1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. 澁澤龍彦

シブサワタツヒコ

澁澤龍彦

空飛ぶ大納言  

発売日 1991/06/17

判型 四六判   ISBN 978-4-336-03214-0

ページ数 282 頁   

定価 1,923円 (本体価格1,748円)

内容紹介

遊神術によってわが身を分形し、おのれの分身を童子に変える仙人の話「鏡と影について」。ほか「鳥と少女」「画美人」「エピクロスの肋骨」「女体消滅」等、初期から最晩年の作まで全11篇を収録。

著者紹介

澁澤龍彦 (シブサワタツヒコ)

1928-1987年。フランス文学者、作家。代表作に『唐草物語』、『高丘親王航海記』、作品集成に「澁澤龍彦全集」、「澁澤龍彦翻訳全集」(共に河出書房新社)など。

富士川義之 (フジカワヨシユキ)

1938年生まれ。評論家・英文学者。著者に、『風景の詩学』『記憶のランプ』『幻想の風景庭園』など。

澁澤龍彦


*品切増刷未定

同じ著者・訳者の作品

龍蜂集

澁澤龍彦生前に企画されながらも実現を見ずに終った幻の選集が、半世紀の歳月を経てつ…

新編日本幻想文学集成 第8巻

漱石と夢文学。アーサー王伝説を踏まえた「幻影の盾」。SPレコードにまつわる怪異を…

新編日本幻想文学集成 第6巻

幻妖メルヘン集。ある日届いたふしぎな手紙「どんぐりと山猫」。金色の輪が導く死の世…


>> もっと見る

ページトップへ