1. トップページ > 
  2. 最新ニュース > 
  3. 『サンソン回想録』が各紙で紹介されました。

最新ニュース

最新ニュース一覧

『サンソン回想録』が各紙で紹介されました。

更新日:2021/01/14

・日本経済新聞12/26付
 評者は評論家の野崎六助氏。
 「初訳まで200年近く。その存在は知っていた」
 「「首斬り役人」に成りきったこのバルザック・タッチ。鬼気迫る異様な傑作」
 
 日本経済新聞HP

・北國新聞12/19付、北日本新聞12/19付、秋田さきがけ12/20付、高知新聞12/20付
 評者は作家の小野正嗣氏。
 「特権的でありながら呪われた職業にまつわるさまざまな逸話を語る」
 「読んでいて飽きないのは、この回想録を描いたのが19世紀フランスの文豪バルザックだからか」
 「死刑執行人せいどについて徹底的に調査し、実在の人物、サンソンになりきって語る。(中略)
   映像が目に浮かび、場にふさわしい効果音と音楽が聞こえてきそうな描写は、俗っぽさと崇高
   さが混在し、まさにバルザック!」


9784336066510.jpg
オノレ・ド・バルザック/安達正勝 訳
定価 2,640円(本体価格2,400円)
パリの死刑執行人としてルイ16世らを手にかけた男、シャルル=アンリ・サンソン。
サンソン家代々の資料と直接取材を基に文豪バルザックが描く、革命期を生きた
死刑執行人の物語を、待望の本邦初訳!
ページトップへ