1. トップページ > 
  2. 最新ニュース一覧

最新ニュース一覧

RSS

ニュース・イベント情報一覧です。

2018/09/18

《アルヴァ・アアルト――もうひとつの自然》展 開催〈~11/25(日)〉

今年で生誕120年となるフィンランドの建築家アルヴァ・アアルト(1898-1976)は、モダニズムに
自然の要素を取り入れ、人々の暮らしをより良くする建築や家具デザインなどを追求しました。
彼のパイミオのサナトリウム(1933)やマイレア邸(1939)は建築における有機的な形態と素材の
優れた相互作用を体現し、《アームチェア 41 パイミオ》(1932)や《スツール 60》(1933)は近代家
具の展開に画期的な役割を果たしました。そして、ガラス器《サヴォイ・ベース》(1936)は、フィン
ランド・デザインのシンボルになっています。アアルトの有機的な形態は、フィンランドの自然や風
景から生まれたという従来の見方に加えて、本展では同時代の芸術家たちとの対話も重要であっ
たという新しい視点を提示します。日本では約20年ぶりとなる本格的なアアルトの回顧展であり、
オリジナルの図面や家具、照明器具、ガラス器、建築模型など約300点で、フィンランドでもっとも
著名なこの建築家の生涯と作品を辿ります。(神奈川県立近代美術館HPより)


◆会場:神奈川県立近代美術館 葉山館  展示室 2・3
    〒240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1
    TEL.046-875-2800
    
◆会期:2018年9月15日(土)~11月25日(日)
◆休館日:月曜日(9月17日、9月24日、10月8日は開館)
◆開館時間:9:30~17:00 (入館は16:30まで)
◆観覧料:一般1,200円/20歳未満・学生1,050円/65歳以上600円/高校生100円 

《アルヴァ・アアルト》展 詳細ページ


9784336062895.jpg
【展覧会公式図録】
和田菜穂子 編集 
定価 4,104円(本体価格3,800円)
モダニズムに自然の要素を取り入れ、人々の暮らしをより良くする
建築や家具デザインなどを追求した、20世紀を代表する建築家アル
ヴァ・アアルト。その多彩なる活動を300点に及ぶ図面や写真でたどる。


2018/09/14

『英国怪談珠玉集』が小説推理10月号で紹介されました。

小説推理10月号で『英国怪談珠玉集』が紹介されました。

評者はアンソロジストの東雅夫氏。
「静かな気魄が伝わる好著・好企画」
「装釘の美事さに思わず歎声」
「英国怪談方面の訳業の集大成」


9784336062802.jpg
南條竹則 編訳 
定価 7,344円(本体価格6,800円)
英国怪談の第一人者が半世紀に近い歳月を掛けて選び抜いた、イギ
リス怪奇幻想恐怖小説の決定版精華集。26人におよぶ作家の作品32
編を一堂に集める。訳し下しや単行本未収録作も多数収録。 


2018/09/11

『草屋根と絵筆 画家 向井潤吉のエッセイ』関連展覧会開催

『草屋根と絵筆 画家 向井潤吉のエッセイ』に関連して2つの展覧会が開催中です。
是非、お運びください。


《民家の画家 向井潤吉 人物交流記》
1945年以降、約40年間にわたって草屋根の民家を描き続けたことで知られる向井潤吉は、
1901年に京都に生まれ、1933年からは世田谷区弦巻にアトリエを構え、制作を重ねた画家
です。本展は向井の画業を主軸としつつ、彼が感慨をこめて綴ったさまざまなエッセイを
手がかりとして構成します。
そして、その文中に登場する向井が交流をもったさまざまな人々の作品や諸資料もあわせ
てご紹介し、向井潤吉の画家としての足跡を辿ろうとするものです。(世田谷美術館HP)

◆会期:2018年9月8日(土)~11月4日(日)
◆会場:世田谷美術館 1階展示室
    〒157-0075 世田谷区砧公園1-2
    TEL.03-3415-6011 
◆開館時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)
◆休館日:毎週月曜日
     ※9月17日(月・祝)、9月24日(月・振替休日)、10月8日(月・祝)は開館、
      翌9月18日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)は休館。
◆観覧料:一般 1000円/65歳以上 800円/大高生 800円/中小生 500円


《向井潤吉 民家の旅 風土のかたちを求めて》
日本各地には、自然とともに生きる人々の暮らしによって育まれた、風土のかたちともい
える特徴的な民家の姿があります。世界遺産・白川郷の「合掌造り」をはじめ、「兜造り」
や「曲がり家」など、向井潤吉が描いた、それぞれの土地の環境のなかでかたちづくられ
た、人々の息づかいがただよう民家の造形美をお楽しみください。(向井潤吉アトリエ館HP)

◆会期:2018年9月8日(土)~2019年3月17日(日)
◆会場:向井潤吉アトリエ館 展示室
    〒154-0016 東京都世田谷区弦巻2-5-1 
    TEL.03-5450-9581
◆開館時間:10:00~18:00(ご入館は17:30まで)
◆休館日:毎週月曜日(ただし祝・休日と重なった場合は開館【※1】、翌平日休館【※2】)、
     年末年始 12月29日~1月3日
    【※1】9月17日(月・祝)、9月24日(月・振替休日)、10月8日(月・祝)、
        12月24日(月・振替休日)、1月14日(月・祝)、2月11日(月・祝)は開館
    【※2】9月18日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)、12月25日(火)、
        1月15日(火)、2月12日(火)は休館
◆観覧料:一般 200円/65歳以上 100円/大高生 150円/中小生 100円




9784336062420.jpg
『草屋根と絵筆 画家 向井潤吉のエッセイ』
向井潤吉 著/橋本善八 編 
定価 3,996円(本体価格3,700円)
「民家の向井」と呼ばれた画家、向井潤吉が、北海道から九州まで
日本各地を旅し、絵画制作のかたわら綴ったエッセイを集大成。草
屋根の民家の絵とともに、かつて日本人がもっていた豊かさの記録。


2018/09/10

『英国怪談珠玉集』が各媒体で紹介されました。

『英国怪談珠玉集』が各媒体で紹介されました。

・朝日新聞9/9付
 評者はアンソロジストの東雅夫氏。
 「紙の本ならではの愉悦を堪能できる凄い造本」
 「いやなにより嬉しいのは、本書に収められた32篇の英国怪奇小説が、作品の出来といい
  達意の訳文といい、贅沢な造りの愛蔵版で熟読玩味するにふさわしい逸品揃いなこと」
 「文学の極意は怪談であることを実証するハイクオリティーのアンソロジー」



・朝日新聞 好書好日
 評者は怪奇幻想ライターの朝宮運河氏。
 「豪華な函に収められた本アンソロジーは、怪談を読むこと・書くこと・訳すことの
  楽しさが詰まった文学のおもちゃ箱」
 「怪談好きなら手に入れて損はない一冊。10年先、20年先でも楽しませてくれるはず」




9784336062802.jpg『英国怪談珠玉集』
南條竹則 編訳 
定価 7,344円(本体価格6,800円)
英国怪談の第一人者が半世紀に近い歳月を掛けて選び抜いた、イギ
リス怪奇幻想恐怖小説の決定版精華集。26人におよぶ作家の作品32
編を一堂に集める。訳し下しや単行本未収録作も多数収録。 

2018/09/03

『オタジャパ!』がテレビ東京「出没! アド街ック天国」9/1放送で紹介されました。

テレビ東京「出没! アド街ック天国」9/1放送で『オタジャパ!』紹介されました。
新宿三丁目特集の中で紀伊國屋書店新宿本店の日本語テキストコーナーが紹介された際、
人気本としてピックアップされました。



9784336055378.jpg
『オタジャパ! オタクな例文で覚える上級表現&文型』
『オタジャパ!』製作委員会 
定価 1,620円(本体価格1,500円)
マンガ&アニメ好きの留学生のあなたに送る、オタクな例文満載の
テキスト!楽しい例文で上級(日本語能力試験N1レベル)の表現&
文型を覚えよう!読解問題や敬語の問題も収録!

2018/08/31

『十四番線上のハレルヤ』が読書人8/31付で紹介されました。

読書人8/31付で『十四番線上のハレルヤ』が紹介されました。

評者は文芸評論家の田中和生氏。
「静謐な日常を描いていると魅せながら、いつの間にか不穏な領域に踏み込んでいる独特の
 味わいのある作品は、書きぶりがより研ぎ澄まされている」
「幻想と日常が混沌としていく作品のなかで、作者は人間的な真実を手探りしている」
「読みごたえのある、贅沢な作品集」


9784336062758.jpg『十四番線上のハレルヤ』
大濱普美子 著
定価 1,944円(本体価格1,800円)
夢と現が交錯する、奇妙でノスタルジックな幻想譚「ラヅカリカヅラ
の夢」「補陀落葵の間」ほか全6篇を収録。西崎憲・東雅夫推薦!!
装画:椎木かなえ 装幀:コバヤシタケシ 

2018/08/31

五味太郎×長田真作の対談がオンラインメディアBuzzFeedに掲載されました。

『風のよりどころ』の著者長田真作氏と絵本作家五味太郎氏の対談が、
オンラインメディアBuzzFeedに掲載されました。

BuzzFeedJapan インタビュー特集
https://ex.yahoo.co.jp/buzzfeedjapan/heisei31/6.html


9784336062093.jpg『風のよりどころ』
長田真作 作
定価 1,620円(本体価格1,500円)
いまもっとも注目を集める奇才・長田真作が何よりも描きたかった
世界――未知の世界にひそむ予兆、出現、予感を、独特の世界観と
色彩で表現した、新世代の子どもたちに届ける贈り物。五味太郎さ
ん推薦!

 

2018/08/31

※受付終了 『英国怪談珠玉集』刊行記念 Twitter限定プレゼントキャンペーン

『英国怪談珠玉集』の刊行を記念して、編訳者南條竹則氏の識語入りサイン色紙を
抽選で20名の方にプレゼントいたします。

※受付は終了いたしました。
 ご応募ありがとうございました。

 [応募方法]
 『英国怪談珠玉集』収録作の中から気に入った1作品を選び、書籍の写真とともに
Twitter上でハッシュタグ「#英国怪談珠玉集」をつけてツイートしてください。
 ※応募tweetはお1人様1回、当選の連絡後1週間以内にご連絡がない場合は当選が
  無効となりますのでご了承ください。

 [キャンペーン応募締め切り]2018年8月31日(金)

当選者には、追って当選のご連絡とプレゼント発送に関するご案内DMにていたしますので、
   応募の際は弊社Twitterのフォローもあわせてよろしくお願いいたします。



9784336062802.jpg
『英国怪談珠玉集』
南條竹則 編訳
定価 7,344円(本体価格6,800円)
英国怪談の第一人者が半世紀に近い歳月を掛けて選び抜いた、
イギリス怪奇幻想恐怖小説の決定版精華集。26人におよぶ作家の
作品32編を一堂に集める。訳し下しや単行本未収録作も多数収録。

2018/08/29

『横尾忠則 幻花幻想幻画譚 1974-1975』展 開催 〈9/5(水)~10/20(土)〉

 時代の寵児として先陣を切って若者文化を牽引していた横尾忠則は、1974~75年にかけて、
東京新聞に連載された瀬戸内晴美(現・瀬戸内寂聴)による時代小説『幻花』のために挿絵を描
いていました。室町幕府の衰退を一人の女性の視点から綴ったこの小説に、横尾は自由奔放な
発想をもって、実験的手法を繰り出しながら、超絶技巧の挿絵を次々と生みだしていったのです。
2015年12月、兵庫の横尾忠則現代美術館にて、挿絵の全原画が一般公開されるまで、その存
在を知るものはほとんどいませんでした。そのとき、40年間の封印から解き放たれた原画たちは、
横尾が第一線で活躍するなか東洋思想への関心を深めていた70年代半ばの、時代の空気やエ
ネルギーを強烈に発散しつつ、新たな生命を解き放ったのです。
 今回、横尾忠則現代美術館の多大なるご協力のもと、横尾自らが命名した「幻花幻想幻画譚」
を受け継ぎながら、挿絵原画全371点をここ東京の地で、新たな視点から甦らせます。約8cm×14
cmの小さな画面から発せられるエネルギーはどこからやってきたのか、40歳を前にした横尾忠
則のいた社会情勢にも焦点を当てながら検証します。般若心経を書き込んだり、映画のアニメー
ションのように同じ場面を少しずつ変化させ連続性を持たせたり、一方、唐突に物語に関係のない
モチーフや、作家瀬戸内自身の肖像を登場させたり、原稿が出来上がる前に挿絵を描いてしまっ
たものなど、横尾イラストレーション・ドローイングの真骨頂、横尾グラフィック・ワークの最高傑作
が凝縮された小さな宇宙をご体験ください。 
(ギンザ・グラフィック・ギャラリー HPより)


◆会期:2018年09月05日(水)~10月20日(土)
◆会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
    〒104-0061
    東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F
    TEL:03-3571-5206/FAX:03-3289-1389  
◆時間:11:00~19:00
◆休館:日曜・祝日
◆入場料:無料
 
展覧会詳細情報
http://www.dnp.co.jp/CGI/gallery/schedule/detail.cgi?l=1&t=1&seq=00000728


9784336059765.jpg『幻花幻想幻画譚』
横尾忠則 画/瀬戸内寂聴 原作
定価 4,104円(本体価格3,800円)
1974〜75年にかけて新聞連載された瀬戸内晴美(寂聴)に
よる時代小説「幻花」のために横尾忠則が描いた挿絵全371
点を完全収録した、横尾忠則のイラストレーションの総決算
にしてグラフィック・ワークの最高傑作。

2018/08/27

『自殺の歴史』がふらんす9月号で紹介されました。

ふらんす9月号で『自殺の歴史』が紹介されました。

評者はライターの藤井勉氏。
「自殺にまつわるエピソードが収められ、そこから一つの歴史と体系が浮かび上がる」
「著者はそんな紀元前から現代までに起きた自殺を、事件の知名度・死ぬ理由・方法・場所で
  分類(中略)併載されている自殺の方法別件数の推移、セーヌ川での自殺救助の各種報奨
  金一覧といったデータからは、自殺のトレンドや多様な救助手段が見てとれる」
「自殺の背景は知れば知る程、人それぞれで複雑だとわかる。そこにこそ、
  自殺の本質があると思えて仕方ない」



9784336062628.jpg
『自殺の歴史』
ロミ/土屋和之 訳
定価 4,536円(本体価格4,200円)
古今東西におよぶ自殺の諸相を数々の逸話とともに解析。
人間存在の最も哲学的なテーマである自殺の諸問題を、
心理・哲学・技術・手法・社会・文学・漫画・小唄など、多方
面から論じた類のない労作。

ページトップへ