1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. SF > 
  4. 海の鎖
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 英米文学 > 
  4. 海の鎖
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. アンソロジー > 
  4. 海の鎖

ウミノクサリ

海の鎖

発売日 2021/06/27

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-05325-1

ページ数 336 頁   Cコード 0397

定価 2,860円 (本体価格2,600円)

内容紹介

最後の危険なアンソロジーがついに登場!
〈異邦の宇宙船が舞い降りた……何かが起こる、
誰も逃げられない……少年トミーだけは気づいていた〉
破滅SFの傑作として名高い表題作のほか、
日本を代表するSF翻訳家:伊藤典夫が独自の審美眼で精選した全8篇。
これにて〈未来の文学〉シリーズ完結。

アンソロジー〈未来の文学〉第三弾は、長年「自ら見いだして気に入った作品のみ」を翻訳してきた伊藤典夫が厖大な短篇群から厳選した真の傑作集。異星人による侵略を少年の視点から緻密かつ鮮烈に描いた、知られざる傑作として名高いドゾワの表題作のほか、 “世界第八の不思議”に出会った忘れがたき一夜をノスタルジックに語る名品、ファーマー「キング・コング墜ちてのち」、宇宙からもたらされた未知の文明をめぐる葛藤の物語、ジョーンズ「神々の贈り物」、〈神の高速道〉の秘密に挑んだ者たちが見た目眩くヴィジョン! 華麗な文体で彩られたハリスン「地を統べるもの」、宇宙船にひそむ謎の存在との対決がサスペンスフルに展開するナース「偽態」、心優しい異星人が“ショウほど素敵な商売はない”ことを発見する涙ぐましいコメディ、モレッシイ「最後のジェリー・フェイギン・ショウ」、2045年核時代の到来百年祭でアメリカが計画したイベントとは……オールディスの問題作「リトルボーイ再び」、核戦争を生きのびた人々を待ち受ける極寒の世界――ヒューゴー賞受賞の名作、ポール「フェルミと冬」の全8篇を収録。

著者紹介

ガードナー・R・ドゾワ (ガードナードゾワ)

伊藤典夫 (イトウノリオ)

1942年生まれ。英米文学翻訳家。訳書にディレイニー『アインシュタイン交点』、ヴォネガット『猫のゆりかご』、オールディス『地球の長い午後』(以上ハヤカワ文庫SF)など。

目次

アラン・E・ナース「偽態」
レイモンド・F・ジョーンズ「神々の贈り物」
ブライアン・オールディス「リトルボーイ再び」
フィリップ・ホセ・ファーマー「キング・コング墜ちてのち」
M・ジョン・ハリスン「地を統べるもの」
ジョン・モレッシイ「最後のジェリー・フェイギン・ショウ」
フレデリック・ポール「フェルミと冬」
ガードナー・R・ドゾワ「海の鎖」
編者あとがき

同じ著者・訳者の作品

ドリフトグラス

神話的SF作家ディレイニーの全中短篇を網羅する決定版コレクションがついに登場!「…

ベータ2のバラッド

〈ニュー・ウェーヴSF〉の知られざる中篇作を若鳥正選で集成。ディレイニーの幻の表…

デス博士の島その他の物語

〈もっとも重要なSF作家〉ジーン・ウルフ、本邦初の中短篇集。孤独な少年が読んでい…


>> もっと見る

ページトップへ