1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 映画 > 
  4. 映画論叢 29

エイガソンソウニジュウキュウ

映画論叢 29

発売日 2012/03/21

判型 A5   ISBN 978-4-336-05508-8

ページ数 128 頁   Cコード 0374

定価 1,100円 (本体価格1,000円)

内容紹介

カール・ドライヤーと並ぶデンマーク映画サイレント期の巨匠、ベンヤミン・クリステンスンの再評価。東宝、大映のセクシー女優・中田康子の生涯。謎多い阪妻ユ社をはじめとするB級映画社群を、劇場プログラムで読み解く。ギャング役者・高宮敬二の覚醒剤事件の真相。独立系成人映画に流れて行った戦前スターたちの運命。森卓也の立川談志追悼。デジタル化を巡る興行界のドタバタ。等々、今号も話題満載。

著者紹介

丹野達弥 (タンノタツヤ)

1961年生まれ。編著に『村木与四郎の映画美術』(フィルムアート社、1998年)『東京いい映画館みたい映画館』(樹花舎、1999年)、共編著に『映畫読本・小津安二郎』(フィルムアート社、1993年)『同・成瀬巳喜男』(フィルムアート社、1995年)『キネマの美女』(文藝春秋、1999年)等。2001年より『映画論叢』編輯長。

目次

デンマーク映画黄金時代の至宝
ベンヤミン・クリステンスン監督の世界 ヨハン・ノルドストロム
ナンシー梅木、三木のり平、島耕二そして長谷川一夫
『アスファルト・ガール』 中田康子インタビュー 聞き手/中村深海
プログラムにみるB級映画社の興亡
大都、東亜、阪妻ユ社 マイナー映画は第二京極で 石割平
安藤昇、シャブ容疑、女遍歴、アングラ賭博
プロデューサーに転身 高宮敬二「やりっぱなしの人生」完結篇
チンピラ役者の万華鏡 愛すべきズボラの人・井上和男 三上真一郎
立川談志追悼『東京五人男』のことなど 森卓也
まぼろしの極東キネマ 綾小路、寿三郎の有為転変 永田哲朗
戦前二枚目のツラい戦後 独立系成人映画再考 東舎利樹

好評連載
「ムービーマガジン」をご存じですか? 雑誌「観覧車」のこと 浦崎浩實
フヰルム温故知新 『第三の男』60年目の発見 布村建
《映画の見かた》の見かた 掌の上の黒沢清 重政隆文
映画本の困った人たち 内田樹教授の精神分析 川喜多英一
私の隠し玉 『さよならパリ』 広瀬信夫

問題提起
デジタル過渡期の証言/地方ミニシアターの問題/大島渚の呪縛

同じ著者・訳者の作品

映画論叢 59

映画論叢

映画論叢 59

丹野達弥

定価1,100円(税込)

東映の文化映画を支えた布村建。ルパン翻訳で知られる保篠龍緒のモダニズム。歌謡映画…

映画論叢 58

映画論叢

映画論叢 58

丹野達弥

定価1,100円(税込)

赤狩りでキャリアが頓挫した俳優ハワード・ダフの数奇な人生。歌うスタア高田浩吉にみ…

映画論叢 57

映画論叢

映画論叢 57

丹野達弥

定価1,100円(税込)

反骨の左翼評論家岩崎昶は満州で何をしていたのか? 楯の會会員がいま思う、三島由紀…


>> もっと見る

ページトップへ