1. トップページ > 
  2. 歴史・宗教・民俗 > 
  3. 日本史近現代 > 
  4. 国会開設と政党秘話 下
  1. トップページ > 
  2. 政治・経済・教育 > 
  3. 政治 > 
  4. 国会開設と政党秘話 下
  1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 近代文学 > 
  4. 国会開設と政党秘話 下

コッカイカイセツトセイトウヒワ ゲ

国会開設と政党秘話 下

発売日 2015/09

判型 A5判   ISBN 978-4-336-05962-8

ページ数 304 頁   Cコード 0021

定価 2,700円 (本体価格2,500円)

内容紹介

「民撰議員設立の建白書」から十六年、ついに帝国議会が開設される。政党間の争いに乱闘は茶飯事。銃弾が飛び交い、果ては新聞社を襲撃……。「名士といわれる人はみな喧嘩が上手であった」。荒々しく熱気に満ちた時代の語り部はこの人をおいてない。往年の人気講談師、伊藤痴遊の弁舌が冴える。

著者紹介

伊藤痴遊 (イトウチユウ)

一八六七─一九三八年。
明治、大正、昭和最大の風刺家。ジャーナリスト、衆議院議員。

目次

大隈重信と三菱
自由党の函館演説
尾崎と矢野
報知新聞襲撃
自由民権時代の新聞
反政府言論
館林の演説会
星亨の舌禍
坂崎斌
政治講談の創始
芸人鑑札受の魂胆
弁勇を払う自由党の壮士
高座の奇言
意地の対抗
大同団結の顛末

同じ著者・訳者の作品

国会開設と政党秘話 上

国会開設と政党秘話 上

伊藤痴遊

定価2,700円(税込)

維新から八年。明治政府は分裂し混乱していた。帝国議会の開設をめぐる自由民権運動の…

吉田松陰と長州五傑

吉田松陰と長州五傑

頭山満伊藤痴遊田中光顕

定価1,944円(税込)

維新の土台を作ったにも拘らず、それぞれ獄死、討ち死に、病死した吉田松陰、久坂玄瑞…

明治裏面史 下

明治裏面史 下

伊藤痴遊

定価1,944円(税込)

昔日のベストセラー作家・伊藤痴遊が伝える幕末明治激震の姿。司法の父・江藤新平の悲…


>> もっと見る

ページトップへ