1. トップページ > 
  2. 歴史・宗教・民俗 > 
  3. 宗教 > 
  4. 信仰は訴える

シンコウハウッタエル

信仰は訴える

次世代への継承  

水谷周

発売日 2023/05/18

判型 四六判   ISBN 978-4-336-07514-7

ページ数 272 頁   Cコード 0014

定価 3,300円 (本体価格3,000円)

内容紹介

敗戦後、ほぼ80年目を迎えようとしている。いわゆる「近代化」に精勤に励んだ結果が今日の日本だが、それは宗教的にはまことに淋しい姿となった。本書は、現代日本が宗教の漂流と未完の社会改革という二重骨折を起こしているとの緊迫した認識のもと、新たな息吹をもたらそうと諸課題に立ち向かう、宗教再解釈の書である。

宗教にどう向き合えばいいのか、現代日本は戸惑いを隠せない。世界的に見ても、宗教に期待される役割に変化が生じているのではないだろうか。従来の天地創造、天国と地獄、原罪といった壮大なテーマよりは、日々の生活での苦しみや悩みを軽減し打開させてくれるような癒し、そして死に望む人への看取りの術などがより切実な課題となっている。そういった諸問題への宗教の対応は、壮大なテーマに比較して取るに足らない問題に過ぎないのだろうか。むしろ宗教界は高次元の精神的で霊的なメッセージを自らの専権事項として、もっと世に発することで、そのような問題に対する道標を人々に示すべきではないだろうか。

著者紹介

水谷周 (ミズタニマコト)

京都大学文学部卒、博士(ユタ大学)。(社)日本宗教信仰復興会議代表理事、現代イスラーム研究センター副理事長、日本ムスリム協会理事、日本アラビア語教育学会理事、国際宗教研究所顧問など。日本における宗教的覚醒とイスラームの深みと広さの啓発に努める。
『イスラーム信仰概論』(明石書店 2016年)、『イスラームの善と悪』(平凡社新書 2012年)、『イスラーム信仰とその基礎概念』(晃洋書房 2015年)、『イスラームの精神生活』(日本サウディアラビア協会 2013年)、『イスラーム信仰とアッラー』(知泉書館 2010年)、(以下は国書刊行会刊行)『イスラーム信仰叢書』全10巻、総編集・著作、2010~12年、『クルアーン やさしい和訳』監訳著、2019年、『黄金期イスラームの徒然草』2019年、『現代イスラームの徒然草』2020年、『祈りは人の半分』2021年、『イスラーム用語の新研究』2021年、『信仰の滴』2022年など多数。

目次

はじめに
 一、信仰解放の訴え
   (一)科学、芸術、そして信仰
   (二)宗教信仰研究の貧困
   (三)イスラーム信仰論の展開
   (四)二度目の人間復興
 二、日本社会への訴え
   (一)空気の色は何色?
   (二)戦後日本の宗教アレルギー
   (三)悲の拡大
   (四)身近な信仰生活
 三、宗教刷新の訴え
   (一)ケアの重視
   (二)宗教の政治社会的参画
   (三)宗教代表者の霊的メッセージ
   (四)イスラームの持つ意味
 四、次世代の訴え
   (一)イスラームの探求 兼定 愛
   (二)やさしくイスラームを知る杉本恭一郎
   (三)宗教心は人間の天性ではないのか前野 直樹
   (四)日本人ムスリムの役目岸  初江
   コラム:特別寄稿 なぜムスリムになったのか河田 尚子
 おわりに

同じ著者・訳者の作品

宗教と科学のせめぎ合い

宗教と科学のせめぎ合い

水谷周

定価3,520円(税込)

宗教と科学も自信喪失の時代。行き詰まりを打開するものは? 信仰(祈り)は新たな息…

信仰の滴

信仰の滴

水谷周

定価3,080円(税込)

信仰の宿る心は、どのような様子なのか。戦後日本は宗教熱の盛んな国ではなかったが、…

祈りは人の半分

祈りは人の半分

水谷周鎌田東二

定価2,860円(税込)

人間の本質をなす営みでありながら合理主義偏重の現代において見逃されがちな「祈り」…


>> もっと見る

ページトップへ