1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. ホフマン小説集成  上巻
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. ドイツ文学 > 
  4. ホフマン小説集成  上巻

ホフマンショウセツシュウセイ 

ホフマン小説集成   上巻

発売日 2022/04/22

判型 A5判   ISBN 978-4-336-07331-0

ページ数 672 頁   Cコード 0097

定価 7,700円 (本体価格7,000円)

内容紹介

「かつてドイツ文学の分野において生み出された翻訳の成果として、森鷗外の訳業に次ぐ名訳」と讃えられた、石川道雄訳ホフマンをはじめて集大成。
『くるみ割り人形』『砂鬼』『ブランビラ姫』『廃屋』ほか、幻想文学の巨匠E・T・Aホフマンの主要名作を上下2巻に収める。アルフレート・クービン、フーゴー・シュタイナー=プラーグ、谷中安規ほかの挿絵を上下巻で約100点も収録した豪華函入愛蔵版。

著者紹介

E. T. A. ホフマン (エルンスト・テオドール・アマデウスホフマン)

1776~1822年。東プロイセン、ケーニヒスベルクに生まれる。裁判官となるが、失職後は劇場監督に就任し小説や音楽評論を書き始める。のち裁判官復職後も創作を続け、幻想的で特異な独自の世界を構築した。

石川道雄 (イシカワミチオ)

詩人・独文学者。1959年没。

目次

ホフマン小説集成(上巻) 目次

セラピオン倶楽部(抄)
 宙に浮く皿 
 顧問官クレスペル 
 吸血鬼 
 胡桃割人形と鼠の王様
小夜物語  
 砂鬼 
 イニヤッツ・デンナー 
 G市の羅馬教会 
 聖歌 
 廃屋 
 家督相続異聞 
 祈誓 
 石に刻める心臓 
ブラムビラ姫 
  ★
ホフマンの生活と作品(石川道雄) 
アマデゥス・ホフマン(石川道雄) 
石川道雄小伝(長山靖生) 

同じ著者・訳者の作品

ホフマン

17世紀ローマの謝肉祭を背景にした仮面喜劇「ブランビラ姫」はボードレールをして「…

ホフマン  Ⅱ

鏡像を失った男の顛末記「大晦日の夜の冒険」、狂気の音楽家についてのエッセイ風逸話…


ページトップへ