1. トップページ > 
  2. 最新ニュース一覧

最新ニュース一覧

RSS

ニュース・イベント情報一覧です。

2021/06/22

『名人を獲る』がニコニコ将棋道場6/22放送で紹介予定。

プロ棋士による将棋講座と、熱い道場破りが繰り広げられる生放送番組「ニコニコ将棋道場」。
その6/22放送で『名人を獲る』が紹介予定です。
出演する棋士の方々による紹介と、協賛としてCM動画が放送されます。
将棋に興味のある方、棋力向上を目指す方は奮ってご視聴ください。

【ニコニコ将棋道場】近藤正和七段の将棋道場 其ノ弐

[出演者]
師範:近藤正和七段
道場破り:中村太地七段
解説:中川大輔八段
聞き手:香川愛生女流四段

◆放送日時:2021年6月22日(火)18:00開始

※視聴は無料です。
※コメントを投稿頂くには会員登録(無料)が必要になります。


9784336071958.jpg
田丸昇
定価 2,640円(本体価格2,400円)
将棋界の枠を超えて社会的にも大きな影響を及ぼした不世出の
棋士・米長邦雄。その知られざる素顔を明らかにする初めての
本格的評伝。


2021/06/21

【アーカイヴ視聴可】『膠を旅する』がニコニコ美術館で紹介されました。

全国各地の展覧会をネットで中継し、専門家等による解説つきで紹介する生放送番組ニコニコ
美術館の6/19放送で『膠を旅する』が紹介され、約3万3千人の方にご視聴いただきました。
現在は、アーカイヴで全編をご覧いただけます。

日本画の伝統的画材である膠は、絵具と支持体をつなぎとめる素材として、多様な表現を生み
出しながら、連綿と続く日本画の系譜を支えてきました。しかしながら、今日において伝統的な
手工業による膠の生産は途絶えています。
ニコニコ美術館では、武蔵野美術大学の共同研究「日本画の伝統素材『膠』に関する調査研究」
の成果発表展となる武蔵野美術大学美術館「膠を旅する----表現をつなぐ文化の源流」展を橋
本麻里さんのナビゲートのもと、研究者による解説つきで生中継いたします。
(ニコニコ美術館配信ページより)

[出演者]
内田あぐり(本展監修・日本画家、武蔵野美術大学 名誉教授)
後藤秀聖(企画協力・原爆の図 丸木美術館学芸員)
川上貴(書籍『膠を旅する』編集担当・国書刊行会)
大野智世(武蔵野美術大学 美術館・図書館学芸員)
橋本麻里(ライター・エディター、公益財団法人永青文庫副館長)

※視聴は無料です。

【ニコニコ美術館】武蔵野美術大学美術館
「膠を旅する----表現をつなぐ文化の源流」を旅する


9784336071842.jpg
内田あぐり 監修
青木茂・上田邦介・金子朋樹・北澤智豊・北澤憲昭・小金沢智・
後藤秀聖・朴亨國・山本直彰 著
定価 4,180円(本体価格3,800円)
古くから絵画をはじめ建造物や工芸品、楽器などの接着剤と
して使用されてきた伝統素材「膠」。 これまで顧みられること
の少なかった膠の知られざる歴史を照射する類例のない試み。

2021/06/21

【録画配信開始】対談・小池昌代x吉田栄人「ようこそ、新しいマヤ文学の世界へ『夜の舞・解毒草』を読む」〈6/30まで〉

6/19にオンラインで開催された対談・小池昌代x吉田栄人「ようこそ、新しいマヤ文学の世界へ
『夜の舞・解毒草』を読む」たくさんの方にご視聴いただきありがとうございました。
また、本対談の録画配信が開始されています。チケット購入で6月30日まで全編をご覧いただ
けますので、イベントを見逃してしまったという方は是非お申込みください。

◆配信期間:6月30日(木)まで
      ※購入は6月30日22時まで(コンビニ/ATMでのお支払いの場合は6月29日〆切となります)
◆料金:【一般】¥1,500
       【イスパJP会員】¥1,000

詳細ページ


9784336065650.jpg『女であるだけで』 
ソル・ケー・モオ
定価 2,640円(本体価格2,400円)
メキシコのある静かな村で起きた衝撃的な夫殺し事件。その背後にあったのは、
おそろしく理不尽で困難な事実の数々だった......先住民女性の夫殺しと恩赦を法廷
劇的に描いた、《世界文学》志向の新しい現代ラテンアメリカ文学×フェミニズム小説。


9784336065667.jpg
ホルヘ・ミゲル・ココム・ペッチ/エンリケ・トラルバ 画
定価 2,640円(本体価格2,400円)
「ぼく」は《言葉の守り人》になるために、おじいさんとともに夜の森へ修行に出か
ける。不思議な鳥たちとの邂逅、精霊の召喚儀式、蛇神の夢と幻影の試練......
神話の森を舞台に少年の通過儀礼と成長を描いた、呪術的マヤ・ファンタジー。


9784336065674.jpg
イサアク・エサウ・カリージョ・カン、アナ・パトリシア・マルティネス・フチン
定価 2,640円(本体価格2,400円)
薄幸な少女フロールが、不思議な女・小夜とともに父探しの旅に出る夢幻的作品
「夜の舞」と、死んだ女たちの霊魂が語る苦難に満ちた宿命と生活をペーソスとともに
寓話的に描く「解毒草」の2連作中編を収録した、マジックリアリズム的マヤ幻想小説集。


2021/06/21

『膠を旅する』が美術の窓7月号で紹介されました。

美術の窓7月号で『膠を旅する』が紹介されました。
「北方先住民族の狩猟と皮なめし文化の調査から始まり、大阪や兵庫に伝わる皮なめし
 技術など日本各地を取材」
「膠づくりの歴史的背景を多角的に見つめ直し、膠の意義を問う」


9784336071842.jpg
内田あぐり 監修
青木茂・上田邦介・金子朋樹・北澤智豊・北澤憲昭・小金沢智・
後藤秀聖・朴亨國・山本直彰 著
定価 4,180円(本体価格3,800円)
古くから絵画をはじめ建造物や工芸品、楽器などの接着剤と
して使用されてきた伝統素材「膠」。 これまで顧みられること
の少なかった膠の知られざる歴史を照射する類例のない試み。

2021/06/21

『スペイン 都市の詩学』がNHKラジオ毎日スペイン語7月号で紹介されました。

NHKラジオ毎日スペイン語7月号で『スペイン 都市の詩学』で紹介されました。
「街路、広場、ランドマークなどの要素を参照しつつ、文学作品などに言語化された
 テキストとしての都市をたどる」
「知的かつ詩的なスペインの旅」


9784336070661.jpg
小阪知弘
定価 4,180円(本体価格3,800円)
場所が変わるたび、その姿を万華鏡のごとく変えていく一篇の詩、
スペイン。〈遊歩者〉の視点から「歩行する身体」を介して「テク
ストとしての都市」を読み解いていく、スペインを巡る心の旅。

2021/06/18

『膠を旅する』がニコニコ美術館6/19放送で紹介予定。

全国各地の展覧会をネットで中継し、専門家等による解説つきで紹介する生放送番組ニコニコ美術館の
6/19放送で『膠を旅する』の関連展覧会が紹介されます。
展覧会場の様子とともに、書籍についても紹介予定です。
ご来館が難しい方や書籍の購入を検討されている方も、ぜひ生放送配信でお楽しみください。

日本画の伝統的画材である膠は、絵具と支持体をつなぎとめる素材として、多様な表現を生み出しながら、
連綿と続く日本画の系譜を支えてきました。しかしながら、今日において伝統的な手工業による膠の生産
は途絶えています。
ニコニコ美術館では、武蔵野美術大学の共同研究「日本画の伝統素材『膠』に関する調査研究」の成果発
表展となる武蔵野美術大学美術館「膠を旅する----表現をつなぐ文化の源流」展を橋本麻里さんのナビゲー
トのもと、研究者による解説つきで生中継いたします。(ニコニコ美術館配信ページより)

[出演者]
内田あぐり(本展監修・日本画家、武蔵野美術大学 名誉教授)
後藤秀聖(企画協力・原爆の図 丸木美術館学芸員)
川上貴(書籍『膠を旅する』編集担当・国書刊行会)
大野智世(武蔵野美術大学 美術館・図書館学芸員)
橋本麻里(ライター・エディター、公益財団法人永青文庫副館長)

◆放送日時:2021年6月19日(土) 19:30開始

※視聴は無料です。
※コメントを投稿頂くには会員登録(無料)が必要になります。

【ニコニコ美術館】武蔵野美術大学美術館
「膠を旅する----表現をつなぐ文化の源流」を旅する


9784336071842.jpg
内田あぐり 監修
青木茂・上田邦介・金子朋樹・北澤智豊・北澤憲昭・小金沢智・
後藤秀聖・朴亨國・山本直彰 著
定価 4,180円(本体価格3,800円)
古くから絵画をはじめ建造物や工芸品、楽器などの接着剤と
して使用されてきた伝統素材「膠」。 これまで顧みられること
の少なかった膠の知られざる歴史を照射する類例のない試み。


2021/06/18

【いよいよ明日!】対談・小池昌代x吉田栄人「ようこそ、新しいマヤ文学の世界へ『夜の舞・解毒草』を読む」〈6/19(土)〉

いよいよ明日に迫りました! お見逃しのないようご予約ください。

マヤ文学と聞いて、古代マヤ文明の神話? 呪術の物語? マヤ民族ってまだ残っているの? 
などと思われる方は多いかもしれません。実は今、現代を生きる先住民族マヤの作家から普遍
性をもった熱い文学作品が生まれているのです。
第4回イスパJPスペイン語圏の文学イベントは、昨年出版された現代マヤ文学作品のひとつ、
『夜の舞・解毒草』(イサアク・エサウ・カリージョ・カン、アナ・パトリシア・マルティネス・フチン著、
吉田栄人訳、国書刊行会発行)を中心に、夢幻的、寓意的、そしてフェミニズムの視点も入る豊
穣な文学世界を読み解きます。語っていただくのは、人気の詩人・小説家の小池昌代氏と、マヤ
文学作品を初めて日本語に翻訳した民族学研究者の吉田栄人氏。孤独な13歳の少女が不思
議な女<小夜(シュ・アーカブ)>とともに夜の森を抜けて本当の父を探しにいく『夜の舞』、霊媒
師、助産師、売春婦であった老婆たちの魂が語る『解毒草』。現代マヤの文学作品には、そのほ
か、世界と言葉のもつ秘密、インディオの女性が向き合う差別問題など、多様なテーマが展開さ
れています。

閉塞的な気分に陥りがちな今こそ、ユカタン・マヤの地からのみずみずしい言葉や新しい世界
文学を楽しんでみませんか。(イベント詳細ページより)


※本イベントはオンラインでの開催となります。


NPO法人イスパJP主催 第4回スペイン語文学イベント
対談・小池昌代x吉田栄人
「ようこそ、新しいマヤ文学の世界へ『夜の舞・解毒草』を読む」


◆日時:2021年6月19日(土)
    14:00~16:00
◆定員:80名
◆料金:一般参加1,500円
    イスパJP会員参加1,000円
    書籍つき一般参加3,900円
   (申込受付次第『夜の舞・解毒草』を「クラフト・エヴィング商會特製しおり」とともに送料無料で送付)
    書籍つきイスパJP会員参加3,400円
   (申込受付次第『夜の舞・解毒草』を「クラフト・エヴィング商會特製しおり」とともに送料無料で送付)
    ※いずれも6月30日まで録画配信つき
    ※NPO法人イスパJP会員は参加費が割引になります。
     これを機に入会を希望される方は、別途こちらからお申込みください。

◆参加方法:WEB申し込み


イベント詳細ページ

NPO法人イスパニカ文化経済交流協会HP


【ご参加について】
・Zoom ウェビナーによる配信になります。
・ご自身のパソコン、スマートフォン、タブレットよりご参加ください。
・参加にあたっては、PCやスマートフォン等、インターネット回線、Zoomのクライアントソフトウエア等の準備が必要です。
 ご自身でご参加の環境を整えてください。
 なお、Zoomの契約をしていない人(アカウントを持っていない人)も視聴可能です。
 (PCやスマートフォンの操作・環境設定等に関するサポートはいたしかねます。
 ZoomのFAQページなどをご参照のうえ設定をお願いいたします。)
・すでにZoomのアプリをお使いの方は、最新版にアップデートしておくことをお勧めします
 (月に数回アップデートされます)。
・お申し込み後、イベント前日に、Peatixから視聴に必要な情報(視聴ページへのリンクなど)が送られます。
 PCからのメールを受け取れるよう設定してください。
・取得したリンクなどはSNS等で公開したり、転用しないようご留意願います。


【対談者プロフィール】
小池昌代(こいけまさよ)
詩人・小説家。1959年、東京深川生まれ。主な詩集に、『もっとも官能的な部屋』(高見順賞)、『コルカ
タ』(萩原朔太郎賞)、『野笑 Noemi』、『赤牛と質量』など。小説集に、『タタド』(表題作で川端康成文
学賞)、『たまもの』(泉鏡花賞)、『幼年、水の町』、『影を歩く』、『かきがら』他多数。主なエッセイ集に
『屋上への誘惑』、『産屋』、編者として詩のアンソロジー『通勤電車で読む詩集』ほか。『池澤夏樹個人
編集 日本文学全集』に「百人一首」の現代語訳と解説を執筆。

吉田栄人(よしだしげと)
東北大学大学院国際文化研究科准教授。1960年、熊本県天草生まれ。ラテンアメリカ民族学、ユカタ
ン・マヤ社会の祭礼や儀礼、伝統医療、言語、文学などを専門とする。主な著書に『メキシコを知るため
の60章』(明石書店、2005年)、訳書に、ソル・ケー・モオ『穢れなき太陽』(水声社、2018年。2019年
度日本翻訳家協会翻訳特別賞)、ソル・ケー・モオ『女であるだけで』(国書刊行会、2020年)、ホルヘ・
ミゲル・ココム・ペッチ『言葉の守り人』(国書刊行会、2020年)、イサアク・エサウ・カリージョ・カン、ア
ナ・パトリシア・マルティネス・フチン『夜の舞・解毒草』(国書刊行会、2020年)


〈新しいマヤの文学〉 吉田栄人 編訳
9784336065650.jpg『女であるだけで』 
ソル・ケー・モオ
定価 2,640円(本体価格2,400円)
メキシコのある静かな村で起きた衝撃的な夫殺し事件。その背後にあったのは、
おそろしく理不尽で困難な事実の数々だった......先住民女性の夫殺しと恩赦を法廷
劇的に描いた、《世界文学》志向の新しい現代ラテンアメリカ文学×フェミニズム小説。


9784336065667.jpg
ホルヘ・ミゲル・ココム・ペッチ/エンリケ・トラルバ 画
定価 2,640円(本体価格2,400円)
「ぼく」は《言葉の守り人》になるために、おじいさんとともに夜の森へ修行に出か
ける。不思議な鳥たちとの邂逅、精霊の召喚儀式、蛇神の夢と幻影の試練......
神話の森を舞台に少年の通過儀礼と成長を描いた、呪術的マヤ・ファンタジー。


9784336065674.jpg
イサアク・エサウ・カリージョ・カン、アナ・パトリシア・マルティネス・フチン
定価 2,640円(本体価格2,400円)
薄幸な少女フロールが、不思議な女・小夜とともに父探しの旅に出る夢幻的作品
「夜の舞」と、死んだ女たちの霊魂が語る苦難に満ちた宿命と生活をペーソスとともに
寓話的に描く「解毒草」の2連作中編を収録した、マジックリアリズム的マヤ幻想小説集。

2021/06/18

『膠を旅する』公式紹介動画をアップいたしました。

『膠を旅する』公式紹介動画をアップいたしました。


本書と、本書を元に構成された関連展覧会の様子を映像にまとめています。
展覧会場をドローンで撮影し、立体的にご案内します。
そのほか監修者によるコメント等、ご来館が難しい方もぜひ動画でお楽しみください。



「膠を旅する──表現をつなぐ文化の源流」展
◆会期:2021年5月12日(水)-2021年6月20日(日)
◆時間:月・水・木・金曜【学内限定】12:00-18:00
     土・日曜【一般(学外)限定】①10:00-12:00、②12:30-14:30、③15:00-17:00
                  ※6/5のみ ①12:30-14:30、②15:00-17:00
◆休館日:火曜日
◆入館料:無料
◆会場:武蔵野美術大学美術館 展示室4・5
     〒187-8505 東京都小平市小川町1-736 
[入館方法]一般(学外)の方は曜日限定の完全予約制となります。
        入館可能日時を確認の上、下記フォームよりご予約ください。
      
        「美術館入館予約」フォーム

展覧会公式ページ



9784336071842.jpg
内田あぐり 監修
青木茂・上田邦介・金子朋樹・北澤智豊・北澤憲昭・小金沢智・
後藤秀聖・朴亨國・山本直彰 著
定価 4,180円(本体価格3,800円)
古くから絵画をはじめ建造物や工芸品、楽器などの接着剤と
して使用されてきた伝統素材「膠」。 これまで顧みられること
の少なかった膠の知られざる歴史を照射する類例のない試み。


2021/06/17

『爆弾魔』が本の雑誌7月号で紹介されました。

本の雑誌7月号で『爆弾魔』が紹介されました。

評者は書評家、編集者の藤ふくろう氏。
「いくつもの顔を持つ謎の淑女、気骨のある老婦人といった、強くて破天荒な女性たちが
  紳士たちと読者を、強烈な引力で物語へ巻き込んでいく」
「既存著作のファンも、そうでない読者も楽しめる、すばらしい奇談小説」



9784336072030.jpg
R・L・スティーヴンソン、ファニー・スティーヴンソン
南條竹則 訳
定価 2,970円(本体価格2,700円)
爆弾テロリストたちの暗躍を経糸に、世紀末ロンドンや合衆国
の荒野を舞台に繰り広げられる、怪奇で波瀾万丈な奇談の数々。
ドイルやマッケンにも大きな影響を与えた連作小説、本邦初訳。

2021/06/17

『戦国時代のハラノムシ』が東京人7月号で紹介されました。

東京人7月号で『戦国時代のハラノムシ』が紹介されました。
特集「はじめて知る東洋医学のチカラ」の中で、「戦国時代の『針聞書』に見る病気の正体」
として、収録図版とともに掲載されています。

東京人HP


9784336048462.jpg
長野仁・東昇 編
定価 1,100円(本体価格1,000円)
戦国時代の医学書『針聞書』に描かれた、人の体内に潜んで病気を
引き起こすと考えられていた、奇妙奇天烈でキモカワイイ、63匹の
虫の図を収録した、子供から大人まで楽しめるユカイな画集。オールカラー。

ページトップへ