1. トップページ > 
  2. 最新ニュース一覧

最新ニュース一覧

RSS

ニュース・イベント情報一覧です。

2016/12/05

『新・国史大年表』が第13回新聞社学芸文化賞特別賞を受賞いたしました。

『新・国史大年表』が出版梓会第13回新聞社学芸文化賞特別賞を受賞いたしました。

新聞社学芸文化賞特別賞......出版社を対象に顕彰する賞。優れた出版活動を行っている出版社を
激励することを目的としています。また第20回を記念して新たに創設した<新聞社学芸文化賞>は、
主要新聞社・通信社の文化部長で構成した選考委員会が選考にあたっています。 

出版梓会公式HP



『新・国史大年表』全巻書影.jpg
従来の年表の概念を超えた圧倒的記述と情報量。政治経済はもとより、
社会・文化のあらゆる分野を網羅した、全く新しいたて組の日本史年表。
「このようなトータルな年表は出版史上初というべく、さらには日置氏のよ
うな年表づくり一筋に半生を捧げた専門家にのみ、はじめて可能な業績
といえる」(紀田順一郎)ルビや語句の説明豊富。各巻末には充実した事
項・人名索引(各7000項目)付。

2016/12/02

『神吉拓郎傑作選①②』が東京人1月号で紹介されました。

東京人1月号で『神吉拓郎傑作選①②』が紹介されました。

「1は大人の日常、2は食と暮らしをテーマに集めている」
「残り香のような余韻と「軽さ」を楽しめる、珠玉の短編集」


神吉拓郎/大竹聡 編 
各定価 2,160円(各本体価格2,000円)
移りゆく月日、帰らない人、忘れられない味──。日常にかいま見える人生の
哀歓と機微を透徹した筆致で描きだす、大人のための小説。短編小説の名手
と謳われた、直木賞作家・神吉拓郎の作品を精選した初の傑作選。

9784336060914.jpg
9784336060921.jpg



 

2016/12/02

【参加店舗追加】国書刊行会×東京創元社×早川書房 シャーリイ・ジャクスンフェア開催!

〈ドーキー・アーカイヴ〉第3弾として刊行された、シャーリイ・ジャクスン『鳥の巣』。
今年は彼女の作品が続々刊行され、注目を集めています。
そこで、この秋に『処刑人』を発売する東京創元社、文庫化した『くじ』が話題の
早川書房と合同で、フェアを開催いたします。
日常と非日常に滲み出る悪意、不気味な笑いに満ちた物語にどっぷり浸かるならいま!

 《開催店舗》
◆北海道
 紀伊國屋書店 札幌本店                                    丸善 ラゾーナ川崎店
maruzen_kawasaki_SJ.JPG
 コーチャンフォー 新川通り店
◆栃木県
 喜久屋書店 宇都宮店
 小山進駸堂中久喜本店
◆千葉県
 丸善 津田沼店
◆東京都
 三省堂書店 池袋本店
 紀伊國屋書店 新宿本店
 ブックファースト 新宿店                                     書泉ブックタワー
shosen_booktower_SJ.jpg
 ブックファースト 渋谷文化村通り店
 MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店
 青山ブックセンター 六本木店
 八重洲ブックセンター 八重洲本店
 ブックファースト 銀座コア店
 書泉ブックタワー
 有隣堂 ヨドバシAKIBA店
 ジュンク堂書店 吉祥寺店
 オリオン書房 ノルテ店 ※New
◆神奈川県
 有隣堂 横浜駅西口店
 丸善 ラゾーナ川崎店 ※New
◆富山県
 紀伊國屋書店 富山店
◆石川県
 文苑堂書店 示野本店
◆愛知県
 MARUZEN 名古屋本店
 カルコス 小牧店
◆大阪府
 MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
 梅田 蔦屋書店
 ジュンク堂書店 難波店
 ジュンク堂書店 大阪本店
 ジュンク堂書店 天満橋店
◆兵庫県
 ジュンク堂書店 西宮店
◆福岡県
 ジュンク堂書店 福岡店
 ブックセンタークエスト 小倉本店
◆鹿児島県
 ジュンク堂書店 鹿児島店

※開催時期は店舗により異なります。詳細は各店にお問い合わせください。


9784336060594.jpg
シャーリイ・ジャクスン/北川依子 訳 
定価 2,592円(本体価格2,400円)
私のなかで、4人の私のバトルが始まる―― 人間心理の
奥底にある不安感と恐怖と狂気を巧みにえぐり出す 『丘の
屋敷』『ずっとお城で暮らしてる』の 〈孤高の異色作家〉に
よる、古典にして究極の多重人格小説がついに登場!

2016/12/01

『宇宙探偵マグナス・リドルフ』が文春図書館「ミステリーベスト10 2016」海外部門にランクイン!

週刊文春12月8号で発表された「全国のミステリー通、書店員が選ぶ!文春図書館ミステリーベスト10 2016」
海外部門で『宇宙探偵マグナス・リドルフ』が、第9位を獲得しました。

 ミステリ評論家の千街晶之氏
  「悪党の更に上をゆくがめつい悪徳探偵の活躍が痛快。宇宙人たち相手の消去法推理には大笑い」
 翻訳者、評論家の飯城勇三氏
  「SF版本格ものがあるかと思えば、SF版コン・ゲームもの、SF版ビジネスものもあり。
   (中略)才人だなぁ。」
 SF作家の森下一仁氏
  「とんでもない宇宙人たちが起こす事件の謎を、自己中心的な探偵が推理して、おおらかに笑えます」




9784336059208.jpg
ジャック・ヴァンス/浅倉久志/酒井昭伸 訳
定価 2,592円(本体価格2,400円)
ある時は沈毅なる老哲学者、ある時は知謀に長けた数学者、しかして
その実体は宙を駆けるトラブルシューター、その名もマグナス・リドルフ! 
名匠ヴァンスによる愉快痛快・抱腹絶倒の傑作宇宙ミステリシリーズ、登場!

2016/11/28

「秘蔵写真 伝えたかった中国・華北」展覧会開催〈11月29日(火)~12月25日(日)〉

JCIIフォトサロン、JCIIクラブ25で「秘蔵写真 伝えたかった中国・華北
――京都大学人文科学研究所所蔵 華北交通写真――」が開催されます。 

南満洲鉄道(満鉄)の流れを汲む華北交通(1939年4月設立)は、中国華北地方(北京、
天津、徐州など)で鉄道、バス、水上交通などの開発と運営を行っていました。
満鉄同様に日本の国策に従う特殊会社で、旅客や資源の輸送を担い、日本語グラフ誌
『北支』『華北』編集や弘報写真の配信を通じて沿線開発や日中親和の様子を内外に伝
えていました。1945年の日本敗戦に伴って解散しましたが、近年になって同社の弘報用
ストックフォト約3万5千枚が京都大学人科学研究所に保存されていることがわかりました。
本展は、1937年から1945年にかけて撮影された「華北交通写真」の初公開展です。 
(JCIIフォトサロンHPより)


「秘蔵写真 伝えたかった中国・華北
――京都大学人文科学研究所所蔵 華北交通写真――」
◆会期:2016年11月29日(火)~12月25日(日)
    102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル1階 
◆開館時間:10:00~17:00 
◆休館日:毎週月曜日(ただし、祝日の場合は開館) 
◆入館料:無料

【展覧会詳細ページ】


国書刊行会では本展の関連書籍として
『京都大学人文科学研究所所蔵 華北交通写真資料集成』を刊行しております。
こちらもあわせてご覧ください。


9784336060884.jpg
貴志俊彦/白山眞理 編 
定価 28,080円(本体価格26,000円)
戦後70年京大人文科学研究所に眠っていた華北交通撮影の膨大な
写真群。満鉄に並ぶ国策鉄道会社が遺した奇跡的資料を初公開!
失われた風景や貴重な風俗、鉄道や産業の克明な記録を〈写真編〉
〈論考編〉2分冊で詳細に紹介。


2016/11/28

『シャーロック・ホームズ完全ナビ』が朝日新聞11/27付で紹介されました。

朝日新聞11/27付で『シャーロック・ホームズ完全ナビ』が紹介されました。

「英グラナダ・テレビ「シャーロック・ホームズの冒険」でワトスン博士を演じたエドワード・ハードウィックほか、
  ドラマやワトスンやホームズを演じた俳優らへのインタビューも収録」
「イラストや写真も多数」



9784336060563.jpg
ダニエル・スミス/日暮雅通 訳 
定価 3,996円(本体価格3,700円)
ホームズ物語60篇すべてのあらすじ、登場人物紹介、BBCドラマ「SHERLOCK」
をはじめとする映像の世界など、 シャーロック・ホームズのすべてをつめこんだ
原作ファンも、「SHERLOCK」ファンも楽しめるホームズ・ガイドの決定版! 

2016/11/28

『HERE』がFIGARO1月号で紹介されました。

FIGARO1月号で『HERE』が紹介されました。

「プルーストが『失われたときを求めて』でやろうとしたことを、イラストレーターのリチャード・マグワイアは
  本書でやってのけたのかもしれない」
「この本はHERE=ここを定点観測する(中略)紀元前までさかのぼる壮大な時間のパズルをつなぎ合わ
  せるうち、時の流れの深淵さが浮かび上がる。」
「仕掛けと企みに満ちた画期的なグラフィックノベル」



9784336060730.jpg
リチャード・マグワイア/大久保譲 訳 
定価 4,320円(本体価格4,000円)
ある部屋の一角の物語、そして地球の黎明期から遥かな未来まで、
この空間で起こる無数の出来事の物語――まったく新しい文学、
究極のグラフィック・ノヴェル/アート・ブックにして深遠なる哲学の書
がついに登場! 

2016/11/25

『戦争と看護婦』が看護教育12月号で紹介されました。

看護教育12月号で『戦争と看護婦』が紹介されました。

「赤十字救護班の活動の史料と多くの聞き書きから、日本の看護師は
  戦争とどうかかわってきたのか、その真の姿に迫る研究成果」
「平和と看護を深く考えるための一冊」



9784336060419.jpg
川嶋みどり・川原由佳里・山崎裕二・吉川龍子 著 
定価 2,376円(本体価格2,200円)
大戦中、看護婦が「戦時召集状」によって召集された事実を
知っていますか? 看護婦たちがあの大戦で、いのちをかけ
て救護活動をした史実を、多くのインタビューと豊富な資料に
よって、いま明らかにする。  


2016/11/25

『定本 夢野久作全集』が週刊読書人11/25付で紹介されました。

週刊読書人11/25付で『定本 夢野久作全集』が紹介されました。

「夢野久作の文学は熱狂的な読者を生みだし、幅広い層から支持されてきた」
「多彩な活動の全貌を集大成し、新たに大量の新資料を収載。作家にとって
  最初の本格的な全集となる」



9784336060143.jpg
夢野久作 著
西原和海・川崎賢子・沢田安史・谷口基 編 
定価 10,260円(本体価格9,500円)
歿後80年記念出版。多彩な活動の全貌を集大成し、
新たに大量の新資料を収載した決定版全集。第1巻は
初期作品ほか1917年から1931年までの小説を収録。

2016/11/22

『定本 夢野久作全集』が東京新聞11/20付で紹介されました。

東京新聞11/20付で『定本 夢野久作全集』が紹介されました。

「夢野は昭和初期に活躍した幻想怪奇の作家で、戦後に再評価され人気を集めた」
「代表作をはじめ、三一書房版・ちくま文庫版全集に未収録の作品や初収載となる
  エッセーなども多数収録」



9784336060143.jpg
夢野久作 著
西原和海・川崎賢子・沢田安史・谷口基 編 
定価 10,260円(本体価格9,500円)
歿後80年記念出版。多彩な活動の全貌を集大成し、
新たに大量の新資料を収載した決定版全集。第1巻は
初期作品ほか1917年から1931年までの小説を収録。


ページトップへ