1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 研究・評論 > 
  4. 男と女を生きた作家

オトコトオンナヲイキタサッカ

男と女を生きた作家

ウィリアム・シャープとフィオナ・マクラウドの作品と生涯  

発売日 2012/01/20

判型 四六判   ISBN 978-4-336-05480-7

ページ数 228 頁   Cコード 0098

定価 3,348円 (本体価格3,100円)

内容紹介

1855年にスコットランドで生まれたウィリアム・シャープは、本名を用い男性作家・批評家として活動する一方、女性名であるフィオナ・マクラウドを名乗り、ケルトを題材とした創作や随筆を発表した。二つの性を用い方向性の異なる多彩な作品を生みだし、実生活においても女性名を使用した、特異な作家シャープ=マクラウドの魅力とその試みに迫る。

著者紹介

有元志保 (アリモトシホ)

1980年岡山県生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科共生文明学専攻博士後期課程修了。博士(人間・環境学)。現在、東洋大学非常勤講師。専攻、19世紀イギリス文学。主な論文に「ウィリアム・シャープによる『フィオナ・マクラウド』のペルソナ構築」(『スコットランドの歴史と文化』、明石書店、2008年)などがある。

目次

はじめに
第一章 自己の二重性に対する意識と変身願望――『明日の子供たち』、『男とその妻』
 一 文壇への挑戦
 二 『明日の子供たち』での社会批判
 三 ユダヤ表象にみられる恣意性
 四 女性の神秘化の萌芽
 五 『男とその妻』と「新しい女」
 六 自己の流動性
 七 慣習社会への回帰
第二章 第二のペルソナの構築――『楽園』
 一 マクラウドの誕生の背景
 二 近代の言説としてのケルト
 三 第二のペルソナの構築
 四 『楽園』における異界への航海
 五 楽園の創出
 六 「ケルト」世界とマクラウドの類似性
第三章 女性を他者として見る視線――「ジプシーのキリスト」、『山の恋人たち』
 一 自己の女性性の構築
 二 男性の破滅を招く魅惑的女性
 三 「ジプシーのキリスト」における魅力と脅威を併せ持つ女性
 四 女性の台頭に対する男性の集団的な不安と怒り
 五 男性のアイデンティティを揺るがす女性
 六 『山の恋人たち』における交錯しない男女の眼差し
 七 外側から描写される女性と内側から描き出される男性
 八 他者としての女性
第四章 統合と分裂の間での揺らぎ――『緑の火』
 一 二重生活の行き詰まり
 二 『緑の火』での二項対立の融解
 三 分身との統合
 四 作品の分裂
 五 分裂する女性
 六 「アマゾンの女王」と「女性の救い主」
おわりに

あとがき
Bibliography
Selected Bibliography of the Publications
Index

ページトップへ