1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 英米文学 > 
  4. 北へ

キタヘ

北へ

発売日 2021/06/24

判型 四六判   ISBN 978-4-336-07104-0

ページ数 440 頁   Cコード 0397

定価 2,970円 (本体価格2,700円)

内容紹介

仕事か恋愛か? ロンドンに同居する義姉妹それぞれの恋愛を
1930年代戦間期のモータリゼーションにのせ結末のカタルシスへ――
エリザべス・ボウエンの長篇第4作
〈ボウエン・コレクション2〉第3回配本

エメラインは25歳、兄ヘンリーがセシリアと結婚して1年足らずで他界した機縁から、義姉セシリアとロンドンにあるフラットを共有し暮らしている。優雅で怠惰な未亡人のセシリア、マイカーを持ち旅行会社を営む20世紀のキャリアウーマンのエメライン。セシリアはイタリアから帰る急行列車の車中で、法廷弁護士マーキーと知り合う。世慣れたマーキーはまもなくエメラインに接近し、飛行機でパリに遊ぶ仲に。セシリアは無難で裕福なジュリアンから求婚される……。結末のカタルシスは?

「ページを開けばすぐに物語が動きだし、
会話だけ追っていけば話の大筋がわかってしまうという
読者に媚びを売るサービス小説の対極にあるのが、
エリザベス・ボウエンの作品だ」
豊﨑由美氏推薦!

著者紹介

エリザベス・ボウエン (エリザベスボウエン)

300年続いたアングロ―アイリッシュの一族として、1899年アイルランド・ダブリンで生まれ、1973年ロンドンの病院で永眠した。二つの祖国を持ち、二度の世界戦争と戦後の廃墟を目撃し、10篇の小説と約100篇の短篇その他を遺した。ジェイムズ・ジョイスやヴァジニア・ウルフに並ぶ20世紀を代表する作家の一人。気配と示唆に富む文章は詩の曖昧性を意図したもの。最後の長篇『エヴァ・トラウト』はブッカー賞候補となった。近年のボウエン研究は、戦争と戦争スパイ、人間と性の解放、海外旅行熱と越境、同性愛とジェンダー問題等々、ボウエンの多面的なフィクション世界を明らかにしつつある。邦訳に、『エヴァ・トラウト』『リトル・ガールズ』『愛の世界』『ボウエン幻想短篇集』(国書刊行会)、『パリの家』『日ざかり』『心の死』(晶文社)他。

太田良子 (オオタリョウコ)

1939年東京生まれ、旧姓小山。東京女子大学卒、1962年受洗、1964年結婚、1971-75年夫と長女とともにロンドン在住。1979年東京女子大学大学院修了、1981年東洋英和女学院短期大学英文科に奉職。1994-95年ケンブリッジ大学訪問研究員、1998-2009年東洋英和女学院大学国際社会学部教授。東洋英和女学院大学名誉教授、日本文藝家協会会員、エリザベス・ボウエン研究会代表、日本基督教団目白教会会員。主な翻訳書にアンジェラ・カーター『ワイズ・チルドレン』(早川書房)、ルイ・ド・ベルニエール『コレリ大尉のマンドリン』(東京創元社)、E・ボウエン『エヴァ・トラウト』『リトル・ガールズ』『愛の世界』『ボウエン幻想短篇集』(国書刊行会)、『パリの家』『日ざかり』『心の死』(晶文社)他。

同じ著者・訳者の作品

友達と親戚

姉妹二組の結婚の祝宴に漂う過去の影、暗い秘密があざなう三世代の葛藤をゴシック屋敷…

ホテル

イギリスの風習喜劇の雰囲気と1920年代戦間期の不安な心理を、地中海の陽光まぶし…

ボウエン幻想短篇集

20世紀最高の女性作家エリザベス・ボウエンの作品の中から、選りすぐりの幻想譚17…


>> もっと見る

ページトップへ