1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 映画 > 
  4. 映画論叢 52

エイガロンソウゴジュウニ

映画論叢 52

発売日 2019/11

判型 A5判   ISBN 978-4-336-06561-2

ページ数 128 頁   Cコード 0374

定価 1,100円 (本体価格1,000円)

内容紹介

フランク・シナトラ、石原裕次郎と組み、国際社会に打って出たプロデューサー奥田喜久丸の数奇な人生。カーレースに魅せられたハリウッド俳優銘々伝。意外にも戦前の映画化は一本だけの江戸川乱歩、その作品とは? 武智歌舞伎で有名な武智鉄二、彼の成人映画における音楽家人脈を探る、等々今号も話題満載。

著者紹介

丹野達弥 (タンノタツヤ)

1961年生まれ。編著に『村木与四郎の映画美術』(フィルムアート社、1998年)『東京いい映画館みたい映画館』(樹花舎、1999年)、共編著に『映畫読本・小津安二郎』(フィルムアート社、1993年)『同・成瀬巳喜男』(フィルムアート社、1995年)『キネマの美女』(文藝春秋、1999年)等。2001年より『映画論叢』編輯長。

目次

武智鉄二、ピンク映画にも音楽は必要だ 東舎利樹
国際派プロデューサー奥田喜久丸 小関太一
ホークス、マックィーン、ポール・ニューマン…カーレースにかけた映画人たち 猪股徳樹
『一寸法師』江戸川乱歩の昭和二年 湯浅篤志
批評家・村尾薫 サイレント映画華やかなりし頃 武田鐵太郎
『帝銀事件・死刑囚』美術監督・千葉一彦インタビュー 瀬戸川宗太
追悼・三宅真理 名画座と自主上映のころ 鈴木義昭
売れそこなったコメディアン 桜川小狸介の百面相 飯田一雄
前衛でも抽象でもない 武満徹の抒情音楽十選 内山一樹
連載
フヰルム温故知新『地球の静止する日』 布村建
水木洋子のXYZの道 今井正監督との出会い 奥薗守
記録でみる娯楽の時代 東映時代劇映画のヒーロー 最上敏信
《映画の見かた》の見かた 春日太一の巻 重政隆文
問題提起
織本順吉/奈良義巳/伏見直江/主戦場になれなくて

同じ著者・訳者の作品

映画論叢 51

映画論叢

映画論叢 51

丹野達弥

定価1,100円(税込)

特集「追悼・三上真一郎」。中田耕治による「サロメ」女優たちの運命。ワイドスクリー…

映画論叢 50

映画論叢

映画論叢 50

丹野達弥

定価1,100円(税込)

東宝黄金時代、田村奈巳インタビュー。『2001年宇宙の旅』を見続けて半世紀、熱狂…

映画論叢 49

映画論叢

映画論叢 49

丹野達弥

定価1,100円(税込)

助監督時代の田口勝彦が見た、東映東京の職人監督たち。前科者からスターに上りつめた…


>> もっと見る

ページトップへ