1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 海外美術 > 
  4. ミュシャと日本、日本とオルリク
  1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 日本美術 > 
  4. ミュシャと日本、日本とオルリク
  1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 絵画・画集 > 
  4. ミュシャと日本、日本とオルリク

ミュシャトニホンニオントオルリク

ミュシャと日本、日本とオルリク

発売日 2019/09/19

判型 B5変型判   ISBN 978-4-336-06317-5

ページ数 358 頁   Cコード 0072

定価 2,700円 (本体価格2,500円)

内容紹介

アール・ヌーヴォーの旗手アルフォンス・ミュシャと、その艶麗なる女性像を受容し展開した白馬会や『明星』そして「日本のミュシャ派」。浮世絵の技法を学ぶために憧れの日本にやって来たエミール・オルリクと、その抒情的な作品に刺激された日本の版画家たち――。チェコ出身のふたりのアーティストを軸に、寄せては返す‶ジャポニスム“のうねりを、グラフィック作品を中心とした600点余の図版と充実の論考でたどる。

著者紹介

千葉市美術館 (チバシビジュツカン)

和歌山県立近代美術館 (ワカヤマケンリツキンダイビジュツカン)

岡山県立美術館 (オカヤマケンリツビジュツカン)

静岡市美術館 (シズオカシビジュツカン)

目次

序章 ジャポニスム―光琳、型紙、そして浮世絵
第1章 チェコのジャポニスム
第2章 ミュシャと日本
第3章 日本とオルリク
第4章 オルリク―日本の思い出/後継者たち

同じ著者・訳者の作品

文明開化の錦絵新聞

文明開化の錦絵新聞

千葉市美術館

定価4,104円(税込)

美麗な錦絵と、明治新時代の庶民的ジャーナリズムが結合した錦絵新聞。芳年、芳幾など…


ページトップへ