1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 英米文学 > 
  4. カバラーと批評
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 研究・評論 > 
  4. カバラーと批評

カバラートヒヒョウ

カバラーと批評

発売日 1986/11/25

判型 四六判   ISBN 978-4-336-02452-7

ページ数 216 頁   

定価 2,200円 (本体価格2,000円)

内容紹介

著者紹介

H.ブルーム (ハロルドブルーム)

島弘之 (シマヒロユキ)

1956年生まれ。上智大学大学院英語学科博士課程中退。法政大学文学部教授。著書に『〈感想〉というジャンル』(筑摩書房)、訳書にエドワード・サイード『パレスチナとは何か』(岩波書店)などがある。

カバラーと批評


*品切増刷未定

同じ著者・訳者の作品

魔術-理論と実践

20世紀最大の魔術師〈獣666〉アレイスター・クロウリーの畢生の大著。〈魔術〉の…

法の書

人類滅亡の前兆か? 相次ぐテロと紛争、危機を孕む世界情勢のもとで出版された超弩級…


ページトップへ