1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 英米文学 > 
  4. スティーヴンソン 

スティーヴンソン 

スティーヴンソン 

声たちの島   

発売日 1989/10/24

判型 A5変型判   ISBN 978-4-336-02572-2

ページ数 176 頁   

定価 1,923円 (本体価格1,748円)

内容紹介

『宝島』の作者として名高いスティーヴンソンの絶妙な短篇4篇を収録。タヒチに伝わる超自然的な話を換骨奪胎した表題作に、死んだ魔女を侍女にした牧師の戦慄譚「ねじれ首のジャネット」他。

著者紹介

R・L・スティーヴンスン (ロバート・ルイス・スティーヴンスン)

1850-1894年。エディンバラ生まれ。『宝島』、『ジキル博士とハイド氏』、『新アラビア夜話』などの名作で知られるイギリスの文豪。晩年は病と闘いながら南太平洋を歴訪、サモアに移住し、同地で没した。

高松雄一 (タカマツユウイチ)

1929年生まれ。駒澤大学教授。主要著訳書に『シェイクスピア「恋人の嘆き」とその周辺』、ジョイス『ダブリン市民』同『ユリシーズ』等がある。

高松禎子 (タカマツテイコ)

同じ著者・訳者の作品

引き潮

南太平洋タヒチの浜辺にたむろする三人の食い詰め男が、天然痘発生で欠員が出た貿易船…

箱ちがい

鉄道事故で死んだ老人には、最後に生き残った一人だけが受給できる莫大な年金がかかっ…

イギリスの郵便馬車ほか

壮麗な夢のフーガ『イギリスの郵便馬車』、想像の伝記『イマーヌエル・カントの最後の…


ページトップへ