1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. 龍蜂集

リュウホウシュウ

龍蜂集

発売日 2019/10/25

判型 菊判   ISBN 978-4-336-06545-2

Cコード 0393

定価 9,680円 (本体価格8,800円)

カタログダウンロード

内容紹介

至高の審美眼が選りすぐった
天上界の作家の神品の数々

谷崎潤一郎も川端康成も決して連れていってくれない一種澄みきった天上界、そこへ連れていってくれるのが泉鏡花の文学だということを、三島さんはしきりに強調していたが、まったく私もその通りだと思う。いくら鏡花文学の構造を論じ、基層を論じ、文体を論じても、鏡花の幻想の翼に身みずから乗せられて、この天上界の至福に一挙に参入しえないひとは、不幸な読者というほかあるまい。     --------澁澤龍彦


 澁澤・種村没後の索漠たる世界となった現在、いま望まれるのは澁澤セレクトによる鏡花選集である。遺された澁澤リストを見れば、偏りが大きいこと以上に数多くの魅力的な謎を孕んでいるようにも思われる。いかにも澁澤好みと誰もが頷く作も多ければ、意外なマッチングの選択もあり、また何故これを澁澤がと不思議に感じられるものも少なくはない。「半世紀も昔のほんの下書きのリスト、何を書いたか忘れてしまったよ」と泉下の氏には苦笑されてしまいそうであるが、それでも鏡花と澁澤龍彦、相対する二者の魅惑は互いに響きあい、興趣は尽きない。おぼつかぬことながら謎の一端なりとも追っていければと思う。          ---------山尾悠子(「第Ⅰ巻解説」より)


◎鏡花没後80年記念出版
★澁澤龍彦の生前、1970年代前半に企画されながらも、惜しくも実現を見ずに終った幻の選集が、半世紀の歳月を経てついに刊行。
★我が国における最高最大の幻想作家・泉鏡花の膨大多彩な作品群から、澁澤龍彦ならではの鑑識眼が選び抜いた、小説・戯曲約50篇を4巻で構成。
★各巻の解説は、鏡花作品をこよなく愛し、2018年には泉鏡花文学賞を受賞した山尾悠子が担当。各巻に、解説者が特に選んだ一作品も増補追加する。
★装釘は、名匠・小村雪岱の鏡花本をあたうかぎり再現した。表紙や本扉はもちろんのこと、見返しも雪岱描き下ろしの絵を用いた、美麗な豪華愛蔵版。

【全巻購入者特典あり】
「小村雪岱 ポストカード・セット」
『澁澤龍彥 泉鏡花セレクション』全4巻を購読された方々に、もれなく「小村雪岱ポストカード・セット」を無料で差し上げます。
各巻の帯に刷り込まれている応募券を切り取り、計4枚を郵便葉書に貼って「国書刊行会 営業部 泉鏡花係」へお送り下さい。
ご請求後、2か月以内にお届けします。請求締切は最終回配本の6か月後とします。


●第Ⅰ巻 龍蜂集
春昼、春昼後刻、山吹、紅玉、海異記、貝の穴に河童の居る事、酸漿、お留守さま、
紫陽花、清心庵、星あかり、蛇くひ、X蟷螂鰒鉄道、夜釣、千鳥川、外科室、笈摺草紙、
裸蝋燭、名媛記、鶯花径
【山尾追加作品】山中哲学
「澁澤龍彦 泉鏡花セレクション」誕生秘話  桑原茂夫
解説  山尾悠子

著者紹介

泉鏡花 (イズミキョウカ)

1873-1939年。小説家。代表作に「高野聖」「草迷宮」「歌行燈」ほか。

澁澤龍彦 (シブサワタツヒコ)

1928-1987年。フランス文学者、作家。代表作に『唐草物語』、『高丘親王航海記』、作品集成に「澁澤龍彦全集」、「澁澤龍彦翻訳全集」(共に河出書房新社)など。

山尾悠子 (ヤマオユウコ)

1955年、岡山市生まれ。同志社大学文学部国文科卒。 著書に『夢の棲む街』『仮面物語』『オットーと魔術師』『角砂糖の日』『山尾悠子作品集成』『ラピスラズリ』『歪み真珠』『夢の遠近法』ほか。

小村雪岱 (こむらせったい)

1887-1940年。日本画家、版画家、挿絵画家、装丁家。

同じ著者・訳者の作品

英語版 絵本化鳥

50頁におよぶオールカラーの絵で文豪・泉鏡花の世界を完全絵本化し、ロングセラーを…

新編・日本幻想文学集成 第4巻

夢野久作、小栗虫太郎、岡本綺堂、泉鏡花を収録。語りの狂宴。

新編・日本幻想文学集成 第2巻

澁澤龍彦、吉田健一、花田清輝、幸田露伴の作品全46編を収録。小説なのかエッセイな…


>> もっと見る

ページトップへ