1. トップページ > 
  2. 新刊情報

新刊情報

直近で発売された新刊情報です。


横尾忠則全版画 HANGA JUNGLE

発売日 2017/04/24

横尾忠則全版画 HANGA JUNGLE

横尾忠則

定価 3,024円(本体価格2,800円)

ISBN 978-4-336-06144-7 / Cコード 0071

「版画」から「HANGA」へ――1960年代の最初期の作品から最新作まで、様々な生命が共生するジャングルのごとく、多種多様な有機的相貌が顕現する、横尾忠則の全版画作品約260点を初めて集大成した必携の1冊!

書籍詳細を見る

買い物カゴに入れる

※在庫あり

まとめて購入する

江戸のダイナミズム 古代と近代の架け橋

発売日 2017/04/06

江戸のダイナミズム 古代と近代の架け橋

西尾幹二

西尾幹二全集

定価 7,344円(本体価格6,800円)

ISBN 978-4-336-05399-2 / Cコード 310

地球上で歴史意識を有するのは地中海域、志那大陸、日本列島の三つで、西洋古典文献学、清朝考証学、江戸の儒学・国学は、古代を近代に取り戻す言語文化ルネサンスで、古い神の廃絶と新しい神の創造を目指す精神運動だった。

書籍詳細を見る

買い物カゴに入れる

※在庫あり

まとめて購入する

こけし探偵局

発売日 2017/04/06

こけし探偵局

手塚治虫

手塚治虫カラー作品選集

定価 12,960円(本体価格12,000円)

ISBN 978-4-336-06080-8 / Cコード 0979

手塚治虫の色鮮やかなカラー作品をオリジナルの状態で復刻する決定版選集、ついに全3巻完結。 最終巻は可憐で華麗な少女漫画4作「こけし探偵局」「あけぼのさん」「ヨッコちゃんがきたよ!」「野ばらの精」を収録。単行本未収録のカラー扉も完全復刻!

書籍詳細を見る

買い物カゴに入れる

※在庫あり

まとめて購入する

村野藤吾とクライアント

発売日 2017/04/06

村野藤吾とクライアント

「近鉄」の建築と図面資料

京都工芸繊維大学美術工芸資料館村野藤吾の設計研究会

定価 4,320円(本体価格4,000円)

ISBN 978-4-336-06154-6 / Cコード 0052

村野藤吾建築の特性を代表的企業クライアント「近鉄」との関係性とその図面資料から解読。サミット開催で注目された日本を代表するリゾートホテル《志摩観光ホテル》のプランニングなど、貴重な資料と新事実多数を紹介。

書籍詳細を見る

買い物カゴに入れる

※在庫あり

まとめて購入する

唐十郎 特別講義

発売日 2017/03/24

唐十郎 特別講義

演劇・芸術・文学クロストーク

唐十郎
西堂行人

定価 2,376円(本体価格2,200円)

ISBN 978-4-336-06139-3 / Cコード 0070

舞台・文学・映画などあらゆるテーマを、大学の教室を舞台に、希代の演劇人が縦横無尽・天衣無縫に語りつくす。ファンはもちろん、演劇・文学への入門書として、そしてこれから『唐十郎』を知りたい人へ送る、魂の講義録! 

書籍詳細を見る

買い物カゴに入れる

※在庫あり

まとめて購入する

地論宗の研究

発売日 2017/03/24

地論宗の研究

金剛大学仏教文化研究所

定価 23,760円(本体価格22,000円)

ISBN 978-4-336-06113-3 / Cコード 3015

中国南北朝期の北朝で隆盛を誇り、隋唐仏教に大きな影響を与えた地論学派。本書は地論学派の思想面のみならず史的側面も扱い、特に教学大成者慧遠にスポットを当てる。また、資料篇には地論宗研究には必須となる資料を収める。

書籍詳細を見る

買い物カゴに入れる

※在庫あり

まとめて購入する

寺山修司論

発売日 2017/03/23

寺山修司論

――バロックの大世界劇場――

守安敏久

定価 5,832円(本体価格5,400円)

ISBN 978-4-336-06135-5 / Cコード 0095

ラジオ、テレビ、映画、演劇――自在にメディアを横断する寺山修司作品のうちに、誇張・過剰・不規則の「バロック常数」を見出しながら、作品創造の秘儀を解読する画期的集大成! 著者による寺山へのインタビューも収録。図版多数。

書籍詳細を見る

買い物カゴに入れる

※在庫あり

まとめて購入する

映画論叢 44

発売日 2017/03/17

映画論叢 44

丹野達弥

映画論叢 44

定価 1,080円(本体価格1,000円)

ISBN 978-4-336-06155-3 / Cコード 0374

俳優小倉一郎と撮影助手による加藤泰の現場。弟子根本順善が見た脚本家八木保太郎の仕事。初めてづくしだった第一回東京国際映画祭の裏側。岡本喜八一家小川真司の来歴。島尾敏雄が観たピンク映画は何だったか等々話題満載。

書籍詳細を見る

買い物カゴに入れる

※在庫あり

まとめて購入する

村上春樹とスペイン

発売日 2017/03/17

村上春樹とスペイン

小阪知弘

定価 3,888円(本体価格3,600円)

ISBN 978-4-336-06142-3 / Cコード 0095

現代スペイン絵画、スペイン内戦、『ナイト・トーキョー・デイ』――さまざまな視座から、村上春樹が自ら紡ぎ出す作品世界のうちに投影してきたスペイン語とスペイン文化の諸相へとフォーカスを定め肉薄する、最先端の論考。

書籍詳細を見る

買い物カゴに入れる

※在庫あり

まとめて購入する

Uターン日記 霞ヶ関から故郷へ

発売日 2017/03/11

Uターン日記 霞ヶ関から故郷へ

皆川治

定価 1,728円(本体価格1,600円)

ISBN 978-4-336-06156-0 / Cコード 0095

東日本大震災の後、著者は、農水省を退職し故郷庄内で生きることを決断。地方が人口減少・流出に悩む今、故郷の地で家族、友人、地域の人々と共に生き、農業、林業、再生エネルギー等で活躍、地方創生に挑戦する奮闘記。

書籍詳細を見る

買い物カゴに入れる

※在庫あり

まとめて購入する
ページトップへ