1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. 不気味な物語

ブキミナモノガタリ

不気味な物語

発売日 2018/12/25

判型 四六判   ISBN 978-4-336-06332-8

ページ数 368 頁   Cコード 0097

定価 2,916円 (本体価格2,700円)

内容紹介

死と官能が纏繞するポーランドの奇譚12篇――
生誕130年を迎え、中欧幻想文学を代表する作家として近年大きく評価が高まっているステファン・グラビンスキ。ポーランド随一の狂気的恐怖小説作家による単行本『不気味な物語』(1922)『情熱』(1930)の中から、本邦初訳の11篇と代表作の鮮やかな新訳1篇を収録する、傑作短篇集。

装画 
レオナルド・ダ・ヴィンチ
《受胎告知の天使のための左手と腕の研究》一五〇五年頃

訳者あとがきの一部をこちらでご覧いただけます。
書評サイト「ALL REVIEWS」 https://allreviews.jp/review/2855

装幀 
コバヤシタケシ

著者紹介

ステファン・グラビンスキ (ステファングラビンスキ)

1887年、オーストリア=ハンガリー帝国領ガリツィア・ロドメリア王国のカミョンカ・ストルミウォーヴァに生まれる。ルヴフ大学でポーランド文学と古典文献学を学び、在学中に作家デビューするが、卒業後は教職に就く。1918年に短編集『薔薇の丘』、1919年に連作短編集『動きの悪魔』を発表し注目を浴びる。短篇を本領とし、『狂気の巡礼』『不気味な物語』『火の書』『情熱』といった短編集を次々と出版した。ポーランド文学史上ほぼ唯一の恐怖小説ジャンルの古典的作家。1936年に死去。近年、国内外で再評価が進み、〈ポーランドのポー〉〈ポーランドのラヴクラフト〉として知られる。

芝田文乃 (シバタアヤノ)

1964年、神奈川生まれ。筑波大学芸術専門学群卒業。ポーランド語翻訳者、写真家、エディトリアル・デザイナー。1992年より東京、クラクフなどで写真展開催。訳書にレム『高い城・文学エッセイ』『短篇ベスト10』、コワコフスキ『ライロニア国物語』(いずれも共訳、国書刊行会)、ムロージェク『所長』『鰐の涙』(未知谷)、グラビンスキ『動きの悪魔』『狂気の巡礼』『火の書』『不気味な物語』(いずれも国書刊行会)などがある。

目次

不気味な物語

 シャモタ氏の恋人
 弔いの鐘
 サラの家で
 遠い道のりを前に
 追跡
 視線


情熱 

 情熱 
 偶然 
 和解 
 悪夢 
 投影 
 屋根裏 

訳者あとがき

同じ著者・訳者の作品

火の書

火の書

ステファン・グラビンスキ
芝田文乃

定価2,916円(税込)

生誕130年を迎えた、ポーランド随一の狂気的恐怖小説作家ステファン・グラビンスキ…

狂気の巡礼

日常に侵された脳髄を搔きくすぐる、名状しがたい幻視と惑乱。冥境から降り来たる歪形…

動きの悪魔

「ポーランドのポー」「ポーランドのラヴクラフト」の異名をとる、ポーランド随一の恐…


>> もっと見る

ページトップへ