1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. 岡本綺堂

オカモトキドウ

岡本綺堂

猿の眼  

発売日 1993/09/24

判型 四六判   ISBN 978-4-336-03233-1

ページ数 260 頁   

定価 1,923円 (本体価格1,748円)

内容紹介

『半七捕物帳』の著者として名高い綺堂の絶妙な語り口による怪談13篇を収録。「鰻に呪はれた男」「影を踏まれた女」「魚妖」「火薬庫」「穴」「兜」「蟹」「置いてけ堀」「停車場の少女」ほか。

著者紹介

岡本綺堂 (オカモトキドウ)

種村季弘 (タネムラスエヒロ)

1933年~2004年。東京大学文学部独文科卒。國學院大學教授。著作集『種村季弘のネオ・ラビリントス』全8巻(河出書房新社)、訳書ホッケ『迷宮としての世界』美術出版社(共訳)、『怪奇・幻想・綺想文学集 種村季弘翻訳集成』(国書刊行会)などがある。

同じ著者・訳者の作品

水の迷宮

水の迷宮

種村季弘

定価4,950円(税込)

★泉鏡花賞作家の種村季弘が30有余年にわたって書いた、我が国最高の幻想文学作家・…

新編日本幻想文学集成 第8巻

漱石と夢文学。アーサー王伝説を踏まえた「幻影の盾」。SPレコードにまつわる怪異を…

新編日本幻想文学集成 第6巻

幻妖メルヘン集。ある日届いたふしぎな手紙「どんぐりと山猫」。金色の輪が導く死の世…


>> もっと見る

ページトップへ