1. トップページ > 
  2. 吉田松陰と長州五傑

ヨシダショウイントチョウシュウゴケツ

吉田松陰と長州五傑

発売日 2015/07/22

判型 四六判   ISBN 978-4-336-05944-4

ページ数 240 頁   Cコード 0023

定価 1,980円 (本体価格1,800円)

内容紹介

伝説は語り継がれる。維新の土台を作ったにも拘らず、新しい時代を見ることがなかった、吉田松陰、久坂玄瑞、高杉晋作。討幕運動に奔走し、こぞって、功成り名を遂げ維新政府の中枢で大活躍した、伊藤博文、木戸孝允、井上馨。本書の語り部一番手、頭山満は本人自身が伝説の人である。その頭山が語る長州の英傑伝「英雄ヲ語ル」。明治、大正、昭和という激動の時代、裏面史の語り部として数々の伝説を作り出した伊藤痴遊の「怪傑伝」。高杉晋作とともに過ごし、陸援隊士として近江屋事件の現場にも馳せた、田中光顕の「維新風雲回顧録」。三者の描く長州英傑たちの活躍。活き活きとした語り。幕末日本の姿が鮮烈に蘇る。

著者紹介

頭山満 (トウヤマミツル)

一八五五─一九四四年。
明治から昭和にかけて活動した右翼・民族派の巨頭。玄洋社創立者。

伊藤痴遊 (イトウチユウ)

一八六七─一九三八年。
明治、大正、昭和最大の風刺家。ジャーナリスト、衆議院議員。

田中光顕 (タナカミツアキ)

一八四三─一九三九
土佐藩を脱藩し、高杉晋作、木戸孝允らと交流。後に陸援隊に入った。

目次

桜の下の相撲
吉田松陰
 先駆者
 松下村塾
 松陰の国体観
 松陰の教育
 大東洋主義
 君臣の義、支那と外国の文書
 功利の説、天下に満つ
 尽くこれ君恩なり
 松陰の最後
 日本の大陸経営
 尽忠報国は皇民の至情
 偉大なる殉国教育
 首斬浅右衛門の述懐
 佐久間象山と吉田松陰
久坂玄瑞
 地蔵様
 久坂、高杉と水戸学
 玄瑞の奮起
 玄瑞の大論策
 烈々たる勤皇報国の志
 颯爽たる英気
 玄瑞の活躍
 蛤御門の変と玄瑞の死
 久坂の沈慧
 久坂と寛政の三傑
 久坂と諫死
 傑出せる勤皇歌人
高杉晋作
 武俠勇断第一人
 絢爛たるその生涯
 豪邁の少年
 佐久間象山の見識
 晋作の遊歴
 英国公使要撃事件
 高杉、松陰の骨を芳林に改葬す
 高杉と筑前勤皇党
 高杉の活躍
 松下村塾同人、申し合わせ
 風雲高杉晋作
伊藤博文 井上馨
 伊藤博文の生涯
  軽輩
  独り立ち
  新進気鋭の士
  大阪会議のおこり
  大阪会議
  内務卿
  勢力争い
  国会開設の請願
  総理大臣
  晩年
 伊藤公と井上侯の血気時代
  松陰門下
  象山の気風
  象山の指導
  井上聞多の苦心
  洋行の相談
  江戸本邸の伊藤俊輔
  伊藤俊輔の応対
  長州ファイブ
  村田蔵六の計らい
  イギリスへ
木戸孝允
 木戸孝允の壮士時代
  長州排斥
  七卿
  立ち退き
  潜伏
  家捜し
  出立
  連合
  維新の三傑
  乞食坊主
  秘話

同じ著者・訳者の作品

国会開設と政党秘話 下

国会開設と政党秘話 下

伊藤痴遊

定価2,750円(税込)

「民撰議員設立の建白書」から十六年、ついに帝国議会が開設される。政党間の乱闘劇、…

国会開設と政党秘話 上

国会開設と政党秘話 上

伊藤痴遊

定価2,750円(税込)

維新から八年。明治政府は分裂し混乱していた。帝国議会の開設をめぐる自由民権運動の…

明治裏面史 下

明治裏面史 下

伊藤痴遊

定価1,980円(税込)

昔日のベストセラー作家・伊藤痴遊が伝える幕末明治激震の姿。司法の父・江藤新平の悲…


>> もっと見る

ページトップへ