1. トップページ > 
  2. 歴史・宗教・民俗 > 
  3. 宗教 > 
  4. 信仰の滴

シンコウノシズク

信仰の滴

水谷周

発売日 2022/09/13

判型 四六判   ISBN 978-4-336-07425-6

ページ数 264 頁   Cコード 0014

定価 3,080円 (本体価格2,800円)

内容紹介

信仰の宿る心は、どのような様子なのか。本書はその風景を随筆風に描く。

信仰世界の風景は、ありがたくも甘美なものかもしれないし、また時には厳しく鋭いものかもしれない。またはあの世とこの世の双方に立脚しているかっこうかもしれない。
これは知識や教養の対象という問題ではなく、人としての精神生活の拡充の試みである。それは生活苦を何がしか軽減するかもしれず、他方現実的で具体的な利得があるとも言い切れない。ただ確かにいえることは、一生の時間を過ごすに当たり、別次元の視野を持ち、一層の高みと広い展望を提供してくれるだろうということである。
日本は宗教熱の盛んな国柄ではない。特に敗戦を経て、それ以前の宗教が国策に利用されていたことへの失望が、未だに大きく尾を引いている。しかしそれもようやく息切れとなり、各方面で経済だけではなく、精神生活の充実が求められる時代状況へと移行しつつある。本書は、その潮流に一石を投じる宗教論である。

著者紹介

水谷周 (ミズタニマコト)

京都大学文学部卒、博士(ユタ大学)。(社)日本宗教信仰復興会議代表理事、現代イスラーム研究センター副理事長、日本ムスリム協会理事、日本アラビア語教育学会理事、国際宗教研究所顧問など。日本における宗教的覚醒とイスラームの深みと広さの啓発に努める。
『イスラーム信仰概論』(明石書店 2016年)、『イスラームの善と悪』(平凡社新書 2012年)、『イスラーム信仰とその基礎概念』(晃洋書房 2015年)、『イスラームの精神生活』(日本サウディアラビア協会 2013年)、『イスラーム信仰とアッラー』(知泉書館 2010年)、(以下は国書刊行会刊行)『イスラーム信仰叢書』全10巻、総編集・著作、2010~12年、『クルアーン やさしい和訳』監訳著、2019年、『黄金期イスラームの徒然草』2019年、『現代イスラームの徒然草』2020年、『祈りは人の半分』2021年、『イスラーム用語の新研究』2021年、『信仰の滴』2022年など多数。

目次

はじめに

一、祈ること
 (一) 「祈りの日」を思う
 (二) 「祈りのこけし」物語
 (三)三つの不思議な石像
 (四)平時の祈りと有事の祈り
 (五)叶わない祈り

二、信心と俗心
 (一)二つの「幾山河」
 (二)雪の日の決断
 (三)大衆の信心
 (四)名僧の信心
 (五)入信、確信、極信

三、信仰の場面―自分史を振り返りつつ
 (一)とある刑務所にて
 (二)月例勉強会での大きな疑問
 (三)信仰書出版の話とその落ち
 (四)宗教信仰復興の法人設立
 (五)マスジド(礼拝所)とお寺
 (六) 「宗教人」はどこに?

四、信仰の今昔
 (一)初期の障害
 (二)中世の苦慮
 (三)現代の挑戦

五、信仰と科学
 (一)死生学と信仰
 (二)医療と信仰
 (三)信仰と身心変容
 (四)信仰とスピリチュアリティ
 (五)科学とイスラーム信仰

おわりに

同じ著者・訳者の作品

宗教と科学のせめぎ合い

宗教と科学のせめぎ合い

水谷周

定価3,520円(税込)

宗教と科学も自信喪失の時代。行き詰まりを打開するものは? 信仰(祈り)は新たな息…

信仰は訴える

信仰は訴える

水谷周

定価3,300円(税込)

私たちは宗教にどう向き合うべきか。宗教にとって、日々の苦しみや悩みを癒すこと、死…

祈りは人の半分

祈りは人の半分

水谷周鎌田東二

定価2,860円(税込)

人間の本質をなす営みでありながら合理主義偏重の現代において見逃されがちな「祈り」…


>> もっと見る

ページトップへ