1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. SF > 
  4. アジアの岸辺

アジアノキシベ

アジアの岸辺

発売日 2004/12/18

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-04569-0

ページ数 366 頁   Cコード 0397

定価 2,750円 (本体価格2,500円)

内容紹介

特異な知的洞察力で常に人間の暗部をえぐりだす稀代のストーリーテラー:ディッシュ、本邦初の短篇ベスト。傑作「リスの檻」の他、「降りる」「話にならない男」など日本オリジナル編集でおくる全十三篇。

著者紹介

トマス・M・ディッシュ (トマスマイケルディッシュ)

若島正 (ワカシマタダシ)

1952年生まれ。現在、京都大学大学院文学研究科教授。著書に『乱視読者の英米短篇講義』(研究社)、『乱視読者の帰還』(みすず書房)、訳書にナボコフ『透明な対象』(国書刊行会、共訳)、パワーズ『ガラテイア2.2』(みすず書房)、スタージョン『海を失った男』(晶文社、編訳)など。

浅倉久志 (アサクラヒサシ)

1930年~2010年。大阪外事専門学校英米科(現大阪大学外国語学部)卒。十数年の会社員生活を経て、1962年からSFの翻訳を始める。訳書にヴォネガット『タイタンの妖女』、ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』、ラファティ『九百人のお祖母さん』、ティプトリー・ジュニア『たったひとつの冴えたやりかた』(以上ハヤカワ文庫SF)、F・ライバー《ファファード&グレイ・マウザー》シリーズ(創元推理文庫)など、編訳書に『ユーモア・スケッチ傑作展1~3』(早川書房)、『ユーモアSF傑作選1~2』(講談社文庫)などがある。

伊藤典夫 (イトウノリオ)

1942年生まれ。英米文学翻訳家。訳書にディレイニー『アインシュタイン交点』、ヴォネガット『猫のゆりかご』、オールディス『地球の長い午後』(以上ハヤカワ文庫SF)など。

大久保寛 (オオクボヒロシ)

1954年生まれ。英米文学翻訳家。訳書にアウル『ケーブ・ベアの一族』(集英社)、コルファー『アルテミス・ファウル』(角川書店)、プルマン『琥珀の望遠鏡』(新潮社)など。

林雅代 (ハヤシマサヨ)

翻訳家。訳書にサックス『オアハカ日誌』、フルガム『試すな危険! 冒険野郎ハンドブック』(以上早川書房)など。

渡辺佐智江 (ワタナベサチエ)

翻訳家。訳書にリチャード・フラナガン『グールド魚類画帖』(白水社)、アルフレッド・ベスター『ゴーレム100』(国書刊行会)、アーヴィン・ウェルシュ『フィルス』(パルコ出版)、共訳書にレム・コールハース『S,M,L,XL+』(筑摩書房)、パトリック・ロスファス『キングキラー・クロニクル第Ⅰ部 風の名前』(早川書房)など多数。

同じ著者・訳者の作品

愛なんてセックスの書き間違い

カリスマSF作家エリスンはSF以外の小説も凄い!初期の非SF作品を精選、日本オリ…

さらば、シェヘラザード

謎が謎を呼ぶ、伝説の怪作がついに登場! 〈悪党パーカー〉シリーズや数々のコメデ…

音楽と沈黙 1

ウィットブレッド賞受賞! 伝説の王クレスチャン4世の苦悩、 そして官能に溺れ…


>> もっと見る

ページトップへ