1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. ラテンアメリカ文学 > 
  4. 夜の舞・解毒草
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. 夜の舞・解毒草
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 夜の舞・解毒草

ヨルノマイ・ゲドクソウ

夜の舞・解毒草

発売日 2020/08/20

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-06567-4

ページ数 268 頁   Cコード 0097

定価 2,640円 (本体価格2,400円)

カタログダウンロード

内容紹介

孤独で薄幸な少女フロールは、ある日、共に暮らしていた親兄弟が実の家族でないことを知った。
フロールは長い髪の不思議な女・小夜(シュ・アーカブ)とともに、本当の父を探しに家を出る。
森で出逢う怪しい住人たち、暗示めいた夢の数々、マヤの伝統舞踊の美しい情景……夢幻劇的でエモーショナルな少女の成長譚「夜の舞」。
薬師、霊媒師、助産師、蛇使い、売春婦など、生前に貧窮した境遇にあった女性たち。
彼女らの霊魂が語る苦難に満ちた人生の数々を語り手ソレダーが書き綴った、寓意的でメタフィクショナルな物語「解毒草」。

中編2編を収めた、マジックリアリズム的マヤ幻想小説集。

著者紹介

イサアク・エサウ・カリージョ・カン (イサアク・エサウ・カリージョ・カン)

作家、詩人。1983年、メキシコ合衆国ユカタン州ペト市に生まれる。ユカタン州師範学校で芸術教育、ユカタン州の芸術院でマヤ語による文学創作を学ぶ。『夜の舞』でネサワルコヨトル賞(2010年度)を受賞した他、ワルデマル・ノー・ツェク・マヤ文学賞(2007年度)、ユカタン大学文学コンクール・アルフレド・バレラ・バスケス賞(2008年度)などの文学賞を受賞。詩の朗読や、演劇で演技や演奏も行う。2017年に急逝。

アナ・パトリシア・マルティネス・フチン (アナ・パトリシア・マルティネス・フチン)

作家、マヤ文学研究者。1964年、メキシコ合衆国ユカタン州ティシミン市に生まれる。ユカタン州立大学人類学部でマヤ語・マヤ文学を学び、マヤの口承文学に関する調査・研究・教育に従事。ユカタン州立東部大学(UNO)などで教鞭をとる。主な著作に『山の中の思い出』(2005年度エネディーノ・ヒメネス先住民文学賞、2013年刊)、「無駄だ」(2006年度ユカタン大学文学コンクール・アルフレド・バレラ・バスケス賞)、『ポケット版マヤ語辞書』(2005年)などがある。2018年に急逝。

吉田栄人 (ヨシダシゲト)

東北大学大学院国際文化研究科准教授。1960 年、熊本県天草に生まれる。専攻はラテンアメリカ民族学、とりわけユカタン・マヤ社会の祭礼や儀礼、伝統医療、言語、文学などに関する研究。主な著書に『メキシコを知るための60 章』(明石書店、2005 年)、訳書にソル・ケー・モオ『穢れなき太陽』(水声社、2018 年。2019年度日本翻訳家協会翻訳特別賞)。

目次

「夜の舞」 イサアク・エサウ・カリージョ・カン
 夜の囁き
 旅立ち
 夜の歌
 舞の町
 舞踏家たちの頭目
 最後の舞

「解毒草」 アナ・パトリシア・マルティネス・フチン
 フレネシー
 トゥシットのおばあさんこと薬師フィデリア・シウ
 アルマ・サグラリオ・ピシャン・オルの声
 レメディオス・ツァブ・カンのペット
 いかれた女
 〝彷徨〞
 カリダー・ター・オツィルの物乞い
 シュ・コークの荷
 新たな道
 エピローグ

訳者あとがき

同じ著者・訳者の作品

言葉の守り人

「ぼく」は《言葉の守り人》になるために、おじいさんとともに夜の森の奥へ修行に出か…

女であるだけで

メキシコのある静かな村で起きた衝撃的な夫殺し事件。その背後に浮かび上がってきたの…


ページトップへ