1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 映画 > 
  4. 映画論叢 50

エイガロンソウゴジュウ

映画論叢 50

発売日 2019/03/13

判型 A5判   ISBN 978-4-336-06348-9

ページ数 128 頁   Cコード 0374

定価 1,080円 (本体価格1,000円)

内容紹介

東宝黄金時代に活躍、岡本喜八作品に欠かせない田村奈巳インタビュー…特に石原慎太郎監督との挿話は見逃せない。また『2001年宇宙の旅』を半世紀見続けてきた熱狂ファンによる日本上映事情。ユニバーサルのタフガイ、ジェフ・チャンドラーの魅力と死の謎。東映東京を支えた飯塚増一、降旗康男監督の若き日、等々今号も映画史の深部を探る証言が満載。

著者紹介

丹野達弥 (タンノタツヤ)

1961年生まれ。編著に『村木与四郎の映画美術』(フィルムアート社、1998年)『東京いい映画館みたい映画館』(樹花舎、1999年)、共編著に『映畫読本・小津安二郎』(フィルムアート社、1993年)『同・成瀬巳喜男』(フィルムアート社、1995年)『キネマの美女』(文藝春秋、1999年)等。2001年より『映画論叢』編輯長。

目次

〝娘〟だったから『二十歳の恋』のヒロインに選ばれた
岡本喜八作品に欠かせない 田村奈巳インタビュー

テアトル東京のシネラマからシネコンのIMAXまで
最強ファンの証言 『2001年宇宙の旅』を見続けて半世紀

『折れた矢』『全艦発進せよ』…ユニバーサルのタフガイ
いまだ解明されぬ死の謎 ジェフ・チャンドラー 

刑事役者・芦田伸介が吼えたとき
東映大部屋役者の回想 飯塚増一、降旗康男の肖像

総天然色映画と私 ナタリー・カルマスの時代
売れそこなったコメディアン トンボと名乗る男
誤字等誤記ぶり題名記 バンツマも大河内も被害者?
西部劇への一視点 格言のようなセリフの数々
邦題いいたい放題 『昼下りの情事』の命名者

好評連載
フヰルム温故知新 『エノケンの近藤勇』
水木洋子のXYZへの道 戦意高揚の時代
名画座と幸福な日々 映画館には〝自由〟があった
独立系成人映画再考 現役監督ピンク修業帖

問題提起
カンヌ映画祭/唐十郎/『殺人秘密指令』/エロ映画研究

同じ著者・訳者の作品

映画論叢 49

映画論叢

映画論叢 49

丹野達弥

定価1,080円(税込)

助監督時代の田口勝彦が見た、東映東京の職人監督たち。前科者からスターに上りつめた…

映画論叢48

映画論叢

映画論叢48

丹野達弥

定価1,080円(税込)

〝ミア・ファローの父親〟としてのみ語られるジョン・ファロー監督の再評価。ポップ・…

映画論叢 47

映画論叢

映画論叢 47

丹野達弥

定価1,080円(税込)

三島由紀夫を師と仰いだ小野川公三郎の俳優人生。名手ヘンリー・コスター。伏水修と原…


>> もっと見る

ページトップへ