1. トップページ > 
  2. 政治・経済・教育 > 
  3. 政治 > 
  4. 被災、石巻五十日。

ヒサイ、イシノマキゴジュウニチ。

被災、石巻五十日。

霞ヶ関官僚による現地レポート  

発売日 2011/12/08

判型 四六判   ISBN 978-4-336-05481-4

ページ数 240 頁   Cコード 0095

定価 1,620円 (本体価格1,500円)

内容紹介

3・11。沿岸部最大の津波被災地で何が起こっていたのか
著者は石巻で大震災・大津波に遭う。副大臣の命により、本省に戻るまでの50日間、石巻市役所とともに動き廻り、霞ヶ関に実況レポートを送り続けた。
霞ヶ関官僚による現地行政実況レポート。食料の調達、避難者への対応はどのように行われたのか。国家的な非常事態における行政の内側を初めてくわしく伝える。安住 財務大臣、篠原 前・農林水産副大臣推薦

著者紹介

皆川治 (ミナカワオサム)

山形県鶴岡市生まれ。1997年から2014年まで農水省職員。農林水産副大臣秘書官であった2011年3月11日、義父の葬儀のために滞在していた石巻市で被災した。現在は農水省を退職し、故郷鶴岡で農業と地域の再生を目指す。東北公益文科大学特任講師。

同じ著者・訳者の作品

Uターン日記 霞ヶ関から故郷へ

東日本大震災の後、著者は、農水省を退職し故郷庄内で生きることを決断。地方が人口減…


ページトップへ