1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. ロシア文学 > 
  4. 現代ロシア文化
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 研究・評論 > 
  4. 現代ロシア文化

ゲンダイロシアブンカ

現代ロシア文化

発売日 2000/03/11

判型 A5判   ISBN 978-4-336-04204-0

ページ数 440 頁   

定価 5,280円 (本体価格4,800円)

内容紹介

グロイス、エプシテイン、ルィクリン、カバコフ……。ソ連邦崩壊後のロシアで何が起こっているのか。20世紀の廃墟に生まれた新しい文化状況を、思想・文学・芸術といった様々な視点から読み解く最新の試み

著者紹介

望月哲男 (モチヅキテツオ)

1951年、静岡県生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学。北海道大学スラブ研究センター教授。訳書に、バフチン「ドストエフスキーの詩学」、ロートマン「ロシア貴族」(ともに筑摩書房、共訳)などがある。

沼野充義 (ヌマノミツヨシ)

1954 年、東京都生まれ。東京大学卒、ハーバード大学スラヴ語学文学科博士課程に学ぶ。ワルシャワ大学講師、東京大学教授を経て、現在名古屋外国語大学副学長、東京大学名誉教授。著書に『徹夜の塊』三部作(『亡命文学論』『ユートピア文学論』『世界文学論』、作品社)、『W文学の世紀へ』(五柳書院)、『チェーホフ 七分の絶望と三分の希望』(講談社)、編著書に『東欧怪談集』『ロシア怪談集』(河出文庫)、『世界は文学でできている 対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義』全5巻(光文社)、訳書にスタニスワフ・レム『ソラリス』(国書刊行会およびハヤカワ文庫SF)、ヴィスワヴァ・シンボルスカ『終わりと始まり』(未知谷)、クラシツキ『ミコワイ・ドシフャトチンスキの冒険』(岩波書店)、ウラジーミル・ナボコフ『賜物』(新潮社)、『新訳 チェーホフ短篇集』(集英社)などがある。

亀山郁夫 (カメヤマイクオ)

一九四九年、栃木県生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学。現在、東京外国語大学教授。著書に、『甦えるフレーブニコフ』(晶文社)、『終末と革命のロシア・ルネサンス』(岩波書店)、『ロシア・アヴァンギャルド』(岩波新書)などがある。

井桁貞義 (イゲタサダヨシ)

同じ著者・訳者の作品

インヴィンシブル

着陸後に消息を絶ったコンドル号捜索のため琴座の惑星レギスⅢに降り立ったインヴィン…

短篇ベスト10

ポーランドで刊行されたベスト短篇集をもとに『ロボット物語』や泰平ヨンものから「マ…

天の声・枯草熱

偶然受信された宇宙からのメッセージは何を意味するのか。学者たちの論議をたどりなが…


>> もっと見る

ページトップへ