1. トップページ > 
  2. 最新ニュース一覧

最新ニュース一覧

RSS

ニュース・イベント情報一覧です。

2021/09/16

【本日9/16放送】NHKBSプレミアム「ダークサイドミステリー」でアレイスター・クロウリーが特集予定。

9/16放送NHKBSプレミアム「ダークサイドミステリー」でアレイスター・クロウリーが特集されます。

「悪魔と天使を呼んだ男 20世紀最大の魔術師クロウリー伝説」と題して、今から100年前に実在した
魔術師アレイスター・クロウリーの生涯を通して、疑問に答えます。
アレイスター・クロウリーの著作を多数翻訳している江口之隆氏、植松靖夫氏がゲスト出演予定です。
是非お見逃しなく!

また、国書刊行会では、クロウリーの名を歴史に刻んだあの世紀の奇書の新刊企画進行中!
こちらもご期待ください!


NHKBSプレミアム「ダークサイドミステリー」
本放送:9月16日(木)21:00~22:00
再放送:9月21日(火)23:45~24:45

公式HP


9784336024381.jpg
アレイスター・クロウリー/島弘之・植松靖夫 訳
定価 2,090円(本体価格1,900円)
人類滅亡の前兆か? 相次ぐテロと紛争、危機を孕む世界情勢のもとで
出版された超弩級の霊界危険文書。全世界を血と炎で浄めるべく地球外
生命体エイワズが20世紀最大の魔術師に授けた驚異の黒魔術バイブル。

9784336040435.jpg
アレイスター・クロウリー/島弘之 他訳
定価 6,270円(本体価格5,700円)
20世紀最大の魔術師〈獣666〉アレイスター・クロウリーの畢生の大著。
〈魔術〉の秘奥の教理と教義を白日のもとに暴き出し、全世界に衝撃を
与えた、驚天動地の歴史的名著。オカルティズムのバイブル。

9784336046475.jpg
アレイスター・クロウリー/榊原宗秀 訳
定価 3,740円(本体価格3,400円)
20世紀のオカルト・シーンに君臨したアレイスター・クロウリーが、驚く
べき博識を散りばめつつタロットの謎を解明。クロウリー著作集から、
反響にお応えして新装版で登場。

9784336057815.jpg
アレイスター・クロウリー/江口之隆 訳
定価 4,180円(本体価格3,800円)
世界各地の多様な密儀の言語を、数という普遍的象徴に翻訳し、神秘の
奥底に迫った〈魔術的アルファベット論〉を開陳。 クロウリーの魔術哲学
の中核をなす〈万物相互対応〉一覧を提示した隠秘学の金字塔、待望の復刊!

9784336062154.jpg9784336062161.jpg9784336062178.jpg
アレイスター・クロウリー/植松靖夫 訳 
Ⅰ天国篇 定価 2,484円(本体価格2,300円) 
Ⅱ地獄篇 定価 2,333円(本体価格2,160円)
Ⅲ煉獄篇 定価 2,376円(本体価格2,200円)

20世紀最大の魔術師にしてカリスマ的アーティスト、アレイスター・
クロウリーが書いた小説として毀誉褒貶相半ばした問題作。麻薬文学
の系譜に燦然と名を刻む名著。没後70年記念、待望の改訳新装版。 

2021/09/16

『エラリー・クイーン 創作の秘密』が図書新聞9/18付で紹介されました

図書新聞9/18付で『エラリー・クイーン 創作の秘密』が紹介されました

評者は推理作家の法月綸太郎氏。
「ミステリ作家として最も充実していた時期の仕事である。ところが二人の手紙は常に喧嘩腰で、不平
  不満と当てこすり、愚痴と疑心暗鬼のオンパレード」
「相異なる二つの個性のぶつかり合いと歯に衣着せぬ議論の応酬がなければ、『10日間の不思議』や
  『九尾の猫』は傑作になりそこねていたに違いない」
「二人の「相容れなさ」そのものが、クイーン独自の文体/作風として分かちがたいものになっている」


9784336071866.jpg
ジョゼフ・グッドリッチ 編/飯城勇三 訳
定価 3,520円(本体価格3,200円)
プロット担当ダネイと小説化担当リーが激しい議論を戦わせながら、
『十日間の不思議』『九尾の猫』等の傑作を完成させていく過程を往復
書簡によって明らかにし、クイーン創作の秘密に迫ったドキュメント。

2021/09/15

『高原英理恐怖譚集成』が中日新聞、東京新聞9/11付で紹介されました。

中日新聞、東京新聞9/11付で『高原英理恐怖譚集成』が紹介されました。
「死や耽美といったゴシックの要素を盛り込んだ作風」
「恐怖の度合い強い傑作ホラーの中・短編を12編おさめている」


9784336072238.jpg
高原英理
定価 3,960円(本体価格3,600円)
鬼才、高原英理の怪奇恐怖小説を集大成。都市幻想を描く「町の底」
など、伝説的なホラー小説集『抒情的恐怖群』の全7編に、「 闇の司」
「かごめ魍魎」など5編を増補。京極夏彦氏推薦!

2021/09/15

『骸骨』が熊本日日新聞9/12付で紹介されました。

熊本日日新聞9/12付で『骸骨』が紹介されました。

評者は書評家の豊﨑由美氏。
「語り口の妙に惚れ惚れさせられるこの「食後の夜話」を皮切りに17作品を収録」
「とりわけ好きな作品が「人影」なのです。(中略)これがもう、理性や知性では処理できない
  レベルの不思議と不気味に溢れているんです」
「この傑作怪奇幻想譚は、わたしのオールタイムベストの1作になりました」


9784336072061.jpg
ジェローム・K・ジェローム/中野善夫 訳
定価 4,180円(本体価格3,800円)
英国屈指のユーモア作家による異色作品集。ユーモア溢れる幽霊
小説、もの怖ろしい怪奇小説、美しい幻想小説、不思議な現代ファ
ンタジイ、数千年の時を跨ぐケルト・ファンタジイ等、多彩な味わいの17篇。

2021/09/14

『縄文時代にタトゥーはあったのか』展覧会「JOMON TRIBE 2」開催〈9/28(日)まで〉

『縄文時代にタトゥーはあったのか』の著者でフォトグラファーのケロッピー前田氏とタトゥー
アーティストの大島托氏とよるアートプロジェクト"縄文族"による展覧会「縄文族 JOMON 
TRIBE 2」が開催されます。

「縄文タトゥー」の衝撃再び! 日本から発信する新たなカルチャームーブメント、待望の展示会第2弾!
「縄文時代にタトゥーはあったのか」といういまだに答えの出ない太古の謎に、実際に現代人の身体
にタトゥーを彫り込むことで具体的に返答する野心的な試み。

◆期間:2021年 9月14日(火)~9月28日(火)
    〒160-0022 東京都新宿区新宿3-32-6   
◆時間:11時~20時
※入場無料

[プロフィール]
ケロッピー前田
身体改造ジャーナリスト/フォトグラファー。1965年東京生まれ、千葉大学工学部卒、
白夜書房(コアマガジン)を経てフリーランスに。世界のアンダーグラウンドカル
チャーを現場レポート、海外の身体改造の最前線を日本に紹介してきた。その活動は、
TBS系『クレイジージャーニー』でも紹介されて話題となる。著書に『クレイジーカル
チャー紀行』(KADOKAWA)など。

大島托
タトゥーアーティスト。黒一色の文様を刻むトライバル・タトゥーおよびブラックワー
クのスペシャリストとして、世界を旅して民族タトゥーをリサーチ、それらを再現する
ばかりでなく、現代的なタトゥーデザインに取り入れて洗練された作品へと昇華させて


9784336066541.jpg
ケロッピー前田/大島托 縄文タトゥー作品
定価 2,640円(本体価格2,400円)
土器や土偶にえがかれた線、円、点、螺旋といった我々を魅了する
幾何学的な文様。これがもしも太古の人体にきざまれていたとしたら――。
太古に失われたタトゥー文化から現代を照射する壮大な試み。

2021/09/13

『現代語訳 最澄全集』がNHKラジオ「トーキングウィズ松尾堂」で紹介されました。

NHKラジオFM「トーキングウィズ松尾堂」9/12放送分で『現代語訳 最澄全集』が紹介されました。

タレント、エッセイストの松尾貴史氏が店主の東京・渋谷の老舗の書店、「松尾堂」を舞台に展開
されるトーク・バラエティ。毎回、異色な顔合わせによる、多彩なゲストをお迎えし、"とっておきの
一冊"や"旬な話題"について、軽妙洒脱なトークを繰り広げます。
9/12放送分では「令和に"鬼"を語る」をテーマに、ゲストのお一人小説家の京極夏彦氏の紹介本
として取り上げられました。

NHKラジオ「トーキングウィズ松尾堂」公式ページ

聞き逃し配信(2021年9月19日 午後1:55配信終了)


9784336070692.PT02.jpg
大竹晋 訳
伝教大師千二百年大遠忌を記念して、全巻同時刊行。おおむね真作と
裏づけられる最澄の著作を、各篇ごとに執筆年代順に収録する、本邦
初の現代語訳全集。



『第一巻 入唐開宗篇』 定価 8,800円(本体価格8,000円)
『第二巻 権実諍論篇 1』 定価 8,360円(本体価格7,600円)
『第三巻 権実諍論篇 2』 定価 8,360円(本体価格7,600円)
『第四巻 権実諍論篇 3』 定価 8,140円(本体価格7,400円)

2021/09/13

『インディゴ』訳者犬飼彩乃氏によるコラムが日本独文学会HPに掲載されました。

『インディゴ』訳者犬飼彩乃氏による本書制作にまつわるコラムが日本独文学会HPに掲載されました。
著者クレメンス・J・ゼッツ氏の作風を紹介しつつ、装幀やフォント、各ページの演出など本書独自の
制作過程が明かされています。7月に開催された著者との公刊記念オンライントークの内容にも触
れられています。
読了された方にはさらなる発見を、未読の方にはその目で確かめたくなる裏話を是非ご覧ください。

【コラム】クレメンス・J・ゼッツ『インディゴ』訳本制作騒動記

日本独文学会HP


9784336070890.jpg
クレメンス・J・ゼッツ/犬飼彩乃 訳
定価 3,520円(本体価格3,200円
謎多き病、消息を絶つ子供たち......その謎を探ろうとして解雇された
数学教師は果たして犯罪に手を染めたのか? 15年後、かつての教え
子は真相を追いかけていく。神童ゼッツによる傑作長篇がついに邦訳!

2021/09/10

NHKBSプレミアム「ダークサイドミステリー」でシャルル‐アンリ・サンソンが特集されました。

9/9放送NHKBSプレミアム「ダークサイドミステリー」でシャルル‐アンリ・サンソンが特集されました。

「美しき処刑人が見たフランス革命 なぜ理想は恐怖に変わったのか?」と題して、18世紀フランス
の処刑人シャルル‐アンリ・サンソンの人生を通して、フランス革命の光と闇に迫る内容を放送。
『サンソン回想録』訳者安達正勝氏もVTR出演し、サンソンの心情について解説しています。
再放送が9/14(火)予定ですので、見逃された方は是非チェックください。

NHKBSプレミアム「ダークサイドミステリー」
再放送:9月14日(火)11:45~0:45(予定)

公式HP


9784336066510.jpg
オノレ・ド・バルザック/安達正勝 訳
定価 2,640円(本体価格2,400円)
パリの死刑執行人としてルイ16世らを手にかけた男、シャルル‐アンリ・
サンソン。サンソン家代々の資料と直接取材を基に文豪バルザックが描く、
革命期を生きた死刑執行人の物語を、待望の本邦初訳!

2021/09/09

『骸骨』が本の雑誌10月号で紹介されました。

本の雑誌10月号で『骸骨』が紹介されました。

評者は書評家の藤ふくろう氏。
「いかにも英国らしい陰鬱とユーモアあふれる幽霊譚から、幽霊の出てこない怪奇話、ケルト伝説まで、
  ジェロームアソートとでも呼びたくなる多彩な作品が楽しめる」

本の雑誌


9784336072061.jpg
ジェローム・K・ジェローム/中野善夫 訳
定価 4,180円(本体価格3,800円)
英国屈指のユーモア作家による異色作品集。ユーモア溢れる幽霊
小説、もの怖ろしい怪奇小説、美しい幻想小説、不思議な現代ファ
ンタジイ、数千年の時を跨ぐケルト・ファンタジイ等、多彩な味わいの17篇。

2021/09/08

『水俣病を旅する』が熊本日日新聞9/7付で紹介されました。

熊本日日新聞9/7付で『水俣病を旅する』が紹介されました。

著者遠藤邦夫氏のコメントともに掲載されています。
「傷ついた地域の再生と、住民の未来を願う気持ちが込められている」
「必要だと考えるのは「二項対立を乗り越えた対話」」
「患者や市民、行政を巻き込んで地域の再生や発展を議論してほしいと訴える」

熊本日日新聞HP


9784336072269.jpg
遠藤邦夫
定価 2,530円(本体価格2,300円)
本来、メチル水銀中毒症とされるべきだった水俣病。通りすがりの
はずだった旅行者の目に映し出される「水俣病事件」は現代日本の
陰画でもある。本書は、負の遺産が未来への財産となりうることを示す。

ページトップへ