1. トップページ > 
  2. オカルト・占い > 
  3. オカルト > 
  4. 柘榴の園

ザクロノソノ

柘榴の園

新装版

発売日 2002/02/15

判型 A5判   ISBN 978-4-336-04408-2

ページ数 248 頁   Cコード 0010

定価 3,888円 (本体価格3,600円)

内容紹介

魔術の権威、霊的天才リガルディーの処女作にして、口伝のみで永らく興味本位の紹介しかなかった秘法カバラの奥義を明解に説きあかし、タロットの象徴とその占星学的秘密を示した現代の秘伝書。この隠秘学研究の方向を決定づけた伝説の名著「柘榴の園」に加え小論を付す。

著者紹介

イスラエル・リガルディー (イスラエルリガルディー)

(1907~1985)ロンドン生まれ。アメリカで育ち、アレイスター・クロウリーの弟子となるべく渡仏するも決別。のちダイアン・フォーチュンと交流し、『黄金の夜明け』を出版して秘儀を公開する。第二次大戦に従軍しアメリカ帰国後はしばらく魔術から離れた生活を送るが、晩年は魔術関係の資料校訂に努めた。

片山章久 (カタヤマアキヒサ)

中央大学文学部卒。
SF・幻想文学研究家。

目次

序文

第1章 歴史的考察
第2章 ピット
第3章 セフィロト
第4章 径
第5章 アダム・カドモン
第6章 文字に関するカバラ
第7章 続・文字に関するカバラ
第8章 梯子

附録 真の治療の技術
附録 魔術の技法

解説(亀井勝行)

同じ著者・訳者の作品

召喚魔術

召喚魔術中、最も実践価値の高い「生まれざる」者の儀式。エジプトの秘儀に起源を置く…

黄金の夜明け魔術全書 上

〈黄金の夜明け〉団の教儀文書、副講義、儀式文書などを総括したテキスト。秘儀参入者…

黄金の夜明け魔術全書 下

〈黄金の夜明け〉団の教儀文書、副講義、儀式文書などを総括したテキスト。秘儀参入者…


ページトップへ