1. トップページ > 
  2. 歴史・宗教・民俗 > 
  3. 資料・史料 > 
  4. 日露戦争第三軍関係史料集

ニチロセンソウダイサングンカンケイシリョウシュウ

日露戦争第三軍関係史料集

大庭二郎日記・井上幾太郎日記でみる旅順・奉天戦  

発売日 2014/06/25

判型 A5判   ISBN 978-4-336-05638-2

ページ数 772 頁   Cコード 0021

定価 19,440円 (本体価格18,000円)

内容紹介

毀誉褒貶相半ばする乃木希典司令官率いる第三軍。乃木司令官は名将であったのか、愚将であったのか?作戦は的確であったのか否か?大庭二郎参謀副長、井上幾太郎参謀、白井二郎作戦主任参謀の、これまでほとんど紹介されて来なかった日記と回想録で、旅順攻囲戦と奉天会戦における第三軍の真実に迫る。

著者紹介

長南政義 (チョウナンマサヨシ)

戦史研究家。宮城県生まれ。國學院大學法学研究科博士課程前期(法学修士)及び拓殖大学大学院国際協力学研究科安全保障学専攻(安全保障学修士)修了。國學院大學法学研究科博士課程後期単位取得退学。
論文に、「第三軍参謀たちの旅順攻囲戦―「大庭二郎中佐日記」を中心とした第三軍関係者の史料による旅順攻囲戦の再検討―」『國學院法研論叢』第39号(國學院大學、2012年)など、著書に、『坂の上の雲5つの疑問』(並木書房、2011年、共著)、伊藤隆・季武嘉也編『近現代日本人物史料情報辞典』3巻・4巻(吉川弘文館、2007年、2011年、共著)などがある。

目次

大庭二郎中佐日記
日露戦役従軍日記(井上幾太郎)
大庭二郎大将 難攻の旅順港
旅順の攻城及奉天会戦に於ける第三軍に就て(白井二郎)
日露戦役経歴談(旅順攻城戦の部)(井上幾太郎)
解説 第三軍参謀の史料による旅順・奉天戦の再検討(長南政義)
人名索引

同じ著者・訳者の作品

日清戦況写真

日清戦況写真

陸地測量部 撮影
長南政義森重和雄川﨑華菜 解説

定価23,760円(税込)

100年余の時を経て今によみがえる克明な戦場の記録――わずかしか現存が確認されて…


ページトップへ