1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 怪奇・ホラー > 
  4. 五本指のけだもの
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. 五本指のけだもの
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 英米文学 > 
  4. 五本指のけだもの

ゴホンユビノケダモノ

五本指のけだもの

W・F・ハーヴィー怪奇小説集  

発売日 2024/07/11

判型 四六判   ISBN 978-4-336-07420-1

ページ数 256 頁   Cコード 0097

定価 2,970円 (本体価格2,700円)

内容紹介

死霊、異常心理、怪物、狂信——
英国怪奇アンソロジーの定番作家、本邦初の短篇集。

古く平井呈一らに邦訳がなされ英国怪奇ものの一角をなすW・F・ハーヴィー。
鬼気迫る幽霊談、暗合と運命の交錯する奇譚から、精神の暗部を抉る不気味な物語まで、ときにブラック・ユーモアを漂わせて絶妙なアトモスフィアを醸しだす。

水木しげる漫画「むし暑い日」に翻案された「炎暑」、あるいは映画『五本指の野獣』の原作として後世のホラー映画に影響をもたらした「五本指のけだもの」等々、新訳が俟たれし異界への裂け目を顕わす作品をここに集成。
初訳3篇を含む新訳による珠玉のコレクション。


✺初訳作品「ミス・アヴェナル」「追随者」「ピーター・レヴィシャム」

著者紹介

ウィリアム・フライアー・ハーヴィー (ウィリアム・フライアー・ハーヴィー)

イングランド北部の都市リーズ近郊で、裕福なクエーカー教徒の一家に生まれる。オックスフォード大学ベイリオル・コレッジを卒業、さらにリーズ大学で医学を修めた。第一次世界大戦中には軍医として海軍で働き、勇敢な人命救助をおこなったためアルバート勲功章を授与される。1925 年以降は病弱のゆえ療養生活を送り、1937 年に52 歳で没した。小説家としては怪奇もの、ミステリをものし、生前に4 冊の短篇集と1 冊の長篇を刊行。「炎暑」「五本指のけだもの」は怪奇アンソロジーの常連収録作で代表作。

横山茂雄 (ヨコヤマシゲオ)

1954年生まれ。奈良女子大学名誉教授。京都大学大学院文学研究科修士課程英米文学専攻修了。博士(文学)。主な著書:『異形のテクスト』(国書刊行会、1998年)、『定本 何かが空を飛んでいる』(稲生平太郎名義、国書刊行会、2013年)、『神の聖なる天使たち』(研究社、2016年)、『増補 聖別された肉体』(創元社、2020年)、『コンスピリチュアリティ入門』(共著、創元社、2023年)。主な訳書:ジェフェリー・アッシュ『アーサー王伝説』(平凡社、1992年)、ローレンス・ライト『悪魔を思い出す娘たち』(稲生平太郎名義、柏書房、1999年)、マーヴィン・ピーク『行方不明のヘンテコな伯父さんからボクがもらった手紙』(国書刊行会、2000年)、ジョン・メトカーフ『死者の饗宴』(共訳、国書刊行会、2019 年)。

目次

炎暑
ミス・アヴェナル
アンカーダイン家の専用礼拝席
ミス・コーニリアス
追随者
道具
セアラ・ベネットの憑依
ピーター・レヴィシャム
五本指のけだもの

  ✺

訳者解説

同じ著者・訳者の作品

缶詰サーディンの謎

炸裂する黒いプードル爆弾、二人のダンシング・ガールズ、天才少年の秘められた数式ノ…

死者の饗宴

20世紀英国怪奇文学における幻の鬼才、知られざる異能の物語作家、ジョン・メトカー…

さらば、シェヘラザード

謎が謎を呼ぶ、伝説の怪作がついに登場! 〈悪党パーカー〉シリーズや数々のコメデ…


>> もっと見る

ページトップへ