1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. エッセイ・随筆 > 
  4. 完訳・エリア随筆 Ⅰ

カンヤクエリアズイヒツイチ

完訳・エリア随筆 Ⅰ

発売日 2014/05

判型 四六判   ISBN 978-4-336-05770-9

ページ数 300 頁   Cコード 0398

定価 2,592円 (本体価格2,400円)

カタログダウンロード

内容紹介

古今東西におけるエッセー文学の最高峰、ラムの「エリア随筆」待望の新訳。望みうる最高の翻訳で、エリア正篇・続篇の完訳を4分冊で刊行。詳細な注付き。第1巻には「人間の二種族」「除夜」他、全15編を収録。

著者紹介

チャールズ・ラム (チャールズ・ラム)

Charles Lamb、1775-1834年。
イギリスの作家・エッセイスト。名文家として知られる。
代表作に『エリア随筆集(Essays of) Elia』(1823年)、『続エリア随筆集The Last Essays of Elia』(1833年)など。

南條竹則 (ナンジョウタケノリ)

1958年生れ。作家、翻訳家。主要著訳書――『酒仙』(新潮社)、『虚空の華』(筑摩書房)、A・マッケン『輝く金字塔』(国書刊行会)。

藤巻明 (フジマキアキラ)

同じ著者・訳者の作品

完訳・エリア随筆Ⅳ

古今東西におけるエッセー文学の最高峰、ラムの「エリア随筆」新訳が、待望の完結なる…

完訳・エリア随筆Ⅲ

古今東西におけるエッセー文学の最高峰。第3巻は、定年サラリーマンの悲哀を綴った名…

完訳・エリア随筆Ⅱ

古今東西におけるエッセー文学の最高峰、ラムの「エリア随筆」待望の新訳。望みうる最…


>> もっと見る

ページトップへ