1. トップページ > 
  2. 最新ニュース一覧

最新ニュース一覧

RSS

ニュース・イベント情報一覧です。

2017/11/20

※受付終了&DM送付状況お知らせ 『ワルプルギスの夜』刊行記念 豆本プレゼントキャンペーン

『ワルプルギスの夜 マイリンク幻想小説集』刊行記念
Twitterで特製豆本プレゼントキャンペーン

※たくさんのご応募、誠にありがとうございました。
 現在、当選者の方にDMをお送りしておりますが、Twitterの仕様上同一文の一斉送信に制限があり、
 少々時間がかかっております。
 恐れ入りますが、いましばらくお待ち下さいますようお願いいたします。
 (応募は11/16で締め切らせていただいております。)


『ワルプルギスの夜』の刊行を記念して、
訳者・垂野創一郎さんによる豆本(マイリンク未訳短篇一篇収録)を、
100名様にプレゼントいたします。
ご希望の方は、『ワルプルギスの夜』収録の「前期短篇」および「後期短篇」の8作の中から
一番気に入った短篇を1作選び、手持ちの『ワルプルギスの夜』の写真とともに、
twitter上でハッシュタグ「#マイリンク」をつけてツイートしてください。

応募期間:
2017年10月17日(火)0:00~
11月16日(木)23:59

※締め切り後、ご当選者さまには、ダイレクトメッセージで発送に関するご案内をいたします。
弊社ツイッターアカウントのフォローをお願いいたします。


978336062079.jpg
グスタフ・マイリンク/垂野創一郎 訳
定価 4,968円(本体価格4,600円)
マイリンクは幻想文学の巧みなテロリストである。(J・L・ボルヘス)
 全15編が本邦初訳、ドイツ幻想小説派の最高峰マイリンクの1巻本作品集成。
『白いドミニコ僧』『ワルプルギスの夜』の2長篇小説のほか、短篇8編と
エッセイ5編を収録。山尾悠子推薦。

2017/11/20

〈スタニスワフ・レム・コレクション〉が図書新聞11/25付で紹介されました。

図書新聞11/25付で〈スタニスワフ・レム・コレクション〉が紹介されました。

東京大学教授で本シリーズの訳者でもある沼野充義氏と、慶応大学教授の巽孝之氏の
対談という形で掲載されています。

今週の図書新聞



Lem_1.jpg
SFのみならず、現代文学のあり方を模索しながら
数々の傑作を世に問うてきた作家の代表作を集成
し、その全貌に迫るファン待望の作品集。
http://www.kokusho.co.jp/np/result.html?ser_id=164


2017/11/20

『縄文人はなぜ死者を穴に埋めたのか』が週刊読書人11/17付で紹介されました。

週刊読書人11/17付で『縄文人はなぜ死者を穴に埋めたのか』が紹介されました。

評者は国立歴史民俗博物館教授の関沢まゆみ氏。
「著者は「もののかたちを決める心のメカニズム」に注目」
「考古学はもちろん、宗教学や人類学、民俗学など隣接分野の関連する見解も多く参照しており、
  それが本書の特徴ともなっている」
「考古学の物と心の関係論への挑戦という文脈で、本書を興味深く読んだ」

週刊読書人ウェブ


9784336061959.jpg
大島直行 著 
定価 2,376円(本体価格2,200円)
あまたの文献を渉猟・博捜して、縄文人の死や生に対する考え方、墓をつくって
死者を葬ろうとした彼らの心、《再生シンボリズム》とその中核をなす《子宮》
の意味に迫る、縄文解釈のドキュメンタリー。


2017/11/14

『英語版 絵本 化鳥』訳者のピーター・バナード氏の記事が北陸中日新聞11/11付で掲載されました。

北陸中日新聞11/11付で『英語版 絵本 化鳥』訳者のピーター・バナード氏の記事が掲載されました。

「鏡花作品の英訳は、高野聖などがあるが、化鳥は初めて。バナードさんは「鏡花は、世界に誇れる
  独創的な幻想文学。世界に発信できれば」と話す」
「日本語を流ちょうに操るバナードさんだが、化鳥の英訳では雰囲気を出すのに苦労したという。
  「翻訳中、文章が非常に豪華で、言葉が豊かだと感じた。鏡花らしい文章と主人公・廉の子どもっ
  ぽい言葉のズレがまたいい」」

CHUNICHI WEB


9784336062086.jpg
泉鏡花/中川学 画/ピーター・バナード 訳 
定価 2,160円(本体価格2,000円)
50頁におよぶオールカラーの絵で文豪・泉鏡花の世界を完全絵本化し、
ロングセラーをつづける書籍の英語版。子供から大人までが楽しめる
不思議な絵物語の世界。


2017/11/13

『寺山修司論』が「日本近代文学」第97集で紹介されました。

「日本近代文学」第97集で『寺山修司論』が紹介されました。

評者は日本文学研究者の小菅麻起子氏。
「考察過程において、内外の芸術作品との影響関係が様々言及されるが、アートの現場(劇場・美術館・
  映画館等)長年通いつめた、著者の広い視野に支えられた研究」
「〈寺山修司〉を研究の場に引き揚げんとする書」
「貴重な資料が満載されたデータベース」


9784336061355.jpg
守安敏久 著 
定価 5,832円(本体価格5,400円)
ラジオ、テレビ、映画、演劇――自在にメディアを横断する寺山修司作品のうちに、
誇張・過剰・不規則の「バロック常数」を見出しながら、作品創造の秘儀を解読する
画期的集大成! 著者による寺山へのインタビューも収録。図版多数。 


2017/11/10

レム原作短編映画(日本初公開)上映&パネルディスカッションイベント〈11/25(土)〉

〈ポーランドの作家スタニスワフ・レムをめぐって
──レム原作・ワイダ監督の短編映画(日本初公開)上映&パネルディスカッション──〉

ヨーロッパ文芸フェスティバル(eulitfest.jp)企画の一つとして開催するイベント「ポーラドのSF小説家
スタニスワフ・レムをめぐって」。SF小説家として国際的に知られ、その代表的長編『ソラリス』は世界
の50カ国語以上に翻訳、ソ連のタルコフスキー監督やアメリカのソダーバーグ監督によって映画化も
されたスタニスワフ・レム。
 今回は、円城塔さん、巽孝之さん、沼野充義さんのお三方をパネリストとしてお呼びしレムの作品
といつ出会い、どのように読んできたのか、またレムが現代の世界文学にとって持つ重要な先駆的
意味とは何なのか、レムはSF小説家だったのか、それとも未来学者か、あるいは哲学者なのか?
こういった話題について、それぞれの立場からトークして頂きます。
 当日は本邦初公開、スタニスワフ・レム原作、アンジェイ・ワイダ監督製作の短編映画『寄せ集め』
も上映予定です。

◆会期:2017年11月25日(土)
◆定員:70名
◆時間:19:00~21:00 
    〒150-0033 渋谷区猿楽町17-5
    TEL.03-3770-2525   
[主催]代官山 蔦屋書店
[協力]ポーランド広報文化センター・駐日欧州連合(EU)代表部
問い合わせ先:TEL.03-3770-2525
 
◆参加条件:参加無料、要予約
◆お申込み方法:・店頭 (1号館1階人文フロア)
        ・お電話 03-3770-2525(1号館1階人文フロア)
 *イベント会場はイベント開始の15分前から入場可能です。
 *当日の座席は、先着順でお座りいただきます。
 *参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。
 *止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。

イベント詳細ページ


 【プロフィール】
円城 塔 (Toh EnJoe)
小説家。東京大学総合文化研究科博士課程修了。2007年、長編『Self-Reference ENGINE』(早川書房)で
作家デビュー。2012年、「道化師の蝶」で芥川龍之介賞受賞。『屍者の帝国』(伊藤計劃との共著)で日本SF
大賞特別賞、星雲賞日本長編部門受賞。2017年、「文字渦」で第43回川端康成文学賞受賞。SF的手法、
数理科学の知識、メタフィクション的意匠などを駆使して現代小説の可能性を切り拓く前衛として、国際的に
も注目されている。その他の代表的著作に『オブ・ザ・ベースボール』『烏有此譚』『これはペンです』『エピロー
グ』『プロローグ』など。

巽 孝之 (Takayuki Tatsumi)
英米文学研究者・SF批評家。コーネル大学博士課程修了。慶應義塾大学教授。現代批評理論に依拠してア
メリカ文学史に新たな光を当てる四部作『ニュー・アメリカニズム』『アメリカン・ソドム』『リンカーンの世紀』『モ
ダニズムの惑星』の他、『現代SFのレトリック』『メタフィクションの思想』『ジャパノイド宣言――現代日本SFを
読むために』など、SFや最先端の現代小説を論じた著作も多数。『日本SF論争史』で日本SF大賞受賞。
Full Metal Apache: Transactions between Cyberpunk Japan and Avant-Pop America (Duke UP, 2006)など、
英文の著作も多い。

沼野 充義 (Mitsuyoshi Numano)
ポーランド・ロシア文学研究者、文芸批評家。元ワルシャワ大学講師、現東京大学教授。ハーヴァード大学大学
院で、ポーランドの詩人バランチャクに師事。主な著書に『夢に見られて』、『亡命文学論』(サントリー学芸賞)、
『ユートピア文学論』(読売文学賞)、『世界文学から/世界文学へ』、編著書『世界は文学でできている』(全5巻)など。
ポーランド語からの翻訳に、レム『ソラリス』『金星応答なし』『完全な真空』、シンボルスカ『終わりと始まり』、コワコ
フスキ『ライロニア国物語』などがある。


★レムの作品★
SFのみならず、現代文学のあり方を模索しながら数々の傑作を世に問うてきたレム
の代表作を集成し、その全貌に迫るファン待望の作品集。

スタニスワフ・レム/沼野充義・工藤幸雄・長谷見一雄 訳 
定価 2,160円(本体価格2,000円)
誇大妄想的宇宙論からヌーヴォーロマンのパロディ評まで、16冊の架空の書物を
論じたペダンティックな仕掛けに満ちた書評集。「ポスト・ボルヘス的書物」とカート・
ヴォネガットの絶讃を浴びた異色の作品集。

スタニスワフ・レム/長谷見一雄・沼野充義・西成彦 訳 
定価 2,592円(本体価格2,400円)
ビット文学の歴史、未来言語による百科事典、細菌の未来学、コンピュータGOLEM
の講義録など、〈実在しない書物〉の序文を収録。フィクションの新たな可能性を切り
開いたレムが到達した文学の極北。


2017/11/09

『風のよりどころ』の長田真作氏 原画展開催決定!

2016年デビュー以来、破竹の勢いで活躍する絵本作家・長田真作。
軽々とジャンルを横断する長田のクリエイターとしての魅力を存分に伝える原画展。

長田真作は、2016年に3冊の絵本を刊行してデビュー。2017年にも現代企画室より「カオス オペラ」
シリーズ三部作を刊行するほか、国書刊行会、方丈社、PHP研究所など各社から作品を刊行するなど、
破竹の勢いで活躍している絵本作家です。そのPOPな画風と独得の疾走感がある世界観は各方面か
ら注目を集め、漫画『ONE PIECE』連載20周年記念ムックへのスピンオフ絵本の連載(連載をまとめた
単行本は2018年2月に集英社より刊行予定)、ファッションブランドOURET(http://www.ouret.jp/)への
デザイン原画提供など、多分野のクリエイターたちとの協働が始まっています。絵本をベースにジャンル
の垣根を軽々と跳び越えて活動する、次世代を牽引するクリエイターのひとりである長田真作の現在時
の魅力を余すところなく伝える原画展を、渋谷ヒカリエ 8/01/COURTで開催します。

〈GOOD MAD 長田真作原画展〉
◆会期:2018年1月5日(金)~2018年1月14日(日)  
◆時間:11:00~20:00(初日は15時から、最終日は17時までとなります) 
    〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1
     TEL.03-6418-4718 
◆事前申込:不要 

主催:リトルモア、PHP研究所、岩崎書店、現代企画室、方丈社、国書刊行会、OURET 
問合せ:03-3461-5082(現代企画室) 

イベント告知ページ

長田真作 公式サイト


9784336062093.jpg
長田真作 作 
定価 1,620円(本体価格1,500円)
いまもっとも注目を集める奇才・長田真作が何よりも描きたかった世界。
未知の世界にひそむ予兆、出現、予感を、独特の世界観と色彩で表現した、
新世代の子どもたちに届ける贈り物。五味太郎さん推薦!

2017/11/08

『風のよりどころ』がハグマグvol.22で紹介されました。

ハグマグvol.22で『風のよりどころ』が紹介されました。

「鮮烈なデビューを果たし、今話題になっている新人絵本作家・長田真作」
「こどもはもちろん、大人も心をつかまれる好奇心に満ちた絵本」


9784336062093.jpg
長田真作 作 
定価 1,620円(本体価格1,500円)
いまもっとも注目を集める奇才・長田真作が何よりも描きたかった世界。
未知の世界にひそむ予兆、出現、予感を、独特の世界観と色彩で表現した、
新世代の子どもたちに届ける贈り物。五味太郎さん推薦!

2017/11/08

『チェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグ』関連インタビュー〈岡田利規×ペトル・ホリー〉

11月11日から始まる『60年代チェコスロヴァキア映画祭 チェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグ』に
関連して、映画祭にコメントを寄せた演出家岡田利規氏と、歌舞伎をチェコ語に翻訳する研究を続け、
映画祭の字幕翻訳を担当したペトル・ホリー氏の二人が、CINRA.NETでチェコスロヴァキア映画の
魅力を語ってくださっています。

CINRA.NET【チェコ映画を岡田利規とペトル・ホリーが語る。】


「チェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグ」映画祭公式サイト

関連映画祭: 「生誕100年 ブルデチュカ映画祭」特設サイト


9784336059949.jpg
定価 1,944円(本体価格1,800円)
「黄金の60年代」に生まれた映画たち、「チェコスロヴァキア・ヌーヴェル
ヴァーグ」。国際的に高く評価されながらもわが国ではなかなか注目され
ることのなかった傑作・秀作を紹介した、映画祭公式本。


2017/11/07

東京堂書店『チェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグフェア』開催中

東京堂書店 神田神保町店では、『チェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグ』映画祭上映と公式本の刊行を
記念して、フェアを開催中。映画はもちろん、文学、アート、アニメ、歴史など、幅広くチェコスロヴァキアに
Czechoslovakia_kokusho1.jpg
触れられる本が揃っています。   
チェコスロヴァキア文化の奥深さを発見できる棚、ぜひご覧ください。

『チェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグ』上映&公式本刊行記念フェア
「チェコヌーヴェルヴァーグとその周辺」

◆期間:開催中(終了日未定)
    〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1丁目17番地
    TEL 03-3291-5181(代表)


9784336059949.jpg
定価 1,944円(本体価格1,800円)
「黄金の60年代」に生まれた映画たち、「チェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグ」。
国際的に高く評価されながらもわが国ではなかなか注目されることのなかった傑作・
秀作を紹介した、映画祭公式本。

ページトップへ