1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. ラテンアメリカ文学 > 
  4. パラディーソ

パラディーソ

パラディーソ

発売日 2022/09

判型 A5判   ISBN 978-4-336-07384-6

ページ数 612 頁   Cコード 0097

定価 5,280円 (本体価格4,800円)

内容紹介

◆ラテンアメリカ文学不滅の金字塔がついに邦訳!

一家に君臨するホセ・エウヘニオ大佐と喘息持ちで鋭敏な感性を持つ長男ホセ・セミ―、熱帯の光に満ち満ちた日々の中で、オラーヤ家とセミー家にもたらされる生のよろこびとふりかかるあまたの苦難、痛苦な愛と非業の死――典雅で混成的なクリオーリョ文化が濃密に漂う革命前のキューバ社会を舞台に、五世代にわたる一族の歴史を、豊穣な詩的イメージとことばの遊戯を駆使して陰影深く彩り豊かに描いた、20世紀の奇書にして伝説的巨篇。

著者紹介

ホセ・レサマ=リマ (ホセレサマリマ)

1910年12月19日ハバナ生まれ。幼少時より喘息に悩まされた。キューバ軍士官だった父親は、第一次大戦に志願し、渡欧するためにフロリダ州の米軍基地に滞在中、インフルエンザにより1919年1月に死去。ハバナ大学法学部に入学したが、1930年から政治的弾圧によって大学が閉鎖されたため、卒業は38年になった。その間に読書と詩作への関与を深め、1936年、スペイン戦争を逃れてキューバを訪れたスペインの詩人フアン・ラモン・ヒメネスと出会い、詩人としての評価を得る。官吏として勤めながら、『ナルシスの死』『敵なる物音』などの詩集を発表する一方、自費でいくつもの文芸雑誌を刊行し、中でも『オリヘネス』誌は1944年から56年まで続いた。『パラディーソ』の一部はここに掲載された。49年にメキシコ、50年にジャマイカを短期間訪問。1957年に講演をもとにした評論集『アメリカ大陸の表現』を刊行。キューバ革命後は政府文化局の文芸出版部やキューバ文学研究センターなどで公職をつとめた。1961年に姉と妹の一家が亡命して、一家は離散した。1964年、1930年よりトロカデーロ街の家(現博物館)でともに暮らしてきた母親が死去。同年、妹の学生時代の友人マリア・ルイーサと結婚。1966年『パラディーソ』刊行、ブルジョワ的な生活描写と性的な内容が問題視された一方、高い評価も得て、国外でも出版される。1968~71年のパディーリャ事件で批判の対象となり、出版や公的な場から遠ざけられる。1976年8月9日、ハバナで死去。

旦敬介 (ダンケイスケ)

1959年生まれ、東京都出身。作家・翻訳家、明治大学国際日本学部教授。ラテンアメリカ文学、アフロブラジル文化。著書に『旅立つ理由』(読売文学賞)、『ライティング・マシーン』など。訳書は、バルガス=リョサ『ラ・カテドラルでの対話』、ガルシア=マルケス『十二の遍歴の物語』『生きて、語り伝える』、J・ゴイティソーロ『戦いの後の光景』、B・チャトウィン『ウイダーの副王』、P・コエーリョ『11分間』、M・ジェイムズ『七つの殺人に関する簡潔な記録』など多数。

目次

パラディーソ
 *
『パラディーソ』を読むために
飛散してゆくイメージ――レサマ=リマの『パラディーソ』をめぐって
ホセ・レサマ=リマ主要著作
『パラディーソ』の構成
『パラディーソ』家系図

パラディーソ


*近刊

同じ著者・訳者の作品

無限の言語 初期評論集

最初期の三作よりセレクトされた評論集。「ジョイスの『ユリシーズ』」「天使の歴史」…


ページトップへ