1. トップページ > 
  2. 仏教 > 
  3. 真言宗 > 
  4. 唱えればかなう真言事典
  1. トップページ > 
  2. 仏教 > 
  3. 仏教一般 > 
  4. 唱えればかなう真言事典
  1. トップページ > 
  2. 自然科学・医学・実用 > 
  3. 唱えればかなう真言事典

トナエレバカナウシンゴンジテン

唱えればかなう真言事典

発売日 2019/08/22

判型 四六判   ISBN 978-4-336-06379-3

ページ数 220 頁   Cコード 0015

定価 2,970円 (本体価格2,700円)

内容紹介

真言とは、〈マントラ=神秘的な力を有する言葉〉、つまり呪文のこと。真言を唱えることは、僧の修行だけでなく、健康、安産、出世などの願いをかなえるものとして古くから民間に浸透していました。病を癒したり、毒蛇から身を護るため、だれもが唱えることができるものだったのです。意味は分からなくても、唱えることで神秘的な力が現れます。本書は、真言の起源や歴史、真言の意味、そしてそれぞれの仏様や菩薩の役割をわかりやすく解説した真言入門の決定版です。

著者紹介

中野展子 (ナカノノブコ)

愛媛県松山市生まれ。早稲田大学卒業。佛教大学大学院文学研究科仏教文化専攻修了。フリーライター、編集プランナーとして教養書や趣味・実用書の執筆・編集。著書に『梵字入門』『年齢の話題事典』『老いの話題事典』『世界の祝祭日の事典』(以上東京堂出版)ほか。

目次

第一章 唱えれば願いがかなう諸仏の真言
 如来の真言
 菩薩の真言
 明王の真言
 天の真言
 主な真言陀羅尼
第二章 覚えておきたい真言とご利益
 1 願いをかなえてくれる真言
 2 一人ひとりの守護尊となる干支の真言
 3 亡くなった人を供養する十三仏の真言
 4 福をもたらす七福神の真言
第三章 真言の基礎知識
 1 真言のはじまり
   真言は聖なる言葉
   真言とは何か
   真言の起源
   大乗仏教から密教へ
 2 日本仏教と真言の歴史
   仏教伝来と真言
   空海と真言密教
   密教と顕教
   三密行と真言
   多種多様な仏が生まれた理由
 3 真言をもっと知るために
   翻訳不能のルール「五種不翻」
   真言でよく使われる言葉
   種字とは
   真言の唱え方
 付録 諸仏像の所蔵寺院リスト

ページトップへ