1. トップページ > 
  2. 仏教 > 
  3. 経典 > 
  4. 真理のことばの物語集 第一巻
  1. トップページ > 
  2. 仏教 > 
  3. 仏教一般 > 
  4. 真理のことばの物語集 第一巻

シンリノコトバノモノガタリシュウ

真理のことばの物語集  第一巻

ダンマパダ・アッタヴァンナナー  

発売日 2021/10

判型 A5判   ISBN 978-4-336-07073-9

ページ数 361 頁   Cコード 3015

定価 6,820円 (本体価格6,200円)

カタログダウンロード

内容紹介

『ダンマパダ』第1章から第3章までの由来を物語る全32話

初期仏教最古の詩篇のひとつとされ、古来広く伝承されてきた『ダンマパダ(真理のことば)』。
そのパーリ語註釈書に説かれる、これらの詩句にまつわる物語を原典から全訳!

 ・口論を続ける比丘たちに失望し、象の世話を受け独りで雨安居を過ごしたブッダ
 ・サーリプッタとモッガッラーナの誕生から出家までと前世の誓願
 ・ブッダに敵対して生きながら地獄に落ち、十万劫後に独覚となるデーヴァダッタ
 ・マハーリに問われて、ブッダが三十三天とその王サッカ(帝釈天)の由来を語る
など、ブッダゴーサの珠玉の筆致で語られる、時にウィットに富み時に心が洗われる物語の数々を、ご堪能あれ!

著者紹介

松村淳子 (マツムラジュンコ)

1953年、静岡県静岡市生まれ。
東京大学文学部卒、同大学院人文科学研究科修士課程修了。
オーストリア国立大学アジア学研究科修士課程修了。
ドイツ・ゲッティンゲン大学インド学仏教学専攻博士課程修了(Ph.D.)。
神戸国際大学教授、国際仏教大学大学院大学教授を経て、現在、東洋大学大学院非常勤講師。
著書に、The Rasavāhinī of Vedeha Thera(東方出版、1992)、訳書に『増支部経典第四巻 原始仏典III』(服部育郎氏と共訳、東京:春秋社、2018)などがある。

目次

 まえがき
 プロローグ

第一章 ひと組ずつ
 一 チャックパーラ長老の物語
 二 マッタクンダリンの物語 
 三 太ったティッサ長老の物語 
 四 黒夜叉女の物語 
 五 コーサンビーの物語 
 六 チューラ・カーラとマハー・カーラの物語 
 七 デーヴァダッタの物語(一)――ふさわしくない衣を着たデーヴァダッタ 
 八 上首の弟子の物語――サーリプッタとモッガッラーナ 
 九 ナンダ長老の物語
 十 豚肉屋チュンダの物語 
 十一 法を守る在家信者の物語 
 十二 デーヴァダッタの物語(二)――デーヴァダッタの悪行と破滅 
 十三 スマナーデーヴィーの物語 
 十四 二人の友人比丘の物語(一)――内観に励んだ比丘と聖典読誦に励んだ比丘 

第二章 不放逸
 一 ウデーナ王物語
 二 クンバゴーサカの物語 
 三 チューラ・パンタカ長老の物語 
 四 愚か者の星祭の物語 
 五 マハー・カッサパ長老の物語(一)――死と再生を知ること
 六 二人の友人比丘の物語(二)――怠らない比丘と怠慢な比丘 
 七 マハーリの質問物語
 八 ある比丘の物語(一)――山火事に覚りの縁を得た比丘 
 九 ニガマ・ティッサ長老の物語 

第三章 心
 一 メーギヤ長老の物語 
 二 ある比丘の物語(二)――他人の心が読める在家信女 
 三 不満をいだいたある比丘の物語 
 四 甥のサンガラッキタ長老の物語 
 五 チッタハッタ長老の物語 
 六 五百人の内観を深めた比丘たちの物語 
 七 プーティガッタ・ティッサ長老の物語 
 八 牛飼いナンダの物語 
 九 ソーレッヤ長老の物語 

 註

同じ著者・訳者の作品

真理のことばの物語集 第四巻

初期仏教最古の詩篇のひとつとされ、古来広く伝承されてきた『ダンマパダ(真理のこと…

真理のことばの物語集 第二巻

初期仏教最古の詩篇のひとつとされ、古来広く伝承されてきた『ダンマパダ(真理のこと…

真理のことばの物語集 第三巻

初期仏教最古の詩篇のひとつとされ、古来広く伝承されてきた『ダンマパダ(真理のこと…


ページトップへ