1. トップページ > 
  2. ようこそアラブへ

ヨウコソアラブへ

ようこそアラブへ

発売日 2016/12/15

判型 四六判   ISBN 978-4-336-06101-0

ページ数 228 頁   Cコード 0095

定価 1,980円 (本体価格1,800円)

内容紹介

人格まで透視するような鋭い眼力を持つ、と思えば、物を順番に揃えることさえ覚束ないアラブ人、無計画なまま長期間放っておいても最後には超スピードで成功に導くアラブ人、毎日5回神に祈りながらも大っぴらにズルをするアラブ人。遠い異国の異教徒である彼らの価値観や倫理を、どうやったら日本人は理解できるのだろうか。
人間世界は不平等と最初から謳うクルアーンは、神の創る絶対的に平等の来世で天国へ行けるように、苦しい現世を全力で精進せよ、と人間に説いている。でも人間はいつだって愚かで間違いを犯す存在だ。その不完全な人間をいかに許し、慈しみ、共存していくかがイスラームの命題である。また人類共通の問題であり、未来への鍵でもある。
内戦がくすぶる中東社会で、燦然と輝き続ける未来都市ドバイ。高賃金、安全、宗教的な保護を求め世界中から集まる人々は、自らの能力を頼りに未来を摑もうと凌ぎあっている。その姿はまた未来の世界の縮図でもある。
世界人口の四分の一となったムスリムの思考や価値観を、日常生活を綴った身近なエッセイの中で解き明かす本著。そこに見えると必然は、新鮮な驚きに満ちている。


著者紹介

ハムダなおこ (ハムダナオコ)

著者紹介
ハムダなおこ
日本UAE 文化センター代表、エッセイスト。
1989年早稲田大学文学部文芸科卒。
1990年、UAE 男性と国際結婚し、UAE に移住。3 男2 女をもうける。
2005~09年、アラブ・イスラームの生活について勉強会を主宰。
その後、日本人に向けて講演、エッセイなどでUAE 社会を紹介し続ける。
2008年、日本UAE 文化センターを創設。日本文化をUAE 地域社会に、UAE 文化を日本社会に伝える活動を続けている。
著書 『アラブからこんにちは』(国書刊行会、2013年)、『アラブからのメッセージ』(潮出版社、2015年)、『ようこぞアラブへ』(国書刊行会、2016年)
翻訳書 『シャヒード、100の命』(インパクト出版会、2003年)
2012年、第8 回「文芸思潮」エッセイ賞受賞
2015年、第3 回「潮」アジア・太平洋ノンフィクション賞受賞

目次

 プロローグ 
第一章 湾岸アラブ(UAE)の人々 
 眼力
 年末を飾ったもの 
 エレガンス 
第二章 アラブからみた日本人 
 変化のあと 
 得手、不得手
第三章 言うは簡単でも――イスラームの奨励する断食、慈愛、孝行
 それぞれの抵抗 
 不平等の法則 
第四章 家族とわたし 
 暑い盛りのラマダーン
 キリの箱 
 エピローグ 

同じ著者・訳者の作品

アラブに自殺、イジメ、老後不安はない

まさかまさかまさか! 自殺、イジメ、過労死、セクハラ、引きこもり、孤独や老後不安…

アラブからこんにちは

アラブからこんにちは

ハムダなおこ

定価1,760円(税込)

日本が原油の9割を依存するUAEに嫁いだ日本女性が、20年余の体験から知られざる…


ページトップへ