1. トップページ > 
  2. 最新ニュース一覧

最新ニュース一覧

RSS

ニュース・イベント情報一覧です。

2020/05/29

『縄文時代にタトゥーはあったのか』発売記念 スペシャル座談会〈6/11(木)〉

※このイベントはライブ配信での視聴となります。


身体改造の最前線を追い続けるケロッピー前田が、タトゥーアーティストの大島托と
ともに取り組んできた、縄文時代のタトゥー復興プロジェクト「縄文族 JOMON TRIBE」。
このたび、その活動の集大成といえる著書『縄文時代にタトゥーはあったのか』が出版
となった!
「縄文時代のタトゥーとはいかなるものか?」1969年には考古学者・高山純『縄文人の
入墨』が出版され、『魏志倭人伝』(3世紀)には「鯨面文身(顔面や全身のタトゥー)」と
いう記述があった。僕らは、縄文土器の文様はタトゥーとして人間の身体に彫られていた
と考え、現代的なタトゥー作品として発表してきた。
本書では、北海道の縄文遺跡リサーチ、岡本太郎の縄文探求、パリのケ・ブランリ美術館
でのタトゥー展、フィリピンの首狩族カリンガのタトゥー復興運動、タトゥー類学者ラース・
クルタク、さらに5300年前のタトゥーをしたミイラ「アイスマン」やロシアのパジリクのタトゥー
ミイラなどを現地取材。昨年行われた沖縄のハジチ展についても報告している。
「縄文タトゥー」は、日本から世界に発信する新しいカウンターカルチャーである。
トーク形式でその全貌を総覧する。このチャンスを見逃すな!(阿佐ヶ谷ロフトHPより)

『縄文時代にタトゥーはあったのか』発売記念 スペシャル座談会
【登壇者】
ケロッピー前田(身体改造ジャーナリスト)
大島托(タトゥーアーティスト)
望月昭秀(縄文ZINE)
川崎美穂(元TATTOO BURST編集長)
辻陽介(HagaZine)

◆日時:6月11日(木) 19:00~22:00
◆会場:阿佐ヶ谷ロフトA https://loft-prj.zaiko.io/
    ※このイベントはライブ配信となります。
◆配信チケット料金:2000円
          チケット購入はこちらから
          


9784336066541.jpg『縄文時代にタトゥーはあったのか』

ケロッピー前田/大島托 縄文タトゥー作品
定価 2,640円(本体価格2,400円)
土器や土偶にえがかれた線、円、点、螺旋といった
我々を魅了する幾何学的な文様。これがもしも太古
の人体にきざまれていたとしたら――。太古に失わ
れたタトゥー文化から現代を照射する壮大な試み。 

2020/05/28

『忘れられた天才 井上毅』が「くまにちすぱいす」525号で紹介されました。

フリーペーパー「くまにちすぱいす」525号で『忘れられた天才 井上毅』が著者井上俊輔氏へ
のインタビューを中心に紹介されました。

「書き上げるまでに18年かかり、その大部分は膨大な資料を読むことに費やされた」
「毅の魅力は、西洋に学んでも決してモノマネに終わらなかったこと。古事記などの古典から
  日本独自の法則を見いだし、法律に落とし込むことで、日本の文化に合った法体系になった」



9784336065360.jpg『忘れられた天才 井上毅』

井上俊輔
定価 3,300円(本体価格3,000円)
幕末の動乱、大久保、伊藤、岩倉の下で憲法・皇室典範・
教育勅語、かつ、政府重要文書多数を起草。先進の教養
と国を護り抜く意志と戦略。その生涯を示し、天才・井
上毅の全貌が明らかに!

2020/05/27

『現代を知るための文学20』が聖教新聞5/27付で紹介されました。

聖教新聞5/27付で『現代を知るための文学20』が紹介されました。
「日本語で精読する世界中の名作」
「経験に裏打ちされた世界を俯瞰する視野の広さとユーモアに満ちた絶妙な語り口が、
  圧倒的な魅力」

聖教新聞HP


9784336065766.jpg『現代を知るための文学20』
狩野良規
定価 2,860円(本体価格2,600円)
「で、先生、いったい文学って何なんでしょう?」
飲み会での学生の一言から、根源的な問いへの答え探しが始まった。
エンタメとはひと味違う本を読みたくなった時のプロモーション・ブック
にして攻略本。

2020/05/26

送料改定のお知らせ

平素は格別のご愛顧をたまわり、厚くお礼申し上げます。

このたび、運送会社の配送料値上げにともない、
誠に勝手ながら、通信販売ご利用時の送料を下記のように改定させていただきます。

■改定後の送料:300円+税
 ※4,000円以上(税抜)ご注文の場合送料無料

■改定後の代引き手数料:300円+税
 ※4,000円以上(税抜)ご注文の場合手数料無料 

■改訂日:2020年5月29日(金)より
 
 ※メンテナンスのため、5月28日(木)17:00~5月29日(月)10:00はオンラインショップ
  をご利用いただけません。
 ※電話、FAX、メールでのご注文は、5月28日(木)18:00ご注文分まで旧送料にて対応
  させていただきます。
 ※改定以前にご予約いただいた商品の発送につきましては、予約時点での送料を適用
  させていただきます。

何卒ご了承ください。

ご利用の皆さまには大変心苦しいお願いとなりますが、
ご理解の程何卒お願いいたします。


2020/05/26

『海上自衛隊レジェンドブック』発売延期のお詫び

  平素は格別のお引き立てを賜り心より厚く御礼申し上げます。

令和2年5月27日に発売を予定しておりました新刊『海上自衛隊レジェンドブック』ですが、
新型コロナウィルス感染症による社会的影響のため、
止むを得ず発売を延期させていただくことなりました。 
現在のところ令和2年8月下旬を予定しております。

ご予約いただきましたお客様にはご迷惑をおかけしますことを心よりお詫び申し上げます。
今しばらくお時間をいただけますよう何卒お願い申し上げます。

2020/05/26

『女であるだけで』がふぇみん5/25付で紹介されました。

ふぇみん5/25付で『女であるだけで』が紹介されました。

「メキシコ・ユカタン地域の先住民マヤの気鋭の作家である著者は、自らの社会の闇を告発する文学
 作品により、差別にまみれ、男性中心の社会の変革を試みる」

「オノリーナは人生に消極的な人間ではなかった。だが、なぜ、貧しく文字も使えず、暴力をふるわれ
  るままに生きてきたのか」
「でも、オノリーナは前に進む。光明が差すことが救いだ」


9784336065650.jpg『女であるだけで』
ソル・ケー・モオ/吉田栄人 訳
定価 2,640円(本体価格2,400円)
メキシコのある静かな村で起きた衝撃的な夫殺し事件。その背後
にあったのは、おそろしく理不尽で困難な事実の数々だった......
先住民女性の夫殺しと恩赦を法廷劇的に描いた、《世界文学》志
向の新しい現代ラテンアメリカ文学×フェミニズム小説。

2020/05/25

『旅する黒澤明』が週刊新潮5月21日夏端月増大号で紹介されました。

週刊新潮5月21日夏端月増大号で『旅する黒澤明』が紹介されました。

評者は編集者の都築響一氏。
「これは「クロサワ」というお題を与えられた世界のグラフィック・デザイナーの競演であり、グループ展
  である」
「「世界のクロサワ」ならではのポスターを眺めていると、国力の差や映画産業の規模と、デザインの
  クオリティにはなんの関係もないことがよくわかる」

BookBang 書評紹介ページ
https://www.bookbang.jp/review/article/623799


9784336065438.jpg『旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより』
国立映画アーカイブ 監修
定価 2,860円(本体価格2,600円)
ヴェネチア国際映画祭で『羅生門』が金獅子賞を受賞して以来、
世界の映画界を席巻してきた《クロサワ》。世界30か国で制作
された、貴重な黒澤映画公開時の海外版ポスター82点をオール
カラーで集大成!


2020/05/22

『イヴのことを少し』が怪と幽vol.4で紹介されました。

怪と幽vol.4で『イヴのことを少し』が紹介されました。

評者は出版社荒蝦夷代表の土方正志氏。
「愉快痛快捧腹絶倒の世界放浪ファンタジイ」

「〈マニュエル伝〉シリーズは、ある一族の年代記の体裁を採っており、作品それぞれがビミョーに重なり
  合って連関するその世界、読後感は違いながらもほとんど同時代の〈クトゥルー神話〉を思わせられたり」
「これぞ物語の醍醐味」


9784336065414.jpg『イヴのことを少し』
 〈マニュエル伝〉
J.B.キャベル/垂野創一郎 訳
定価 3,520円(本体価格3,200円)
悪霊に自分の体を貸し、銀の馬に跨り約束の地をめざす赤毛の若者ジェラルド
は、魔術師や美女や英雄たちと出会いながら遍歴の旅を続けていく。人生への
深い洞察とユーモアに満ちた大人のためのファンタジイ。




2020/05/20

「泉鏡花セレクション」が読売新聞5/19付で紹介されました。

読売新聞5/19付文化面「泉鏡花 奥深い世界」の中で『泉鏡花セレクション』が紹介されました。
「小品も収録し、独自のセレクトが光る」
「今後の巻では、鏡花再評価のきっかけになった澁澤と三島由紀夫の対談(1966年発表)も収録予定」
「戦後の作家の視点を通して鏡花文学の奥深さを知ることができそうだ」

読売新聞オンライン


定価 各巻9,680円(本体価格各巻8,800円)
澁澤龍彦生前に企画されながらも実現を見ずに終った幻の選集が、半世紀の歳月を経てついに刊行。
我が国最高の幻想作家・鏡花の膨大な作品から、澁澤ならではの鑑識眼が選び抜いた約50篇を4巻で構成。
9784336065452.jpg   9784336065469.jpg    『新柳集』 ※6月下旬刊行予定   


2020/05/19

テレビ東京「世界! ニッポン行きたい人応援団」5/19放送で『切り剣』福田理代氏が紹介されました。

テレビ東京「世界! ニッポン行きたい人応援団」5/19放送で『切り剣』の著者で切り絵作家の福田理代さんが
紹介されました。切り絵を愛してやまない女性がブルガリアから訪日、ファンである福田さんのアトリエを訪れます。
番組は動画配信サイトGYAO!でご覧いただけます。

テレビ東京 「世界! ニッポン行きたい人応援団」公式HP
https://www.tv-tokyo.co.jp/nipponikitaihito/

(2020年6月1日(月) 21:53まで)


9784336065926.jpg『切り剣 福田理代切り絵作品集』
福田理代
定価 2,640円(本体価格2,400円)
twitter 11万いいね&インスタ公式アカウント動画再生数
1000万回超え! たった1枚の紙からデザインナイフ1本で
切り抜かれるモノクロームの博物画的世界。 50余点の切
り絵作品のほか、作家インタビュー、切り絵制作法、制作
日記なども収録。 新進気鋭の切り絵作家、初の作品集。

ページトップへ