1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 映画 > 
  4. 映画論叢 56

エイガロンソウ ゴジュウロク

映画論叢 56

発売日 2021/03/12

判型 A5判   ISBN 978-4-336-07208-5

ページ数 128 頁   Cコード 0374

定価 1,100円 (本体価格1,000円)

内容紹介

画質の良さを讃えられながら十年足らずで消えたビスタビジョンを撮影所探訪と共に語る。岡本喜八の意欲的な企画の数々は、なぜ映画化されなかったか。浅香光代の女剣劇を当時の観客が再現。「旗本退屈男」シリーズを客観的に批評すれば…と今号も映画史的話題が満載。連載「ムービーマガジンをご存じですか?」堂々の完結。

著者紹介

丹野達弥 (タンノタツヤ)

1961年生まれ。編著に『村木与四郎の映画美術』(フィルムアート社、1998年)『東京いい映画館みたい映画館』(樹花舎、1999年)、共編著に『映畫読本・小津安二郎』(フィルムアート社、1993年)『同・成瀬巳喜男』(フィルムアート社、1995年)『キネマの美女』(文藝春秋、1999年)等。2001年より『映画論叢』編輯長。

目次

『ホワイト・クリスマス』『片目のジャック』
撮影所訪問の回想 パラマウントのビスタビジョンカメラ 宮原茂春
和製007、石原プロ、ロマンポルノ、レナード・シュレーダー
岡本喜八の未映画化作品 フォービートのアーティスト 小関太一
同時代ファンによるシリーズ徹底批評
東映城の大看板を読む 旗本退屈男の悪人斬り 二階堂卓也
一寸の虫・大部屋役者の回想
東撮生え抜きの監督たち 小西通雄、竹本弘一、伊藤俊也 五野上力
連載堂々完結! 「ムービーマガジン」をご存じですか? 浦崎浩實
浅香光代追悼 実録ストリップ剣劇 永田哲朗
西部劇への一視点 ルス・クリフォード、ケン・カーティス… 猪股徳樹
浅草藝人パン猪狩 ロウソク療法顚末記 飯田一雄
好評連載
フヰルム温故知新 『西部の王者』のインディアン観 布村建
〝原作もの〟を読む 山本周五郎の映画化 最上敏信
《映画の見かた》の見かた オリーブ少女、芯を外す 重政隆文
追悼ショーン・コネリー、桂千穂、藤木孝
問題提起 
カリン・ドール/水木洋子/SDGs/コロナ下の映画上映

同じ著者・訳者の作品

映画論叢 57

映画論叢

映画論叢 57

丹野達弥

定価1,100円(税込)

反骨の左翼評論家岩崎昶は満州で何をしていたのか? 楯の會会員がいま思う、三島由紀…

映画論叢 55

映画論叢

映画論叢 55

丹野達弥

定価1,100円(税込)

カンフー映画の巨星ジミー・ウォング。プロ俳優ロイド・ノーラン。批評とは無縁の職人…

映画論叢 54

映画論叢

映画論叢 54

丹野達弥

定価1,100円(税込)

「エースのジョー」宍戸錠の素顔/忘れられた西部劇スター、オーディ・マーフィー/内…


>> もっと見る

ページトップへ