリーズ3部作がついに完結。太平洋戦争終結までの昭和20年間の怪異記事4600件を集大成。妖怪学をはじめ、民俗学、歴史学、文学研究の第一級史料。必備の大著。「昭和戦前期」は上・中・下の全3冊で、下巻には明治期~大正期~昭和戦前期の、シリーズ全6巻にわたる便利な索引付き。

書籍詳細を見る

予約受付中

※近刊・予約受付中

ホームズ、ニッポンへ行く

発売日 2016/09/25

ホームズ、ニッポンへ行く

ホームズ万国博覧会 インド篇

ヴァスデーヴ・ムルティ
寺井杏里

定価 2,592円(本体価格2,400円)

ISBN 978-4-336-06077-8 / Cコード 0097

死んだはずのホームズから手紙を受け取ったワトスンは、船で日本に向かう。航海中に起きる事件、暗躍する「ヤクザ」、迫るモリアーティ教授の魔の手! 舞台はインド、そして日本へ。ホームズとワトスンは世界を救えるか!?

書籍詳細を見る

予約受付中

※近刊・予約受付中

三吉慎蔵日記 全二巻

発売日 2016/09/25

三吉慎蔵日記 全二巻

三吉治敬 監修
古城春樹中曽根孝一

定価 41,040円(本体価格38,000円)

ISBN 978-4-336-06040-2 / Cコード 0021

幕末から明治にかけて活躍、坂本龍馬と共に襲撃された寺田屋事件で名高い三吉慎蔵の日記全冊約65年分を完全翻刻。司馬遼太郎が『竜馬がゆく』で寺田屋事件を執筆するにあたり典拠とした「日記抄録 係坂本龍馬之件」も収録。

書籍詳細を見る

※近刊

ページトップへ