1. トップページ > 
  2. 最新ニュース > 
  3. イベント

イベント情報一覧です。

 

2017/02/03

【参加店舗追加】国書刊行会×東京創元社×早川書房 シャーリイ・ジャクスンフェア開催!

〈ドーキー・アーカイヴ〉第3弾として刊行された、シャーリイ・ジャクスン『鳥の巣』。
今年は彼女の作品が続々刊行され、注目を集めています。
そこで、この秋に『処刑人』を発売する東京創元社、文庫化した『くじ』が話題の
早川書房と合同で、フェアを開催いたします。
日常と非日常に滲み出る悪意、不気味な笑いに満ちた物語にどっぷり浸かるならいま!

 《開催店舗》
◆北海道
 紀伊國屋書店 オーロラタウン店 ※New
 紀伊國屋書店 札幌本店                                    丸善 ラゾーナ川崎店
maruzen_kawasaki_SJ.JPG
 コーチャンフォー 新川通り店
◆栃木県
 喜久屋書店 宇都宮店
 小山進駸堂中久喜本店
◆千葉県
 丸善 津田沼店
◆東京都
 三省堂書店 池袋本店
 紀伊國屋書店 新宿本店
 ブックファースト 新宿店                                    書泉ブックタワー
shosen_booktower_SJ.jpg
 ブックファースト 渋谷文化村通り店
 MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店
 青山ブックセンター 六本木店
 八重洲ブックセンター 八重洲本店
 ブックファースト 銀座コア店
 書泉ブックタワー
 有隣堂 ヨドバシAKIBA店
 ジュンク堂書店 吉祥寺店
 オリオン書房 ノルテ店
◆神奈川県
 有隣堂 横浜駅西口店
 丸善 ラゾーナ川崎店                                      コーチャンフォー 新川通り店
SJ_CF.JPG サクラ書店 駅ビル店 
 ◆富山県
 紀伊國屋書店 富山店
◆石川県
 文苑堂書店 示野本店
◆愛知県
 MARUZEN 名古屋本店
 カルコス 小牧店
◆大阪府
 MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店                           紀伊國屋書店 新宿本店
SJ_KinoShinjuku.JPG
 梅田 蔦屋書店
 ジュンク堂書店 難波店
 ジュンク堂書店 大阪本店
 ジュンク堂書店 天満橋店
◆兵庫県
 ジュンク堂書店 三宮店 ※New
 ジュンク堂書店 西宮店
◆福岡県
 ジュンク堂書店 福岡店
 ブックセンタークエスト 小倉本店
◆鹿児島県
 ジュンク堂書店 鹿児島店

※開催時期は店舗により異なります。詳細は各店にお問い合わせください。


9784336060594.jpg
シャーリイ・ジャクスン/北川依子 訳 
定価 2,592円(本体価格2,400円)
私のなかで、4人の私のバトルが始まる―― 人間心理の
奥底にある不安感と恐怖と狂気を巧みにえぐり出す 『丘の
屋敷』『ずっとお城で暮らしてる』の 〈孤高の異色作家〉に
よる、古典にして究極の多重人格小説がついに登場!

 

2017/01/23

【参加店舗追加】『ハワード・ホークス映画読本』『ヒッチコック映画読本』刊行記念 両方購入で図書カードプレゼントフェア

山田宏一の最新刊『ハワード・ホークス映画読本』『ヒッチコック映画読本』の     ↓目印のフェアオリジナル帯&ハガキ
映画フェアオビ.jpg
刊行を記念して、図書カードプレゼントフェアを開催いたします。
フェア参加書店で特注フェア帯付きの両書籍を購入、帯の応募券を版社あてに
お送りいただいたお客様に、もれなく図書カード500円分をプレゼントいたします。
映画ファンは是非この機会をお見逃しなく!

【応募方法】                                 
合同フェアはがき_3048_201611.jpg
書刊行会『ハワード・ホークス映画読本』、平凡社『ヒッチコック映画読本』  
それぞれのフェア帯についている応募券を一枚ずつ切り取り、応募ハガキに
貼付の上お送りください。(切手不要)
◎帯付きであれば、期間内にどの参加書店で購入しても応募可能です。

【応募締切】
 2017年2月28日消印有効


【対象書籍】
四六変型版・約280頁 2,000円+税        四六変型版・約300頁 2,500円+税
「サスペンスの巨匠」のすべて。          米国娯楽映画の巨匠への愛溢れる
著者畢生の決定版。                   本邦初のホークス読本。   


【参加店舗一覧】 ※店舗は逐次追加予定
◆北海道
 MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店
◆宮城県
  丸善 仙台アエル店   
◆栃木県
 喜久屋書店 宇都宮店
◆東京都
 丸善 丸の内本店
 書泉グランデ
 東京堂書店 神田神保町店
 三省堂書店 神保町本店
 ブックファースト 銀座コア店
 八重洲ブックセンター 本店
 青山ブックセンター 六本木店
 HMV&BOOKS TOKYO
 ブックファースト 渋谷文化村通り店
   MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店
 ブックファースト 新宿店
 紀伊國屋書店 新宿本店
 ジュンク堂書店 池袋本店
 三省堂書店 池袋本店
 ジュンク堂書店 吉祥寺店
 paper wall nonowa国立店
 オリオン書房 ノルテ店
 オリオン書房 ルミネ立川店
   青山ブックセンター 本店 
◆神奈川県
 紀伊國屋書店 横浜店 ※New
 ジュンク堂書店 藤沢店
◆千葉県
 丸善 津田沼店
◆埼玉県
 紀伊國屋書店 さいたま新都心店
 BookDepot書楽
◆新潟県
  紀伊國屋書店 新潟店
◆長野県
 MARUZEN 松本店
◆石川県
 うつのみや 金沢香林坊店
◆愛知県
 ジュンク堂書店 名古屋店
 ジュンク堂書店 ロフト名古屋店
 カルコス 小牧店
 ちくさ正文館書店
◆大阪府
 喜久屋書店 阿倍野店 
 MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店 
 ジュンク堂書店 大阪本店
 ジュンク堂書店 近鉄あべのハルカス店
 ジュンク堂書店 難波店
◆京都府
 ジュンク堂書店 京都店
 大垣書店 イオンモールKYOTO店
 MARUZEN 京都本店
◆兵庫県
 ジュンク堂書店 三宮店
 ジュンク堂書店 芦屋店
◆広島県
 MARUZEN 広島店
 フタバ図書 MEGA祇園中筋店
◆香川県
 紀伊國屋書店 丸亀店
◆福岡県
 ジュンク堂書店 福岡店
◆鹿児島県
 ジュンク堂書店 鹿児島店
◆沖縄県
 ジュンク堂書店 那覇店

2017/01/10

吉祥寺Booksルーエにて写真集『なつかしの昭和時代』のパネル展開催中!

吉祥寺Booksルーエにて写真集『なつかしの昭和時代』刊行記念パネル展を開催中です。
著者は吉祥寺の老舗写真館らかんスタジオの鈴木育男さん。
パネルは実際にらかんスタジオから提供いただいた写真で作成しています。
吉祥寺周辺の情景を写しとったものは特に必見です。      
natsukashi_ruhe.JPG
是非、お立ち寄りください。

◆期間:開催中~2017年2月28日
◆場所:BOOKSルーエ 階段フェアコーナー
     〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-14-3
     TEL 0422-22-5677

 【フェア詳細ページ(BOOKSルーエ)】


9784336060488.jpg
鈴木育男 著 
定価 4,536円(本体価格4,200円)
昭和の残照写真集:嫁入り風景、赤帽、輪タク、進駐軍、Xアベニュー、
上野、浅草、裏街横丁、東北の冬、日常断章。戦後を生きる庶民の息づ
かいと「笑顔とぬくもりのある世情」は今では見ることができない。  

2016/12/22

『神吉拓郎傑作選』刊行記念トークイベント 大竹聡×荻原魚雷「神吉拓郎を語ろう!」開催

『神吉拓郎傑作選』刊行記念トークイベント 大竹聡×荻原魚雷「神吉拓郎を語ろう!」開催

短編小説の名手と謳われ、都会に暮らす人々の日常にかいま見える暗い人生の哀歓
と心理の機微を洗練の筆致で描き出してきた神吉拓郎は、短編小説の名手と謳われ
ると同時に、洒脱なライフスタイルエッセイの書き手としても知られていました。
その作品は高い評価をうけていたにもかかわらず、長い間、品切れ、絶版状態にあり、
手に取ることが難しかったのですが、2016年光文社文庫で『洋食セーヌ軒』が復刊され
たのに続き、当代きっての居酒屋・食エッセイの書き手として呼び声も高い大竹聡さん
が編者となり、初となる傑作選(『神吉拓郎傑作選』全2巻)が国書刊行会から刊行され
るなど、近年再評価の機運が高まっております。
今回は傑作選の編者である大竹聡さんと、長年、神吉拓郎を愛読してきた文筆家の
荻原魚雷さんに、その作品世界の魅力について存分に語りあっていただきます。


◆出演:大竹聡、荻原魚雷
◆日時:2017年1月14日(土)
     17:00~18:30 (16:30開場)
     ※終演後、会場にて懇親会を予定しております。
◆会場:古本バル 月よみ堂
     東京都杉並区西荻南2-6-4-103
     TEL 03-6454-2037
◆入場料:1500円(ワンドリンク付き)
      2杯目以降はキャッシュオン形式でご利用いただけます。
◆定員:20席
◆予約方法:メールでのご予約をお願いいたします。
       件名に「神吉拓郎トークイベント申込み」、本文に「お名前」「人数」
        「電話番号」をお書きいただきtsukiyomidou@gmail.comまでお送りください。


【出演者プロフィール】
 大竹聡 (オオタケサトシ)
 1963年東京都生まれ。早稲田大学第二文学部卒業後、出版社、広告代理店、編集
 プロダクションなどを経てフリーライターに。2002年、ミニコミ誌「酒とつまみ」を創刊。
 初代編集長に就任。主な著書に『レモンサワー』(双葉文庫)、『ギャンブル酒放浪記』
 (本の雑誌社)、『ひとりフラぶら散歩酒』(光文社新書)、『五〇年酒場へ行こう』(新潮
 社)、『多摩川飲み下り』(ちくま文庫)ほか多数。編書に『神吉拓郎傑作選』(全2巻、
 国書刊行会)

 荻原魚雷(オギハラギョライ)
 1969年三重県生まれ。明治大学文学部中退。在学中から書評やエッセイの執筆を
 はじめ、フリーター兼フリーライターを経て今に至る。著書に『古本暮らし』『閑な読書人』
 (晶文社)、『活字と自活』『書生の処世』(本の雑誌社)、『本と怠け者』(ちくま文庫)
 など。編著に『吉行淳之介エッセイ・コレクション』(全4巻、ちくま文庫)。


9784336060914.jpg
定価 2,160円(本体価格2,000円)
移りゆく月日、帰らない人、忘れられない味──。
日常にかいま見える人生の哀歓と機微を透徹した筆致で
描きだす大人のための小説。短編小説の名手と謳われた、
直木賞作家・神吉拓郎の作品を精選した初の傑作選。


9784336060921.jpg
定価 2,160円(本体価格2,000円)
珈琲の入れ方、本当のお洒落、大好きな鞄について──。
些事を好み、穏やかに流れる日々の暮らしを柔らかく軽妙な
筆致で描きだす。短編小説の名手と謳われた、直木賞作家・
神吉拓郎のエッセイを精選した初の傑作選。

2016/12/07

Carlova360 NAGOYAで『ぼくのミステリ・クロニクル』刊行記念フェア開催中!

Carlova360 NAGOYAでは、『ぼくのミステリ・クロニクル』刊行記念
calova_nagoya_mystery.JPG
〈「読む」「編む」「売る」~空犬太郎がすすめる「本の本」~〉フェアを開催中。
読者・編集者・書店の立場でミステリの世界に関わってきた著者の戸川安宣さん。
編者の空犬さんが、書籍『ぼくのミステリ・クロニル』の章立て
「読む」「編む」「売る」に合わせて、「本の本」を選んでいます。
帯の熱い選書コメントまで、ぜひじっくりご覧ください。


◆期間:開催中~2017年1月下旬(予定)
◆場所:Carlova360 NAGOYA
     〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-29-1 名古屋パルコ東館4F
     TEL 052-264-8526
☆『ぼくのミステリ・クロニクル』お買い上げの方には、空犬さん制作ペーパー
 『戸川さんのこと~ぼくのミステリ・クロニクル副読本~』(空犬推理文庫)をプレゼント!

  【フェア詳細ページ(ショップブログ)】

また、作中で言及される本を集めた、〈東京創元社おすすめ文庫〉フェアも同時開催中!
  【フェア詳細ページ(ショップブログ)】



9784336058966.jpg
戸川安宣/空犬太郎 編
定価 2,916円(本体価格2,700円)
東京創元社で伝説の叢書「日本探偵小説全集」を企画する一方で、
編集者として数多くの新人作家を発掘し戦後の日本ミステリ界を
牽引した稀代の名伯楽がその全てを語る。ミステリファン必携の一冊。

2016/11/28

「秘蔵写真 伝えたかった中国・華北」展覧会開催〈11月29日(火)~12月25日(日)〉

JCIIフォトサロン、JCIIクラブ25で「秘蔵写真 伝えたかった中国・華北
――京都大学人文科学研究所所蔵 華北交通写真――」が開催されます。 

南満洲鉄道(満鉄)の流れを汲む華北交通(1939年4月設立)は、中国華北地方(北京、
天津、徐州など)で鉄道、バス、水上交通などの開発と運営を行っていました。
満鉄同様に日本の国策に従う特殊会社で、旅客や資源の輸送を担い、日本語グラフ誌
『北支』『華北』編集や弘報写真の配信を通じて沿線開発や日中親和の様子を内外に伝
えていました。1945年の日本敗戦に伴って解散しましたが、近年になって同社の弘報用
ストックフォト約3万5千枚が京都大学人科学研究所に保存されていることがわかりました。
本展は、1937年から1945年にかけて撮影された「華北交通写真」の初公開展です。 
(JCIIフォトサロンHPより)


「秘蔵写真 伝えたかった中国・華北
――京都大学人文科学研究所所蔵 華北交通写真――」
◆会期:2016年11月29日(火)~12月25日(日)
    102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル1階 
◆開館時間:10:00~17:00 
◆休館日:毎週月曜日(ただし、祝日の場合は開館) 
◆入館料:無料

【展覧会詳細ページ】


国書刊行会では本展の関連書籍として
『京都大学人文科学研究所所蔵 華北交通写真資料集成』を刊行しております。
こちらもあわせてご覧ください。


9784336060884.jpg
貴志俊彦/白山眞理 編 
定価 28,080円(本体価格26,000円)
戦後70年京大人文科学研究所に眠っていた華北交通撮影の膨大な
写真群。満鉄に並ぶ国策鉄道会社が遺した奇跡的資料を初公開!
失われた風景や貴重な風俗、鉄道や産業の克明な記録を〈写真編〉
〈論考編〉2分冊で詳細に紹介。


2016/11/21

BOOKSルーエにて『ぼくのミステリ・クロニクル』刊行記念フェア開催中

吉祥寺のBOOKSルーエでは、『ぼくのミステリ・クロニクル』刊行記念
〈空犬太郎が選ぶ!『ぼくのミステリ・クロニクル』と響き合う(のもある!)10冊〉フェアを開催中。
幼いころからミステリに親しまれ、編集、書店運営とマルチに活躍された戸川安宣さんの  
ブックスルーエ_フェア棚.jpg
「ミステリ・クロニクル」がもっと面白くなる本が揃っています。

◆期間:開催中~2016年12月31日
◆場所:BOOKSルーエ 1F芸術雑誌フェアコーナー
     〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-14-3
     TEL 0422-22-5677

【フェア詳細ページ(WEB本の雑誌)】



さらに、12月10日(土)には、戸川さんと空犬さんのトークイベントをおこないます。
まさに吉祥寺でミステリ専門書店・TRICK+TRAPを運営された戸川さんと、
『本屋図鑑』『本屋会議』ですぐれたお店を紹介されてきた空犬さん。
『ぼくのミステリ・クロニクル』の書店の章から話をふくらませて、
ミステリだけにとどまらない、本屋さんの魅力、楽しみ方を語るイベントです。
すべての本好きのみなさん、ぜひお運びください!

《『ぼくのミステリ・クロニクル』刊行記念トークイベント
  本屋さんを楽しもう  〜元本屋編集者と本屋好き編集者が語る本屋の話〜》
◆出演:戸川安宣(編集者)、空犬太郎(ライター)
◆日時:2016年12月10日(土)
       14:00〜15:00(13:30 OPEN)
◆会場:武蔵野商工会議所5階 第3会議室
     武蔵野市吉祥寺本町1-10-7
      0422-22-3631
◆入場料:無料
◆定員:30席
◆予約方法:BOOKSルーエにて『ぼくのミステリ・クロニクル』を購入し、店頭でイベント
       参加希望の旨、店員にお伝えください。整理券を配布いたします。
       当日は整理券と書籍をご持参ください。
       お電話でのご予約も可能です。
[問い合わせ]BOOKSルーエ(担当・花本):0422-22-5677

*トーク終了後、サイン会を実施いたします。
*来場特典:
 『マンスリー・トリック・トラップ』(TRICK+TRAPで配布されていた幻のフリーペーパー)
 同店のブックカバー(イラスト:ひらいたかこさん)

【イベント詳細ページ】
 空犬通信(空犬太郎さんブログ):http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/blog-entry-2658.html



9784336058966.jpg
戸川安宣/空犬太郎 編 
定価 2,916円(本体価格2,700円)
東京創元社で伝説の叢書「日本探偵小説全集」を企画する一方で、
編集者として数多くの新人作家を発掘し戦後の日本ミステリ界を牽
引した稀代の名伯楽がその全てを語る。ミステリファン必携の一冊。

2016/11/17

『ぼくのミステリ・クロニクル』刊行記念  戸川安宣トークイベント 開催〈11/23(水・祝)〉

『ぼくのミステリ・クロニクル』刊行を記念して、
著者の戸川安宣さんによるトークイベントを開催いたします。
かつて、吉祥寺にあったミステリ専門書店「TRICK+TRAP」。
編集稼業の傍らその運営に関わった、元東京創元社の名編集者、
戸川安宣氏によるミステリ談義です。
こじんまりとしたカフェでミステリに耽るひと時を。


『ぼくのミステリ・クロニクル』刊行記念 戸川安宣トークイベント
《TRICK+TRAP同窓会――leaven mystery night 前夜祭》
◆ゲスト:戸川安宣氏
◆日時:11月23日(水・祝)15時~(2時間)
     東京都杉並区高円寺北2-22-11 2F
     JR高円寺駅北口徒歩5分
◆会費:1000円(お茶とお菓子付き)
◆定員:15名(申込受付順)
◆申込方法:メールにて受付(jigoku-an@gc5.so-net.ne.jpまで参加希望の旨ご連絡ください)


【イベント詳細ページ (戸川安宣個人ブログ:パン屋のないベイカー・ストリートにてⅡ)】



9784336058966.jpg
戸川安宣/空犬太郎 編 
定価 2,916円(本体価格2,700円)
東京創元社で伝説の叢書「日本探偵小説全集」を企画する一方で、編集者として
数多くの新人作家を発掘し戦後の日本ミステリ界を牽引した稀代の名伯楽がその
全てを語る。ミステリファン必携の一冊。

2016/11/16

ブックファースト新宿店にて『HERE ヒア』のパネル展示中!

ブックファースト新宿店Bゾーン入口の特設コーナーにて、驚異の
ヒア画像①.jpg
アートブック『HERE』の世界観を切り取った原寸パネルを展示中です。
是非ご覧ください。

◆場所:ブックファースト新宿店 Bゾーン入口
    〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-7-3
    モード学園コクーンタワー 地下1階・地下2階
    03-5339-7611
    


9784336060730.jpgヒア画像③.jpg
リチャード・マグワイア/大久保譲 訳 
定価 4,320円(本体価格4,000円)
ある部屋の一角の物語、そして地球の黎明期から遥かな      
未来まで、その空間で起こる無数の出来事の物語――
まったく新しい文学、究極のグラフィック・ノヴェル/アート・
ブックにして深遠なる哲学の書、ついに登場! 
 

2016/11/09

東京堂書店・神田神保町店で『ぼくのミステリ・クロニクル』フェア開催中

東京堂書店・神田神保町本店では、『ぼくのミステリ・クロニクル』刊行とトークイベント開催を記念して、
著者の戸川安宣さん、ゲストの北村薫さん選書によるフェアを行っています!
日本のミステリ史をつくった編集者と作家の本棚を少し覗いてみませんか?            
IMG_1768.JPG

◆期間:開催中~2016年12月31日
     〒 101-0051 東京都千代田区神田神保町1丁目17番地
     TEL 03-3291-5181(代表)


また、おふたりが「ぼくらのミステリ・クロニクル」を語るトークイベントは、
いよいよ11月11日(金)に迫りました!
本やフェアの内容がさらに深まること間違いなし。こちらもぜひご参加ください。    

【イベント詳細】



9784336058966.jpg
戸川安宣/空犬太郎 編 
定価 2,916円(本体価格2,700円)
東京創元社で伝説の叢書「日本探偵小説全集」を企画する一方で、
編集者として数多くの新人作家を発掘し戦後の日本ミステリ界を牽
引した稀代の名伯楽がその全てを語る。ミステリファン必携の一冊。

ページトップへ