1. トップページ > 
  2. 最新ニュース > 
  3. 『終わりなき探求』が各媒体で紹介されました。

最新ニュース

最新ニュース一覧

『終わりなき探求』が各媒体で紹介されました。

更新日:2019/12/02

『終わりなき探求』が各媒体で紹介されました。

・東京新聞12/1付
  評者はアメリカ文学者の千石英世氏。
  「遍歴は実在の地を巡り、歴史的背景もリアルな世界史であるが、物語そのものはファンタジー小説のカラー
    に彩られている。(中略)ラブロマンスには生々しい肉感があり、社交界におけるやりとりにはメディア社会へ
   の痛烈な皮肉がある」
  「作中、物書きには二種類あるという一節。技巧や描写をこらして、それを使いこなす上手な書き手。一方、上
   手とはいえないが、書かずにはおれない書き手、つまり書く動機が自分自身にある書き手。本作はそんな後
    者の書き手の遺作たる風格がある」

TOKYO Web
https://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2019120102000183.html

・東洋経済ONLINE
  本書の訳者戸田章子氏による解説が掲載されています。
  「遺作となった『終わりなき探求』で、ある編集者が主人公の作家に語る。「(作家は)暮らしのなかにあるも
    のだけを書き、日常のありふれた光景や音、におい、感情など、さまざまな人生の状況が物語に織り込ま
   れています。作品は生きて呼吸しています。この人は書かずにはおれないのです」。もちろんこれは、バッ
   ク自身の書き方に相違ない」
  「文名と社会的地位を手に入れたパール・バックをして、知識でははかり知れないものが最後に残ったという
   ことだろう。それが何かを探求してやまない心を、彼女は最後まで持ち続けていたのである」

東洋経済OMLINE
https://toyokeizai.net/articles/-/316228


9784336063687.jpg『終わりなき探求』
パール・バック/戸田章子 訳
定価 2,970円(本体価格2,700円)
ノーベル賞作家パール・バック未発表の遺作。作品は1973年
に死去する直前に書かれ、長らく行方不明。40年後、終焉の地
バーモンド州から遠く離れたテキサス州の貸金庫で発見される。

ページトップへ