1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. 水の迷宮

ミズノメイキュウ

水の迷宮

発売日 2020/12/18

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-07080-7

ページ数 320 頁   Cコード 0095

定価 4,950円 (本体価格4,500円)

内容紹介

泉鏡花賞作家の種村季弘が30有余年にわたって書いた、我が国最高の幻想文学作家・泉鏡花を論じる力作評論、エッセー、講演録16編を集大成。
『泉鏡花集成』(ちくま文庫)の伝説的な名解説をはじめ、約半分が今回はじめて単行本に収録される作品。
川上弘美との対談、「鏡花、彼岸の光明」も収載。
装丁、見返しは、小村雪岱の画を使用。美麗愛蔵版。

著者紹介

種村季弘 (タネムラスエヒロ)

1933年~2004年。東京大学文学部独文科卒。國學院大學教授。著作集『種村季弘のネオ・ラビリントス』全8巻(河出書房新社)、訳書ホッケ『迷宮としての世界』美術出版社(共訳)、『怪奇・幻想・綺想文学集 種村季弘翻訳集成』(国書刊行会)などがある。

目次

  Ⅰ
水中花変幻
水辺の女
摩耶夫人三相——鏡花・迷宮・金沢
胎児を孕む化物屋敷——泉鏡花『草迷宮』
泉鏡花―水の迷宮
読みたくなる鏡花

   Ⅱ
「泉鏡花集成」解説
1 絵のように美しい物語
2 悪と温泉
3 女の世界
4 洪水幻想
5 迷宮の怪
6 顔のない美女
7 水源の女神
8 女と人形
9 火の女 水の女
10 三人の女
11 芸の討入り
12 ハイカラなピカレスク小説
13 愛と死の戯れ
14 魔の山


   Ⅲ
鏡花再演
言語の受難・言語の解体——三田英彬『泉鏡花の文学』
『海の鳴る時』の宿
三階から上——鏡花の化け物
縮地気妖の怪
玄関のない家

   Ⅳ
泉鏡花と白山信仰
泉鏡花作品に見るオシラ様
鏡花、彼岸の光明 [対談・川上弘美]

解題 齋藤靖朗

同じ著者・訳者の作品

新編日本幻想文学集成 第8巻

漱石と夢文学。アーサー王伝説を踏まえた「幻影の盾」。SPレコードにまつわる怪異を…

新編日本幻想文学集成 第6巻

幻妖メルヘン集。ある日届いたふしぎな手紙「どんぐりと山猫」。金色の輪が導く死の世…

新編・日本幻想文学集成 第4巻

夢野久作、小栗虫太郎、岡本綺堂、泉鏡花を収録。語りの狂宴。


>> もっと見る

ページトップへ