1. トップページ > 
  2. 最新ニュース一覧

最新ニュース一覧

RSS

ニュース・イベント情報一覧です。

2018/11/12

『探偵小説の黄金時代』が読売新聞11/11付で紹介されました。

読売新聞11/11付で『探偵小説の黄金時代』が紹介されました。

評者は出版社「荒蝦夷」代表の土方正志氏。
「傑作名作が枚挙に暇がないほど続々刊行され、豪華絢爛に咲き誇ったこの英国黄金時代、
  ミステリ・ファンなら現場に居合わせたかったと一度は夢見たことがあるはずだ。(中略)本書
  はその夢をかなえてくれる文芸ノンフィクションの大作」
「ジャンルを切り拓いた若き巨匠たちの青春物語の趣もある」
「現在のミステリの隆盛に話題が繋がる最終章まで、読みごたえ満点」
「興味はあるけれど海外ミステリになかなか手が出ない、そんなあなたには格好のガイドブック」


9784336063007.jpg
マーティン・エドワーズ/森英俊・白須清美 訳 
定価 4,968円(本体価格4,600円)
セイヤーズ、バークリー、クリスティーらが結成した〈ディテクション・
クラブ〉の歴史を通して、英国探偵小説黄金時代の作家群像を生き
生きと描き、MWA賞に輝いた話題作。図版多数。


2018/11/12

『雷鳴と稲妻』が毎日新聞11/11付で紹介されました。

毎日新聞11/11付で『雷鳴と稲妻』が紹介されました。

評者はサイエンスライターの内田麻理香氏。
「美術書でもあり、ルポルタージュでもあり、科学書でも歴史書でもある」
「著者の絵はどことなく不穏で、見る者を落ち着かない気分にさせる。この気分は、まさ
  に我々が気象に対して感じる畏怖、敬愛、美がない交ぜになった感情に相当する」
「本書は、ただただ美しい絵物語として魅了する。それと同時に、気象に対する脅威、
  不安、葛藤など、さまざまな感情が生まれてくるだろう。そして、人間が気象とどう関
  わるべきかという難問を投げかける」

毎日新聞


9784336062901.jpg
ローレン・レドニス/徳永里砂 訳 
定価 9,504円(本体価格8,800円)
PEN/E・O・ウィルソン科学文芸賞受賞作! 異常気象が
日常化する現代。アメリカの新進気鋭作家が気象と人々
のさまざまな関わりを、独創的なアートとルポルタージュ
で紡いだ渾身の作。 

2018/11/09

第57回豊﨑由美アワー「読んでいいとも!ガイブンの輪」年末特別企画 〈12/16(日)〉

第57回豊﨑由美アワー「読んでいいとも!ガイブンの輪」年末特別企画 
オレたち外文リーガーの自信の1球と来年の隠し球 vol.7

おなじみ豊﨑由美さんが「笑っていいとも」の「テレフォンショッキング」方式でゲストをお招きし、素敵な
本屋さんを転々として海外文学について語り合う流浪の番組、ではなくトークショー「読んでいいとも!
ガイブンの輪」通称「よんとも」。
 年末恒例の特別編を、今年は青山ブックセンター本店で開催します。豊﨑さん好みのユニークな海外
文学を刊行している出版社(新潮社、クオン、集英社、国書刊行会、白水社、河出書房新社、早川書房)
の編集者と藤原編集室さんの8人が登場。「オレたち外文リーガーの自信の1球と来年の隠し球」と題し
て、豊﨑さんの司会進行のもと、各社今年のイチオシ本と来年のラインナップについて熱く語ります。

◆日時:2018年12月16日 (日) 
    17:30~20:30(開場 17:00~)
    〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67
    コスモス青山ガーデンフロア (B2F)
    ・表参道駅B2出口 徒歩7分
    ・渋谷駅 (東口 / 宮益坂側) 徒歩13分
◆料金:540円(税込)
◆定員:110名

[申込方法]
 ・店頭受付

イベント詳細ページ


豊﨑由美(とよざき ゆみ)
ライター、書評家。「GINZA」「TVBros.」「週刊新潮」などで書評を多数掲載。主な著書に『勝てる読書』
(河出書房新社)、『ニッポンの書評』(光文社新書)、『ガタスタ屋の矜持 場外乱闘篇』(本の雑誌社)、
『文学賞メッタ斬り!』シリーズ&『村上春樹「騎士団長殺し」メッタ斬り!』(大森望氏との共著、河出書
房新社)、『石原慎太郎を読んでみた 入門版』(栗原裕一郎氏との共著、中公文庫)、『まるでダメ男じゃ
ん!「トホホ男子」で読む、百年ちょっとの名作23選』(筑摩書房)などがある。
Twitterアカウントは@toyozakishatyou

2018/11/09

『グッバイ・クリストファー・ロビン』刊行記念 山内玲子さん×田中美保子さんトーク&サイン会〈12/16(日)〉

出版されてから90年以上。今なお世界中で愛されている『クマのプーさん』。成功したユーモア作家・劇作家で
あったミルンが気楽に書いた4冊の子ども向けの本が爆発的な成功をおさめ、人気が一人歩きしてしまったた
めに、劇作家ミルンは不本意にも忘れられていきます。一方、物語のなかのクリスファー・ロビンのモデルにさ
れた実の息子も、理想化され、有名になり過ぎたことで、苦悩します。その結果、父と子の間には、多くの葛藤
と軋轢が生まれました。しかし、やがて...。
 『クマのプーさん』をめぐる知られざる真実を、待望のイギリスの名著を邦訳した二人が自由に語り合います。


◆日時:2018年12月16日 (日) 14:00~15:30(開場13:30) 
    〒104-8456東京都中央区八重洲2-5-1
    東京メトロ銀座線京橋駅 7番出口(明治屋出口)   
◆参加費:500円(税込) ※当日会場入り口でお支払いください。  
◆募集人員:80名(お申し込み先着順)  ※定員になり次第、締め切らせていただきます。 
[申込方法]1階カウンターにて、ご参加希望の方に参加券をお渡しします。
      (参加整理券1枚につきお1人のご入場とさせていただきます。)
      また、お電話によるお申込みも承ります。(電話番号:03-3281-8201)
      お電話でお申し込みの方は、当日会場入口で参加費をお支払いいただく際に、
      参加券をお渡しいたします。
      
☆会場で『グッバイ・クリストファー・ロビン』を販売いたします。ご希望の方にはサインも入ります。

イベント詳細ページ
 


9784336062604.jpg
アン・スウェイト/山内玲子・田中美保子 訳 
定価 2,916円(本体価格2,700円)
プーやその仲間の無邪気な世界とあまりに対照的な影と真実。
それを知ることで、プーやロビンの魔法の森の安らぎと輝きは
増し、いっそう愛おしくなる。人間の幸福の真実を映し出す名
著、待望の翻訳!


2018/11/08

『笠原和夫傑作選 仁義なき戦い 実録映画篇』が各誌で紹介されました。


『笠原和夫傑作選 仁義なき戦い 実録映画篇』が各誌で紹介されました。

・週刊新潮11/8号
 評者は上智大学教授の碓井広義氏。
 「脚本を読んでもスクリーンの熱気が伝わってくる。いや、逆だ。脚本に込めた
   笠原の気迫が熱い作品を生んだのだ」
 「テンポのいい場面展開。人物たちの動きがよくわかる簡潔な「ト書き」。そして
   強い印象を残した名セリフがそこにある」

・週刊朝日11/16号
 「日本最大の脚本家・笠原和夫の異形を全三巻の選集で刊行」
 「東映実録やくざ路線を一挙収録」


9784336063106.jpg
笠原和夫 著 
定価 5,400円(本体価格5,000円)
日本映画史に燦然と輝く名作群をのこした日本最大の脚本家
笠原和夫、初の選集。全3巻。第1回配本は『仁義なき戦い』
ほか実録映画篇。未映画化の『実録・共産党』『沖縄進撃作戦』も収録。 


2018/11/07

『夢のウラド』が図書新聞11/10付で紹介されました。

図書新聞11/10付で『夢のウラド』が紹介されました。

評者は文芸評論家、ゲームデザイナーの岡和田晃氏。
 「画期的なのは、右記のような日本におけるマクラウドの受容史をサーヴェイした広範な
   視座にて編まれ、また訳されたものと読める点」
 「作品選定は後半に収められたウィリアム・シャープ作品との対比が意識されているのかも
   しれない。(中略)両者をセットで邦訳し、とりわけ名のみ高かったシャープの中篇
 「ジプシーのキリスト」の全訳が出たのは意義深い」
 「シャープ名義の作品は、あくまでも近代知的な19世紀小説のリアリズムを土台に書かれ、
   語りやモチーフ、あるいは幻想性の生成にしても、多くはマクラウドと中心を挟んで正反
   対に見える」


9784336062468.jpg
フィオナ・マクラウド/ウィリアム・シャープ
中野善夫 訳 
定価 4,968円(本体価格4,600円)
死後に同一人物と明かされた作家、F・マクラウドとW・シャープ。
尾崎翠が思慕し三島由紀夫が讃美した、伝説の作家の作品を初めて
ひとつに集成する。いま百年の時を経て甦るスコットランドの幻想小説集。

2018/11/01

〈国書刊行会 御朱印帳〉の予約を開始いたしました。

〈国書刊行会 御朱印帳〉の予約を開始いたしました。
詳細は特集ページ、または各書誌ページをご覧ください。

〈国書刊行会 御朱印帳〉特集ページ





2018/10/30

社員募集のお知らせ

小社では、この度若干名の社員募集をすることになりました。
ご希望の方は詳細をご覧の上、要領に従ってご応募下さい。


2018/10/29

『グッバイ・クリストファー・ロビン』が東京・中日新聞10/28付で紹介されました。

東京・中日新聞10/28付で『グッバイ・クリストファー・ロビン』が介されました。

評者は聖心女子大学教授の安達まみ氏。
「四冊のクマのプーさんものを創作した頃を中心に、ミルンと周辺の喜怒哀楽詳しく描く。
  (中略)プーの名前の由来。挿絵画家シェパードとの協働。興味深い情報がめじろ押しだ」
「随所に鏤められたミルン論が本書の特長だろう。著者はミルンの言葉への感受性に着目
 し、最初の詩集は、味わいや歯応えのある表現に聞き慣れぬ言葉を少し交えた語彙が、
 幼児に理解できて大人も飽きさせないと指摘する」
「劇作家としての成功を願ったミルンに名声の歓(よろこ)びと痛みは望まぬ形でやって
 きた。それでも晩年にはプーと和解したのかもしれない。そう本書は示唆する。丁寧な
 訳注も日本の読者にはありがたい」

東京新聞 TOKYOWeb


9784336062604.jpg『グッバイ・クリストファー・ロビン
 『クマのプーさん』の知られざる真実』

アン・スウェイト/山内玲子・田中美保子 訳
定価 2,916円(本体価格2,700円)
プーやその仲間の無邪気な世界とあまりに対照的な影と真実。
それを知ることで、プーやロビンの魔法の森の安らぎと輝きは
増し、いっそう愛おしくなる。人間の幸福の真実を映し出す名
著、待望の翻訳!

2018/10/24

〈ウッドハウス・コレクション〉特集ページ開設

話題沸騰! 〈ウッドハウス・コレクション〉の特集ページをアップいたしました。


「ジーヴス」とは何者か、どんな人々に愛読されてきたのかをまとめました。
随時情報を追加していきますので、
ジーヴス入門にはもちろん、ジーヴスマニアの方も是非ご覧ください。

〈ウッドハウス・コレクション〉特集ページ

記念すべき第1巻『比類なきジーヴス』の冒頭の立ち読みもご覧いただけます。

ページトップへ