1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 映画 > 
  4. 映画論叢 51

エイガロンソウゴジュウイチ

映画論叢 51

発売日 2019/07/12

判型 四六判   ISBN 978-4-336-06385-4

ページ数 128 頁   Cコード 0374

定価 1,080円 (本体価格1,000円)

内容紹介

『チンピラ役者の万華鏡』連載など本誌と縁の深かった俳優・三上真一郎を貴重な写真、徹底フィルモグラフィなどで追悼。中田耕治による「サロメ」女優たちの運命。ワイドスクリーンをテレビ画面にどう収めるか。岸田森の知られざる戦時下生活。日活女優・黒田記代の戦後。等々今号も映画史の発見が満載。

著者紹介

丹野達弥 (タンノタツヤ)

1961年生まれ。編著に『村木与四郎の映画美術』(フィルムアート社、1998年)『東京いい映画館みたい映画館』(樹花舎、1999年)、共編著に『映畫読本・小津安二郎』(フィルムアート社、1993年)『同・成瀬巳喜男』(フィルムアート社、1995年)『キネマの美女』(文藝春秋、1999年)等。2001年より『映画論叢』編輯長。

目次

追悼 三上真一郎
 一度も喧嘩をしませんでした 三上沙代美
 秘蔵写真による語られざる大船作品
 徹底フィルモグラフィ 最上敏信
セダ・バラ、アラ・ナジモヴァ、リタ・ヘイワース
オスカー・ワイルドの恐ろしさ 「サロメ」繚乱 中田耕治
1980年代、90年代のビデオソフト事情
現場からの証言 ワイドスクリーンをテレビ画面に収める 内山一樹
疎開先は小さな茶室が決めた
 『全記録』補遺 岸田森と那須湯本 武井崇
 たった一度の邂逅 黒田記代と『情熱の詩人啄木』丸岡澄夫
売れそこなったコメディアン パン猪狩とショパン猪狩 飯田一雄
増淵健の肉声復刻 役者も弁士もドサ回り 永田哲朗
独立系成人映画再考 現役監督ピンク修業帖・完結 東舎利樹
好評連載
 フヰルム温故知新 『怒りの葡萄』 布村建
 水木洋子のXYZへの道 疎開、そして敗戦 奥薗守
 名画座と幸福な日々 名づけ得ぬ愛 三宅真理
 デジタル過渡期の映画上映 イエスタディ・ワンス・モア 長谷川康志
問題提起
 名古屋テレビ塔/北川れい子/U・レンツィ/アマチュアリズム

同じ著者・訳者の作品

映画論叢 50

映画論叢

映画論叢 50

丹野達弥

定価1,080円(税込)

東宝黄金時代、田村奈巳インタビュー。『2001年宇宙の旅』を見続けて半世紀、熱狂…

映画論叢 49

映画論叢

映画論叢 49

丹野達弥

定価1,080円(税込)

助監督時代の田口勝彦が見た、東映東京の職人監督たち。前科者からスターに上りつめた…

映画論叢48

映画論叢

映画論叢48

丹野達弥

定価1,080円(税込)

〝ミア・ファローの父親〟としてのみ語られるジョン・ファロー監督の再評価。ポップ・…


>> もっと見る

ページトップへ