1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 映画論叢 61

エイガロンソウロクジュウイチ

映画論叢 61

発売日 2022/11/16

判型 A5判   ISBN 978-4-336-07439-3

ページ数 128 頁   Cコード 0374

定価 1,100円 (本体価格1,000円)

内容紹介

鉄道と西部劇を愛した映画研究者・畑暉男の人生。巨大映像シネラマ史は、継ぎ目のない新方式へ。東映・関本郁夫監督の未映画化作品。新東宝に出発した作曲家・渡辺宙明追悼。浦崎浩實の辛口コラムも連載開始。等々今号緒映画史的話題が満載。

著者紹介

丹野達弥 (タンノタツヤ)

1961年生まれ。編著に『村木与四郎の映画美術』(フィルムアート社、1998年)『東京いい映画館みたい映画館』(樹花舎、1999年)、共編著に『映畫読本・小津安二郎』(フィルムアート社、1993年)『同・成瀬巳喜男』(フィルムアート社、1995年)『キネマの美女』(文藝春秋、1999年)等。2001年より『映画論叢』編輯長。

目次

追悼 不世出の記録魔・畑暉男
映画と、そして鉄道を愛した畑暉男さん
ジョン・フォード一家名鑑を作る
蒸気機関車も路面電車も…鉄道への愛の力
映画研究は正確な記録あってこそ
いよいよウルトラ・パナビジョン登場
シネラマの興亡 継ぎ目のない新方式のシネラマへ
新連載 邪論! 正論! はた快楽!
ジョン・フォードの世界『荒野の決闘』非公開試写版について
関本郁夫の未映画化作品 さらば愛しき『六連発愚連隊』(下)
本籍は映画館 安らかに眠れ、作曲家・渡辺宙明
埋もれた72本 総集編とは何か?
回顧上映も 東映教育映画の〝ボス〟布村建
好評連載
独立系成人映画再考 山崎巌も石森史郎も
水木洋子のXYZへの道 オカルトに挑戦
《映画の見かた》の見かた 早送りする人々
珍品ショウケース 職人監督J・H・オウア
問題提起
アイドル現場に、映画館に、管理・統制は進んでいる

同じ著者・訳者の作品

映画論叢 64

映画論叢

映画論叢 64

丹野達弥

定価1,100円(税込)

日活、『ある兵士の賭け』『密約』『血の絆』…千野皓司監督が人生を振返る。S・コク…

映画論叢 63

映画論叢

映画論叢 63

丹野達弥

定価1,100円(税込)

大島渚、実相寺昭雄の薫陶を受け、『シルバー仮面』を演出した佐藤静夫監督が初登場。…

映画論叢 62

映画論叢

映画論叢 62

丹野達弥

定価1,100円(税込)

お嬢さん女優、古池みかが経験した東宝。怪奇時代劇『釣天井の佝僂男』。『仁義の墓場…


>> もっと見る

ページトップへ