1. トップページ > 
  2. 最新ニュース一覧

最新ニュース一覧

RSS

ニュース・イベント情報一覧です。

2022/06/17

大濱普美子さん(『陽だまりの果て』近刊)絵画展がドイツ・フランクフルトで開催

弊社から『たけこのぞう』『十四番線上のハレルヤ』刊行、6月には『陽だまりの果て』が刊行される大濱普美子さんの絵画展がドイツ・フランクフルトで開催されます。大濱さんは現在、ドイツ在住。小説執筆だけでなく絵画やイラストなど、幅広く創作活動をされています。
今回の展示テーマは「水」。大濱さんのウェブサイトでは多彩な創作の一端がうかがえます。


会場:Textor 74(フランクフルト市内)
会期:2022年6月18日~から23日
Hummer-JPG.jpgIMG_20220606_0002.jpgIMG_20220606_0003.jpg









『陽だまりの果て』(大濱普美子著)
9784336073433.jpg

〈ないことないこと〉が書き連ねられた物語、この世の裏側に窪んだどこにもない場所。魅惑に溢れた異世界へ――
時空や他己の隔たりを超えて紡がれる、懐古と眩惑に彩られた幻想譚6篇を収録。

〈傾聴ボランティア〉の派遣先で出会った老婦人の作り話とも真実ともつかない昔語りと、主人公の過去現在が絡み合う交感の物語。(「ツメタガイの記憶」)
行きつ戻りつ繰り返される、老人の記憶の窓に映る追想。(「陽だまりの果て」)
老いを意識し始めた主人公が姉御肌の老女と出会い、かけがえのないものを託される。(「骨の行方」)

● 皆川博子さん 推薦!
「表現は静謐でかろやかでさえあるのに、内在するのは深く重い生と衰と死と哀と慈である。
個が認識するものが細やかに巧緻に描かれるとき、一見ありふれた日常が、貌を変える。
現象のうわべに馴染んだ目には異様と映る、それこそが、真実の相であろう。
満ち足りた思いで読了した。」

2022/06/10

「幻想と怪奇」10号にオリヴァー・オニオンズ作品掲載

「幻想と怪奇」10号・特集:イギリス怪奇紳士録 英国怪談の二十世紀(2022年6月刊・新紀元社刊行)にオリヴァー・オニオンズの中編「壁の中の蜂蜜」が掲載されています。


弊社本年刊行『手招く美女 怪奇小説集』で注目が集まっているオニオンズですが、その心理主義的怪談ともいうべき作品の特徴がよく現れている本作にも触れていただければ幸いです。

新紀元社さんのウェブサイト、「幻想と怪奇」10号のページはこちら

『手招く美女 怪奇小説集』 (オリヴァー・オニオンズ著/南條竹則、高沢治、館野浩美訳/中島晶也解説)
手招く美女.jpg
邪悪なものの憑依と精神崩壊の過程を鬼気迫る筆致で描き、ブラックウッド、平井呈一らが絶賛した心理的幽霊譚の名作「手招く美女」。超時間的な幻想譚「幻の船」。エキゾティックな舞台に古代幻想が交錯する中篇「彩られた顔」――など全8篇と、作者がその怪奇小説観を披露したエッセーを収録。英国怪奇小説の黄金時代に精緻な心理主義と怪異描写、斬新なアイデアで新しい地平を拓いたオリヴァー・オニオンズの怪奇小説傑作選。

2022/06/10

「週刊読書人」6月10日号に上野昻志(『黄昏映画館 わが日本映画誌』刊行)✕高澤秀次対談掲載

「週刊読書人」2022年6月10日号(3443号)にこのたび『黄昏映画館 わが日本映画誌』を刊行される上野昻志さんと高澤秀次さん(文芸評論家)の対談が掲載されております。


「週刊読書人」今号pdf版の購入はこちらから。

9784336072979.jpg
50年にわたる日本映画論を集成。練達の案内人(チチェローネ)が誘う異貌の映画史! 
映画評論家上野昻志による50年分の日本映画論を集成。鈴木清順、大島渚、吉田喜重、加藤泰、黒木和雄、川島雄三、山田洋次、北野武、阪本順治などの作品評論を監督別に収録、異貌の映画史を形作る。
蓮實重彦、山根貞男、山田宏一各氏推薦!

2022/06/10

「キネマ旬報」6月下旬号に『ジョン・ウォーターズの地獄のアメリカ横断ヒッチハイク』書評掲載

「キネマ旬報」6月下旬号に『ジョン・ウォーターズの地獄のアメリカ横断ヒッチハイク』(ジョン・ウォーターズ著/柳下毅一郎訳)の滝本誠さん(映画評論家)による書評が掲載されています。


「引用してド変態な魅力を伝えたいが、無難な箇所がない!」
「本文引用はやはりやめておこう。とにかく、フィクション篇、ドライバーのキャラがすごくて、最高と最悪の区別がまるでつかない」

『ジョン・ウォーターズの地獄のアメリカ横断ヒッチハイク』(ジョン・ウォーターズ著/柳下毅一郎訳)
『ジョン・ウォーターズの地獄のアメリカ横断ヒッチハイク』表紙.jpg
ここでなければ、どこへでも――
『ピンク・フラミンゴ』『ヘアスプレー』で知られる伝説のカルト映画監督ジョン・ウォーターズは、66歳にして突如アメリカ横断ヒッチハイクを計画した。
「刺激がほしいんだ!」
2つのフィクション「最高の旅」「最悪の旅」、そしてノンフィクション「現実の旅」で構成された新しいエンターテインメントの誕生。

2022/06/07

日本スラヴ学研究会にてシンポジウム「スタニスワフ・レムとその周辺」開催

日本スラヴ学研究会主催のシンポジウム、「スタニスワフ・レムとその周辺」が開催されます。日本スラヴ学研究会の総会に伴って開催されるもので、参加無料。オンライン (Zoom) からの参加可能です。ぜひ御参加ください。

詳細はこちらから。

*開催日時:2022年6月11日(土)

《タイムスケジュール》

・13:50-13:55 開会挨拶:長與進(日本スラヴ学研究会会長・早稲田大学名誉教授)

・13:55-16:55 シンポジウム:「スラヴ世界のSF Part2 ――スタニスワフ・レムとその周辺」
   司会:貞包和寛(日本学術振興会)  討論者:菅原祥(京都産業大学)
    
     13:55-14:25 芝田文乃(ポーランド語翻訳者)
               「スタニスワフ・レム日本語翻訳史概説」

     14:25-14:55 関口時正(東京外国語大学名誉教授)
               「『インヴィンシブル』の余白に――題、民族、女性、銀河系中心主義、法華経」

     15:05-15:35 富重聡子(一橋大学大学院博士後期課程)
               「映画『イカリエXB1』における「コンタクト」――映像と音の観点から」

     15:35-16:05 若島正(京都大学名誉教授)
               「レムとSF」

     16:15-16:55 討論とリプライ、質疑応答

2022/06/07

『感情の向こうがわ』刊行記念・光岡英稔氏✕名越康文氏トーク&イベント開催

『感情の向こうがわ』刊行記念、光岡英稔氏(武術・武学研究家)と名越康文氏(精神科医・歌手)のトークイベントが開催されます。

*日時:2022年7月14日(木) 18時30分~
*場所:大阪市北区北堀江 

スペシャルゲストに甲野善紀氏と尹雄大氏を迎えて、ワークショップ+Q&Aの時間も。関西方面の方はぜひ御参加ください。

詳細はこちらから。

『感情の向こうがわ』(光岡英稔/名越康文)
9784336073419.jpg
未曽有の社会的混乱のなかでこれからの私たちが生きる道とは――。稀代の武術家と精神科医の対話から見えてくる、一回性の「いま」を生きるために、自分の身体を通してものを考えるための実践的なことばの数々。特別寄稿:甲野善紀氏。

2022/05/27

「図書新聞」6月4日号にて『フィリア――今道子』書評掲載

「図書新聞」2022年6月4日号(3545号)に『フィリア――今道子』の書評掲載。評者は平井倫行さん(國學院大學講師)です。


「今の作品に慣れ親しんだ読者にとり本書はその活動全体を見渡し作家の現在いる場所から越し方を「振り返る」書として、と「同時に」、これから今の世界へとより深く足を踏み入れることを希望する者にとって本写真集は、その導入にして一つの到達点「未来」への針路をも予見させる最良の案内書となるであろう」

(今道子 写真/高橋睦郎・中森康文・水沢勉 執筆/朝木由香 編/柿沼裕朋 インタビュー)
9784336072658.jpg
魚や果物などの食材や、靴や帽子といった日常的なモノを組み合わせてオブジェを制作し、自邸の自然光で撮影して幻想的な作品世界を創造する写真家・今道子(こん みちこ、1955-)。《蛸+メロン》《キャベツ氏》など初期の代表作から、近作の《繭少女》《シスターバンビ》、そして最新作の《巫女》まで、カラー、ポラロイド写真を含む計100点の作品を掲載する。巻末には作家へのロングインタビューや論考、作品リストや展覧会歴も収録。第16回木村伊兵衛写真賞(1991年)を受賞するなど、国内外で高い評価を得てきた「異色の写真家」の40年余にわたる活動の軌跡をたどる決定版。
本書が図録となった展覧会などを対象として、2022年日本写真協会賞作家賞を受賞。

2022/05/20

「図書新聞」5月28日号にて『新興写真の先駆者 金丸重嶺』書評掲載

「図書新聞」2022年5月28日号にて『新興写真の先駆者 金丸重嶺』(鳥海早喜 著)の書評が掲載されております。評者は松實輝彦(名古屋芸術大学教授)さんです。


「本書には40点の口絵写真と200点を超える写真図版が満載されており、それらのイメージからも写真家の全体像が把握できるという贅沢な造りとなっている。解りやすく丁寧な記述による考察は、この稀有な写真家の研究に関する今後の重要な起点となり、道標となるものである」

072818.jpg
日本初の商業写真スタジオ「金鈴社」、ベルリンオリンピック取材、写真大壁画《撃ちてし止まむ》、あるいは教育者として日本大学芸術学部写真学科の礎を築く――。
手がけたクローズアップ写真やフォトグラム、スナップ写真、報道写真は時代の先端をいき、後半生はあますことなく後進に伝えることを使命として時代を駆け抜けた。人の心を動かす写真とはなにか? 日本の写真界を、新しい写真の探求へと誘引する、写真に遊ぶ巨人が詳らかに! 初評伝及び意欲的論考。口絵32頁及び本文図版220点余収録。

2022/05/20

「クロワッサン」5月25日号にて『手招く美女』が紹介されました

「クロワッサン」2022年5月25日号、「文字から栄養 よりすぐり読書日記」のコーナーにて『手招く美女』紹介。書き手は瀧井朝世さん。紹介文は「美しい文章で堪能する心理的な恐怖の数々」と題されています。


「恐怖はもちろん、ずっと保たれる不穏な空気感の素晴らしさにしびれる8篇だった」「どれも人間心理が巧みに描かれていて引き込まれる。翻訳も素晴らしく、ありがたい」

『手招く美女』(オリヴァー・オニオンズ/南條竹則、高沢治、館野浩美 訳)

9784336072948.jpg
邪悪なものの憑依と精神崩壊の過程を鬼気迫る筆致で描き、ブラックウッド、平井呈一らが絶賛した心理的幽霊譚の名作「手招く美女」。沈没寸前のガレオン船の前に霧の中から現れた謎の船の正体とは......超時間的な幻想譚「幻の船」。シチリアの富豪の娘が旅先のチュニスで英国青年と恋に落ち、同時に神秘的な人格の変容を経験する。エキゾティックな舞台に古代幻想が交錯する中篇「彩られた顔」など全8篇と、作者がその怪奇小説観を披露したエッセーを収録。英国怪奇小説の黄金時代に、精緻な心理主義と怪異描写、斬新なアイデアで新しい地平を拓いたオリヴァー・オニオンズの怪奇小説傑作選。

2022/05/19

「ムー」6月号にて『オカルトタロットの歴史』紹介

「ムー」2022年6月号にて『オカルトタロットの歴史』(ロナルド・デッカー、マイケル・ダメット 著/今野喜和人 訳)が紹介されました。


「このような企画が通る時代を迎えられたことには、感涙を禁じえない。全600ページに及ぶ大冊であるが、オカルティズムやタロットに関心のある人なら、ページをめくる手が止まらなくなる、圧倒的な情報量と面白さ。まさに極上の愉悦である」

『オカルトタロットの歴史 1870-1970年』(ロナルド・デッカー、マイケル・ダメット 著/今野喜和人 訳)
9784336072771.jpg
タロットの秘儀化はいかにして生まれ、いかにして解体し、さらに広い文化的事象へと展開していったのか?――黄金の夜明け団やアレイスター・クロウリーによるタロットの扱い、現代において最も流通している「ウェイト=スミス版タロット」の誕生にまつわる経緯など、日本でも関心が高い主題を取り上げ、基本的には遊戯用のカードに過ぎなかったタロットが18世紀末以降、古代以来のありとあらゆる神秘思想を担う図像の集成となり、また人間の運命を見通す占いの道具となっていった歴史を、世界各地で活動したタロティストたちの人生と思想、社会の動きを織り交ぜながら興趣あふれる筆致で描き出した決定的大著。

ページトップへ