1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 近世文学 > 
  4. 聖徳太子伝

ショウトクタイシデン

聖徳太子伝

発売日 2011/02/24

判型 A5判   ISBN 978-4-336-05290-2

ページ数 488 頁   Cコード 0023

定価 8,640円 (本体価格8,000円)

カタログダウンロード

内容紹介

冠位十二階や十七条憲法の制定、遣隋使の派遣、数々の寺院を建立して仏教の興隆につとめるなど、あまたの事績・伝説に彩られた、聖徳太子のたぐいまれなる生涯を、遠大なスケールで描いた魅力あふれる物語。江戸時代を通じ何度も版を重ねた、寛文六年版『聖徳太子伝』を全挿絵とともに完全翻刻。

著者紹介

杉本好伸 (スギモトヨシノブ)

1951年生まれ。慶應義塾大学大学院修士課程修了。現在、安田女子大学教授。著書に『日本推理小説の源流 本朝桜陰比事(上・下)』(清文堂)、『西鶴諸国はなし』(三弥井書店、共著)、『西鶴と浮世草子研究(第三号)』(笠間書院、共編)などがある。

目次

緒言
凡例
聖徳太子伝
解説
『聖徳太子伝』関係年表
聖徳太子関係系図
聖徳太子関係地図

同じ著者・訳者の作品

安倍晴明

安倍晴明

三代目旭堂小南陵杉本好伸

定価2,592円(税込)

信太明神の導きのもと、宿敵・蘆屋道満との祈祷対決に勝利した晴明ではあったが、その…

稲生物怪録絵巻集成

稲生物怪録絵巻集成

杉本好伸

定価4,320円(税込)

日本の妖怪譚の白眉と絶讃される『稲生物怪録(いのうもののけろく)』の、本邦初公開…

近世民間異聞怪談集成

化物屋敷伝承、死霊結婚の因習、地獄めぐり――民俗性の強い地方奇談集を中心に、都市…


ページトップへ