1. トップページ > 
  2. 政治・経済・教育 > 
  3. 政治 > 
  4. 未来学原論

ミライガクゲンロン

未来学原論

21世紀の地球との対話  

発売日 2010/10

判型 菊判   ISBN 978-4-336-05317-6

ページ数 600 頁   Cコード 0036

定価 5,076円 (本体価格4,700円)

カタログダウンロード

内容紹介

いまだ知られざる歴史哲学者・仲小路彰は、東京帝大哲学科時代、井上哲次郎、姉崎正治、和辻哲郎ら教授陣に「天才」と言わしめた。昭和22年に「未来学」「地球主義(グローバリズム)」という言葉と概念を使い、驚くべき壮大な体系的構想力で21世紀の日本の進路と世界の未来像を描いた。

著者紹介

仲小路彰 (ナカショウジアキラ)

明治34年東京生まれ。旧制五校、東京帝国大学哲学科卒。昭和12年から「世界史話大成」「世界興廃大戦史」などの大著に取り組む。戦後著書はGHQに没収され一時公職を追放される。間もなく地球主義、未来学という概念を提唱。「ロシア大革命史」「未来学原論」などの大著を刊行。山中湖村に隠棲しつつも戦後の外交に隠然たる影響を与えた。

目次

諸言 「未来学原論」発刊のために─未来学体系の一部として

第1部 理論篇
 序 篇 未来文明創造の原型としての日本文化──二十一世紀世界の中核的媒体
 第一篇 未来科学のグローバリズム的構成──文明革命の著導的原理と基本的主題
 第二篇 綜合人間学について──人間革命の全体像のために
 第三篇 現代文明心理研究と未来的心理分析──高次深層心理の問題
 第四篇 未来観哲学の確立──いかになるか(would be)ではなく、いかになるべきか(should be)を予測する未来学の理論的基礎づけ
 第五篇 原子力文明は生存しうるか──恐怖の世紀の呪縛のなかの西欧文明の未来的運命)

第2部 実現篇
 序 篇 二十一世紀の理想と現実──現代総人口の三分の二はすでに二十一世紀人である
 第一篇 地球的人間から宇宙的人間へ──グローバリズムからコスミカリズへ
 第二篇 未来情報世界創造へのデザイン──未来文明の全感覚的触手スペシャリストよりグローバリストへ
 第三篇 破滅か創造かの未来地球像──地球楽園か地球地獄か
 第四篇 新しき地球信仰の照応──信仰の賭けはなされ、そしてそれは確率的に実現する。人類は何に賭けようとするのか

結びにかえて──明治百年に際しての二つの提案

同じ著者・訳者の作品

太平洋防衛史

太平洋防衛史

仲小路彰

定価4,536円(税込)

世界史的な視点をもって安政の大獄から公武合体の成立までの時代を分析。英米の侵略計…

人類政治闘争史

人類政治闘争史

仲小路彰

定価6,264円(税込)

戦前、日本の思想的指導者だった仲小路彰は、世界情勢を分析し政治中枢に行動の指針を…

南洋白人搾取史

南洋白人搾取史

仲小路彰

定価4,320円(税込)

本書は、蘭領インドネシアをめぐる状況分析であり、日本との歴史的関係、蘭領となった…


>> もっと見る

ページトップへ