1. トップページ > 
  2. 自然科学・医学・実用 > 
  3. ポジティブ心理学が1冊でわかる本

ポジティブシンリガクガイッサツデワカルホン

ポジティブ心理学が1冊でわかる本

発売日 2015/03/10

判型 四六判   ISBN 978-4-336-05880-5

ページ数 360 頁   Cコード 0030

定価 1,728円 (本体価格1,600円)

内容紹介

成功するから幸せになるのではない。幸せだから成功するのだ。

実験結果に基づいて人生を豊かにする画期的心理学!! 

幸福、フロー、楽観主義、エイジング、強み、マインドセット(考え方)、レジリエンス(回復力)、愛――近年注目されている〈ポジティブ心理学〉の第一人者イローナ・ボニウェルが、その革新的方法をビジネスや日常生活に応用できるよう提案する世界的ベストセラー。人生を愛するためのシンプルなツールや、今ここで満たされる生き方のためのヒントが満載。毎日の暮らしに役立つ読みやすさと、幅広い学術的根拠を融合させた待望の1冊。

著者紹介

イローナ・ボニウェル (イローナ・ボニウェル)

欧州でのポジティブ心理学の第一人者。ポジティブ心理学欧州ネットワーク(ENPP)を創設。国連の依頼を受け、GNH(国民総幸福)で有名なブータン王国の政策を他の先進国へ応用するプロジェクトに関わっている。本書『ポジティブ心理学が1冊でわかる本』をはじめ、多くのポジティブ心理学関連の著作がある。英・イースト ロンドン大学大学院応用ポジティブ心理学修士課程(MAPP)を創設。ポジティビィティーを促進する社会事業ポジットトランの創業者でもあり、IPPA(国際ポジティブ心理学会)理事も務めている。独自のレジリエンス・トレーニングの開発者として、NHK「クローズアップ現代」でも取り上げられた。

成瀬まゆみ (ナルセマユミ)

ポジティブ心理学を応用して、日々の幸福感をあげ、より豊かな人生を送ることをテーマに、セミナー、個人セッションを行っている。幸福度をあげるiPhoneアプリ、ハッピーパワー®の開発者。現在、隔週の水曜の夜に町田市で晩ごはん会を開催。翻訳書として『ハーバードの人生を変える授業』『Q:次の2つから生きたい人生を選びなさい』(両書ともタル・ベン・シャハー著 大和書房)『ザ・ミッション 人生の目的の見つけ方』(ジョン・ディマティーニ著 ダイヤモンド社)などがある。
ブログ:「アタラシイジブンのつくりかた」
フェイスブック:https://www.facebook.com/mayumi.naruse.5

永島沙友里 (ナガシマサユリ)

千葉県生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒業。専門は中東イスラム地域研究。
宗教や心理学への造詣が深く、翻訳作品は、短編・長編映画、海外テレビ番組、歌詞、ミュージカル台本など多岐にわたる。

松田由美 (マツダユミ)

群馬大学工学部卒業。半導体エンジニア、英会話インストラクター、木工所作業員などの職を経て、2011年より映像、実務、書籍の翻訳に携わる。
専門分野は自然科学。

佐布利江 (サフトシエ)

専門学校東京スクールオブビジネス・スポーツ経営学科卒。
翻訳通訳イベント会社、外資系企業、システム部門での英文事務などの経験を活かして、校正業務を行っている。

神前珠生 (コウザキタマオ)

日本女子大学文学部卒業。ISS実践実務科修了。
NHK 関連のTV制作や、出版関連を中心に翻訳・調査(英和・和英)業務に従事。
日本女子大学助手等を経て、現在は東京大学勤務。

目次

日本版監訳者まえがき
私がこの本を書いた理由
第3版の刊行にあたって

第1章 ポジティブ心理学とは何か?
ポジティブ心理学の3つの階層
なぜポジティブ心理学が必要なのか?
ポジティブ心理学の歴史的起源――私たちは同じことを無駄にやり直しているだけではないのか?

第2章 感情と「あなた」
ポジティブ感情の価値
ネガティブ感情がもたらすポジティブな影響――大切なものを捨ててしまわないように
EQ――こころの知能指数

第3章 楽観主義と希望
楽観主義者と悲観主義者について
楽観主義者になるとよい点
楽観主義は習得可能か
悲観主義者になるとよい点
では、現実主義はどうなのか
あるテスト
希望はあるのか

第4章 フローを生きる
フローを起こすには
フローの危険性
フロー以外の最適経験

第5章 幸福と主観的ウェルビーイング
幸福の歴史
誰が幸福なのか
誰が幸福ではないのか
なぜ幸福になるとよいのか
人生の満足度に関するテスト
幸福とは本当は何なのか――主観的ウェルビーイングの科学
主観的ウェルビーイング=人生の満足度+感情
現実問題として、幸福感を高めることは可能か
幸福に重要なものと、そうでないもの
幸福と人間性
幸福と人間関係
幸福に関する興味深い事実

第6章 ユーダイモニックな幸福 幸福は必要条件なのか?十分条件なのか?
幸福に近づく道に関して
ヘドニックな幸福に代わるもの
ユーダイモニア理論の下にあるものとは
自己決定理論(SDT)
他のユーダイモニック理論
個人的発達
超越
最後にもう1つだけ……

第7章 価値観、モチベーション、人生の目的
価値観
モチベーション
人生の目的
どのような目的がよいのか?

第8章 時間と人生
時間的視野
時間的視野と、幸福という究極の目標
時間を上手に使うには……

第9章 心的外傷後成長(PTG)とポジティブ・エイジング
逆境に対処するには
知恵
ポジティブ・エイジング(明るく歳を重ねる)

第10章 選択肢の多い時代を生き抜く
選択肢の過多に対して、人はどんなふうに対応するか
何ができるのか

第11章 「強み」を活かす
「強み」の価値
VIA (強み指標)
ギャラップ社のストレングスファインダー
CAPP社のリアライズ2
強みを伸ばすのが本当にいいのか?

第12章 愛
愛のモデル
愛と時間

第13章 ポジティブ心理学を暮らしに活かすには
実証済みの介入法
検証されていない介入法

第14章 もっと専門的に知りたい方に
ポジティブ心理学と対個人への実践法
ポジティブ心理学と教育
ポジティブ心理学とビジネス

第15章 ポジティブ心理学の未来
ポジティブ心理学の現状
ポジティブ心理学の功績
ポジティブ心理学の問題点
将来、待ち受けているものは……

参考文献
インターネット・リソース
日本のポジティブ心理学団体

ページトップへ